「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。

北信越大会に潜む闇(星稜・林監督の愚行を起点とした習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」の真相)

事実上、本日から「サイン盗み疑惑」の真相に迫る、ブログをスタートします。
「事実」を伝える報道が全くない異常な状況であること、この騒動を細かく追ってきた方なら、理解されていると思います。
当初、何故このようなばかげた事態になっているかの解説から始めるつもりでしたが、事態は益々悪化しているため、その日に起きた出来事を起点に進めることと致しました。

 

headlines.yahoo.co.jp

www.nikkan-gendai.com


窃盗事件に下級生への恐喝 不祥事続く日本文理野球部の闇

5/31(金) 9:26配信  ゲンダイ

この記事は、「日刊ゲンダイ2月20日付で報じた新潟県の日本文理高等学校野球部員の金銭紛失事件」をわざわざ北信越大会前日にぶり返し、
悪意を持ってぶつけてきた印象操作目的の記事です。
日本文理は、優勝候補の一角であり、星稜と、決勝戦でぶつかる可能性があります。

コメント欄は、日本文理がそもそも問題を抱えており、それを隠しおおせず、地元の住民がその事を察知していたため、批判のコメントであふれました。
印象操作成功です。
しかし、
関係者と称するアンチの言い分だけを一方的に記事にする手法父兄への接触などの「禁じ手」駆使しており、
このような報道が許されるなら、マスコミにターゲットとされた高校は、例外なくアウトにされてしまいます。
例えば、これを習志野高校に向けてやられたらどうなるか、想像するだけで不快感が抑えられません。

話を戻します。
北信越大会は過密日程で、勝ち残れば、連戦が続き、6/4が決勝戦です。
そう、星稜・林監督の復帰の前日です。
つまり、マスコミ一押しの星稜が優勝すれば、連日、提灯記事が埋め尽くし、その祝福の中、正義の義士・林の復帰となるのです。

誰が、この筋書きを書いているのか、追々明らかにしていきます。