「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。

星稜に「抗議電話」が殺到しているようです (星稜・林監督の愚行を起点とした習志野がしたとされる・・・

速報です。

 

headlines.yahoo.co.jp

www.sanspo.com

今春の選抜2回戦・習志野戦での「サイン盗み疑惑騒動」を受けて4月中旬以降、学校側から懲戒処分を下されていた星稜・林和成監督(43)の指導禁止期間が5日に明ける。学校側は4日に取材に応じ、「現時点で林監督の去就は決まっていない」と説明した。

 

昨日の記事でも言及しましたが、日刊を筆頭とする、報知、スポニチ、ディリーの印象操作は、記事の本数だけでなく、たいへん「露骨」でした。

が、ヤフコメのコメント欄をみれば、その効果は限定的で、端的に言えば「バレバレ」の状態です。

先週のヤフコメにおける投稿で、星稜に対し、既に2度抗議電話を入れている猛者が、3度目を予告しておりました。

 

現在、星稜に対する抗議電話が殺到していると、みておいて良いと思われます。

(追って、そのことを確認する、情報に触れるでしょう)

 

追記です。

石川県在住の方によると、石川県のテレビチャンネル数は、首都圏に比べ少ないそうです。

その一角で、夏の石川県予選を中継する「石川テレビ」が記事を掲載しておりました。

headlines.yahoo.co.jp

 

www.ishikawa-tv.com

わかりやすいですね。

石川テレビは、日刊を筆頭とする、報知、スポニチ、ディリーと、
お仲間でです。

4/4に、週刊誌2誌に続く、林氏擁護の記事を掲載、その日のうちに「炎上」しました。

そのため、掲載22時間で記事を消す、荒技を披露しております。