「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。

#高校野球 に寄生し、本質からズレた #報道 歪みを生み続ける星稜OB・・・この連中も排除する必要があります

甲子園が開幕しました。

八戸光星(青森) 9 - 0 誉(愛知)

 

--------------------------------

 

このタイミングでは適当でない、ネガティブな記事になりました。

まさに開幕直前までの間隙を縫って、悪質な記事が続いたためです。

現在の高校野球報道の質が酷すぎます。

その「隠れている」原因を解説します。

 

 

暗澹たる思いで、高校野球に関する報道をウオッチしています。

 

 

------------------------------------

 

headlines.yahoo.co.jp

www.news-postseven.com

抜粋;

 8/5(月) 7:00配信

「ビッグ4」で唯一人甲子園へ 星稜の「奥川劇場」開幕へ


大船渡の佐々木は予選で消えた


 8月6日開幕の「令和最初の甲子園」は、新時代に相応しい激動の大会となる。高校四天王と呼ばれたドラフト候補の投手のうち、甲子園出場を果たしたのは星稜高校3年の奥川恭伸(やすのぶ)だけだった。ノンフィクションライターの柳川悠二氏が、ビッグ4と呼ばれる豪腕4投手についてレポートする。

 

優勝候補と目されていた今春のセンバツで奥川は、初戦で履正社(大阪)の強力打線を翻弄する圧巻のピッチング。だが、続く習志野(千葉)戦では、相手のサイン盗み疑惑の動揺もあってか、制球を乱して敗退した。
.
最後の夏、最速は158キロに達し、先輩の松井秀喜氏も達成できなかった同校初の甲子園制覇を狙う。

 

 

この記事を受けた音のコメント;

>ノンフィクションライターの柳川悠二氏

定期的に、「スポーツライター」が登場して、
必ず「星稜を優勝候補と持ち上げ」、ほぼ100%「サイン盗み」の一文を加えた記事を出している。
何故だろうか。

前回は、2019年7月6日(土) 13:20
に、松倉雄太、という人物だった。
>1980年12月5日生まれ。小学校時代はリトルリーグでプレーしていたが、中学時代からは野球観戦に没頭。極端な言い方をすれば、野球を観戦するためならば、どこへでも行ってしまう。2004年からスポーツライターとなり、野球雑誌『ホームラン』などに寄稿している。また、2005年からはABCテレビ『速報甲子園への道』のリサーチャーとしても活動中。

sports.yahoo.co.jp

 

<コメント>

私の「ほのめかし」に気づいたヤフコメユーザーは数人です。

恐らく、その深さに気づいている方は更に少ないでしょう。

この「倉」という人物の背後にいる黒幕が下茂典」であると考えて間違いないでしょう。あまりにも丸出しの為、上記の記事を記憶しておりました。

最初の「ポストセブン」の記事も全く同じです。

ノンフィクションライターの柳川悠二

 

星稜OBで週刊誌記者からスポーツライターとなった「大御所」がその影響力を行使して、自分たちの思惑である「星稜が優勝候補」+「悪の習志野」の蒸し返しを意図しているのです。

 

そして、「限度を知らない」DNAが、わかりやすすぎる記事を今日も出しています。

義士・林の週刊誌インタビューと連動した、当時吐き気を催した醜悪な記事を執筆した

diamond.jp

スポーツライター 小林信也

の登場です。

私は、石川県高校野球界(+星稜の内部事情を知り尽くしている)にいる人物からの情報の裏付けの一つとして、当時、この悪意に満ちた記事を思い出したものです。

この高校野球に寄生する人物は、紛れもない「左翼」でもあります。

>モリカケ問題をはじめ数々の事案で不正が明らかになりながら、なぜ政権がのうのうとその座に居座り続けるのか不思議でならないが、高校野球の実態や裏表を見れば、日本中がそういう本音と建前に牛耳られ、「やった者勝ち」の論理がまかり通っているのだとわかる。哀しくて、やりきれない。

 

 

headlines.yahoo.co.jp
diamond.jp

8/6(火) 6:00配信

 

記事は一瞥の価値もありません。

ヤフコメから、その醜悪な心根を見破られている、ことが分かります。

 

高校野球の煽りに過去のことを持ち上げて話題作るのは、センス以前に倫理にかける
少なくとも今回出場の選手たちには気にせず頑張って欲しい

 

因縁の対決などと言って煽ってる一部の記者連中にはただただ呆れますね。

 

日刊スポーツといい、因縁を話題にしようとしてるの純粋に腹立たしい

 

素人の記事かいな。
情けない。

 

因縁とかサイン盗みとか、そんな言葉でしか大会を盛り上げる方法が考えられんのか、このクズ記者は。もっと出場する選手達の気持ちに寄り添うような、内容のある記事を書ける記者はおらんのか。
何が楽しくてこんなクソ記事書いてるのか、一度聞いてみたいわw

 

佐々木君やら西君やら注目されてた選手らが出られないからって、スターがいないだとか、目玉選手がいないとか、凶作甲子園なんて書いてるマスゴミさん達はどんな気持ちで記事書いてるんだろう。

あなた達みたいな社会の糞みたいな方々に偉そうに批評されてかわいそう。

 

サイン盗の花巻東は早々に消えて

 

さあ〜今日から甲子園大会始まるぞ〜と
ワクワクしている時に何んと気分の悪い記事
サイン盗みなんて表現はいい加減辞めろよ
純粋な高校野球に水差すな・・・
審判団が無かったと判定したんだから無いんだよ
それよりも異常な行動を起こした大人を責めろ
純粋な高校野球を汚した林を徹底的に責めろ

 

こいつ、本当にスポーツを取材して食ってるプロか?恥ずかしい、こんな記事しか書けないやつ・・・

 

サイン盗み因縁の対決とか今の生徒に関係ないだろ。
マスゴミが!

 

 

--------------------------------

 

もう一人の星稜OB「福角元信」も活発に動いております。

「挑発」のつもりなのかただの変わり者なのか、

理解できません(理解する気もありません)。

 

 sei*****
松井の5打席敬遠の星稜vs明徳義塾は現地で観ていたが、メガホンはそうかもしれないがペットボトルなど多くのものを投げ入れたのは星稜応援団にあらず。外野席の純粋に高校野球を楽しもうと思っていた一般市民である
その時、星稜や松井秀喜氏が被害者的な感覚は無かったが、明徳義塾と馬淵監督は汚名を着せられたのは事実ですね。

 

 


星陵・奥川か東邦・石川か 中日ドラ1指名に直結する“新聞拡販問題”(日刊ゲンダイDIGITAL

sei*****
5日前 


この記事が本当なら、中日の球団とスカウトに何を迷う必要があるのか!?と言いたい。

春のセンバツ優勝で東邦・石川選手の評価が上がり、星稜・奥川投手に並んだかに思えましたが、その後の実績は周知の通り、星稜・奥川投手との差が開くばかりです。

夏の甲子園での活躍次第で奥川投手は、ドラ1位指名が2〜3球団が4〜5球団に増える可能性があり、あの巨人・菅野投手がベタ褒めするほどの逸材です。もしかすると、巨人は佐々木投手ではなく、奥川投手を指名するかもしれません。

正直なところ、石川選手は2位で獲れる可能性があり、逆に奥川投手は1位でないと獲れないですね。
重複を回避し、石川選手を単独指名と考えるならば仕方ないですが、後で(回避した)逃した魚は大きかったとならない事を願うばかりです。

 

この投稿を受けた内容を今朝、記事にしております。

headlines.yahoo.co.jp


www.nikkansports.com

 8/6(火) 5:00配信

中日、星稜・奧川のドラフト1位指名有力 経験評価


中日が今秋のドラフト会議で星稜(石川)・奧川恭伸投手(3年)を1位指名することが5日、有力になった。

【写真】公式戦マウンドに上がった星稜・奥川

当初1位候補は大船渡(岩手)・佐々木朗希投手(3年)と並列だったが、球団幹部は今回のドラフト戦略について「大舞台で経験を積んだ選手はプロでも力を発揮しやすい」と説明。4季連続で甲子園に出場し、昨年からU18日本代表として日の丸を背負ってきた奥川へ軸足を傾けた。

昨年は岐阜県出身の根尾昂内野手(大阪桐蔭)をドラフト1位で獲得。球団は夏の甲子園終了後に早々と1位指名を表明した。今年は早期表明こそしない見通しだが、夏の甲子園開幕を待たずに奧川の1位指名を基本方針として固めた。また、昨年のドラフト会議は与田監督の就任前だったため、別の幹部によると「今年のドラフトは首脳陣の意見も参考にする」という。

奧川は石川県出身。北陸地区は親会社の中日新聞社の販売網に含まれ、地元も意識するチームの編成方針にも合致している。同県出身では、かつてのエース小松辰雄氏(野球評論家)や16年ドラフト2位の京田らがいる。「高校四天王」で唯一甲子園で戦う奧川に対し、日本中のファンとともに中日も熱い視線を送り続ける。

 

<コメント>

丸出しです。

 内容もそうですが、「文体」には人それぞれ特徴があり、

過去記事に記載した通り、

×福住

○福角

の誤情報が発覚したときに、この真性の「なりすまし」の正体は一瞬で分かりました。

 

過去記事で紹介した朝日新聞主催の「自画自賛」記事からの引用です。

>とーやま校長「たぶん俺達も福角先生の記事を読んでいるよね。試合があった次の日には新聞に記事が載るじゃないですか。あれってどのくらいの時間で書いてるんですか?」
 
福角先生「あれは終わった後に話を聞いて、締め切り時間までに書かないといけないんですけど、短い時は15分で書いてますね」
 
校長・教頭「15分!?」
 
とーやま校長「それってだんだんとできるようになったんですか?」
 
福角先生「そうですね。最初のころは全然できなくて、先輩についてもらって厳しく言われながらできていく感じなんです。自分で新聞を読んで様々な表現に赤線を引いて、それを自分の中のAパターン、Bパターン、Cパターンに当てはめていきました

 

 

<総括>

ヤフコメにもありましたが、

倫理にかける

出場する選手達の気持ちに寄り添うような、内容のある記事

を書く気など毛頭なく、

自分の出身校を持ち上げるためには手段を選ばず、

「恨(ハン)」

を抱いた他校(高校生)を貶める。

こんな連中が、「高校野球」報道を歪め続けているのです。

 

排除しなければなりません。

 

 

--------------------------------
ブログを開設してから、63日間が経過しました。

このブログが、高校野球の事件を扱い、その首謀者が、在日が支配するマスコミですので、「ブログランキング」「高校野球」「ジャーナリズム」「特定アジア」の3つを選択しました。
ここをきっかけとしたアクセスが増加しております。
*「拡散」のため、ご協力をお願い致します。