「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。

『本当の』 #甲子園近隣住民 が登場しました 「なりすまし」による捏造だったことが丸わかりになりました  DNAレベルで「反省」と無縁な #星稜・林監督 の愚行は永久に収まるわけがありません

大会第6日、抽選会の時から注目されていた好カード
東海大相模vs近江、明石商vs花咲徳栄
がありました。
春の関東大会で下馬評通り優勝した東海大相模
春の近畿大会で優勝しており、実力は折り紙付きだが、違和感として、マスコミ(在日集団)の評価がすこぶる高い近江
習志野に春の関東大会でコールド勝ちした山村学園(*飯塚投手は投げていない)に
11-2で大勝した花咲徳栄
の3チームを特に注目していました(初めての観戦になりました)。
(明石商は選抜で観戦しているので、当時のチームカラーは理解している。) 

 

 昨日は全戦観戦し、特に、東海大相模にフォーカスした記事を書いておりました。

本来なら、その「仕上げ」をするつもりでしたが、

在日集団とそれに連動している相当数の在日を含む信者の攻撃で、該当する貴重な投稿がいつYahooに削除されるかわかりませんので、そちらの優先順位を上げることにしました。

 

 ①  #福角元信 星稜OBの #朝日新聞 スポーツ部デスク(松井秀喜の同期・林の1年先輩)の暗躍

【夏の甲子園】星稜・林監督が激白 サイン盗み抗議から再出発・苦悩と今

 

 

 8/10に掲載した2本の記事ですが、

ブログで取り上げた記事を、掲載元が数時間で記事削除する事態となりました。

「炎上」原因です。

についていったい「何が起きたのか」の見解です。

林は、そのDNAから「反省」など微塵もしていません。

通常、日本人なら、「反省」することで、その問題点を「改善」することができます

「同じ轍を踏まない」わけです。

 

ヤフコメにも、「なりすまし」が頻繁に登場します。

代表的なのが、『記者』です。

目的は、「扇動」です。

連中が持っていきたい方向に「世論」を誘導するためです。

 しかし、社会を深く経験した者からみると、「お粗末」なため、注意深く観ていると隠された「事実」を見抜くことができます。

 その中の投稿に、

林に対して「箝口令」が敷かれている、

という投稿が複数ありました。

 事実、6/5の復帰における「義士・林」の洪水のような記事が、

在日集団の思惑通りにいかず、

本当にないこと、ないことを言われました。作り話だとか、ひっきりなしに学校に電話がかかってきて…。 

 林本人のコメントにあるように、抗議電話が星稜に殺到する事態になりました。

このタイミングから、石川大会が佳境になるまで、ピタリと林のインタビュー記事がなくなりました。

答は、稲置学園からの指示「箝口令」を破り、謹慎の唯一の理由とされた「独断の」週刊誌インタビュー と同じ事をやらかしたのです。

それが、稲置学園の逆鱗に触れ、大慌ての記事削除となったわけです。

 

----------------------------------------

 

headlines.yahoo.co.jp

 

www.asahi.com

 

8/10(土) 14:17配信

習志野、今夏も響く「美爆音」 太鼓は2つに減ったけど


炎天下で演奏を続ける約170人の習志野吹奏楽部員。酒井悠歌さん(左前)は、試合展開を見ながら指揮した=阪神甲子園球場


(9日、高校野球 習志野5―4沖縄尚学)

 1点が遠く、敗退寸前まで追いつめられた九回表、炎天下の一塁側アルプス席では、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)を揺さぶる「美爆音」が、ひときわ高く鳴り響いた。

 習志野吹奏楽部員が約40曲のレパートリーから選んだのは習志野応援の代名詞「レッツゴー習志野」。約170人の部員の思いを乗せた演奏が、選手たちを鼓舞。感極まって泣きながら演奏する部員もいた。

 思いは届き、1死一、三塁で同点の適時打を呼び込む。十回、1点を勝ち越し、からくも勝利。170人を手際よく指揮した酒井悠歌(はるか)部長(3年)は「逆転を信じて応援した。思いが届いていたのかな、と実感した試合だった」とうれしそうに話した。

 今や高校野球の名物となった美爆音。レッツゴー習志野を作曲した根津嘉弘さん(61)も船橋市から駆けつけ、部員と一緒にラッパを吹いた。「こんなに有名になってうれしいね。長く演奏してくれたおかげ」

 今は総勢200人の習志野吹奏楽部だが、根津さんが作曲した40年ほど前の部員は30人ほど。球場では相手校のブラスバンドに圧倒されていた。吹奏楽のコンクールで習志野が活躍したのをきっかけに部員の数が徐々に増え、音に力強さが加わるようになった。

 2011年の甲子園出場ごろから美爆音と呼ばれ始め、今春の選抜大会では準優勝した野球部と並び、吹奏楽部も有名になった。今夏から「THE ALFEE」の曲を応援曲に選んだところ、それを知ったメンバーが感謝の思いで、この日、飲み物の差し入れをしてくれたこともあった。

 選抜大会では音の大きさに近隣住民から苦情もあり、今大会は太鼓の数を二つに減らしている。一方で試合そっちのけでスマホをかざして撮影する、美爆音目当ての観客も多い。吹奏楽部顧問の海老沢博教諭(40)は「いい音で仲間を力づけたいという思いだけです」と話していた。(古賀大己
.
朝日新聞社

-------------------------------- 

 

 反日左翼のリーダーとして、連日に渡り「韓国目線」の醜悪な報道を続けている事実を知る読者なら、「朝日新聞」がどういう(悪意を込めた)意図で、この記事を掲載したかわかるだろう。

執拗に、選抜主催者「毎日新聞」捏造した『甲子園近隣住民』とやらの「数件」の抗議電話を意識させることを目的とした、記事なのは明白です。

まさの反日左翼新聞の記事は「凶器」です。

ここから生まれる新たな「情弱」は防ぎようがなく、習志野の応援を観たことのないズレた「正義感」を持つ者が、多数沸いて、本質から離れた議論を生み、それに返信する者が『きちんと事実関係』を自ら確認することなく投稿している有様です。

 

www.otonarashino.com

ここの過去記事にある、

毎日新聞の第一報(本当の第一報は削除され、「更新」されている)の記者の名前に注目して下さい。 

-------------------------------- 

 >【新井隆一】

投稿時間に注目して下さい。(見返して気づきましたが、記者の名前も)
毎日新聞2019年3月28日 20時19分

--------------------------------

この「新井」という苗字は、ダントツの通名ランキングトップです。

 

 新井浩文 - 本名: 慶培(パク・キョンベ)。俳優。在日韓国人3世。青森県出身。

 

※以下は約12,000人を収録した『在日韓国人名録 1981年版』(統一日報社、1980)に記載された通名を多い順に並べたものです。()内の数値は通名の数で◎はコリア系起源の名前。通名数15未満は省く。
(新井 303) 

  ・ 新井が一位の原因としては、在日コリアンの典型的な通名のように思われてきた、金本のような「金」を含む名字が減ったことにある。

・ から新井にしたことは『金英達著作集Ⅰ 創氏改名の法制度と歴史』(金英達著、伊地知紀子編、明石書店、2002)の38ページにでている。
 

 

在日の巣窟である「毎日新聞」「TBS」、そしてこの悪意に満ちた捏造記事を客観的にみれば、この記者が「在日」である可能性は高い、と考えるのが自然でしょう。

この【新井隆一】という毎日新聞記者自身もしくは連携した何者かが、甲子園近隣住民になりすまし、朝日新聞(+毎日新聞)OBの天下りの巣窟「高野連」に抗議電話をした、

と考えるのが自然です。

「数件」中には、「信者」が含まれている可能性もあるでしょう。

いずれにしろ、「本当の」甲子園近隣住民は、とんでもない濡れ衣を着せられたのです。

 

 

 そして、「甲子園近隣住民」はおかしい、という批判まで飛び出したことで、

『本当の』「甲子園近隣住民」が登場しました。

 

甲子園球場の近隣住民です。
習志野の応援は全然うるさくありません。
高校野球の応援が騒音だと感じたことはありません。
ブラスバンドの音は球場外にはそれほど響かないのです。
人の声はよく響くので、得点時や試合終了時の歓声はよく聞こえます。
それでも阪神戦の歓声に比べるとかわいい音量です。
私は選抜の時にクレームつけたのは近隣住民を装ったアンチ習志野の人間の仕業だと思っています。
高校野球の応援がうるさいと思うような神経質な人間は甲子園に住めません。
甲子園では球場近隣地域の自治会は阪神電鉄から騒音の迷惑料もらってますし。
チューブのコンサートをやっていた時はうるさいと感じましたけどね。

赤579(82%) 青130(18%)

*「共感順」「そう思う順」のトップです。

私もヤフコメデビューしてまもなく、1度トップになったことがあります。

このブログで取り上げた「新田日明」の記事に対する投稿です。

そして、その無視できない赤ポチ・青ポチの数から、統計上の「解」を導き出しました。星稜擁護者は、通常10%程度であり、慌てふためいて工作しても「20%」に届かない

という事実です。その統計上の事実に一致しております。

 

(返信)

ほんとはね、みんなわかってるんですよ、近隣住民なんかの苦情じゃないって。

ただ近隣住民を装ったほうが、正義を装えるから、そうしてるだけなんです。

だから、これまで何回も甲子園で演奏してきたのに、星稜戦の時にしか、クレームがこなかったんです。

 

地元の方の声
本当にありがとうございます。

 

何で住民じゃないって言い切れる?自分の意見が全てか?

 

近隣住民さん?同じコメントを何回も入れて必死ですね

 

太鼓減らす必要なんか全くなし!!

 

『本当の』甲子園近隣住民:○○○*****さん、近くに住んでいる者はうるさいと感じていないのに球場周辺の住民がクレーム付けてると報道され、近隣には心の狭いクレーマーが多数いるというコメントが多数書き込まれて悔しくてつい同じようなコメントを複数入れてしまいました。
不快に思われたならすみません。
甲子園は普段は閑静な住宅地でとても住みやすい街です。
地元の良さをアピールさせてください。

 

石川県方面からの苦情ですね よくわかりました

 

クレーム入れたのが甲子園の近隣住民かどうかはわからないけど、コメ主もホントに近隣住民かどうかはわからないよね。匿名のヤフコメでは仕方のないことだけど。

 

夏は音が空に抜けるから気にしなくていいのにね。
選抜の季節はブラバンの音遠くまで届くし、習志野だからよっぽど遠くまで響いたんでしょ。
まあ、太鼓2台でいいんじゃね(それでも多いし)

 

地域での音楽イベントなどの時も同じです。会場側のマンション住民の方は「全然うるさくない。音がすれば聞き耳を立て、今日はどんなイベントかと楽しみにして出掛けて来る」と言われます。

 

音:

「美爆音」悪の根拠は、ひんしゅくを買う記事を連発している「日刊ゲンダイ」による2011年の「曲解」記事。

「甲子園近隣住民」とやらの「数件」の苦情の第一報は、選抜主催者の『毎日新聞』。苦情があったのは星稜戦のみ。
スポニチが「拡散」の口火を切った。

そして、未だにしつこく印象操作に励んでいる中心が、選手権主催者の『朝日新聞日刊スポーツ』だ。


本来であれば、習志野は太鼓の数を減らす必要などないし、すべきではない。
が、高校野球の環境がおぞましいため、習志野の行動にも一定の理解をするしかない。

 

 

たらればだけど、甲子園周辺はいちいち騒がないけど、もしかしたら宝塚か反対側の大阪湾沿いに聞こえた可能性もあるのかなぁ?まあ星稜は高校野球はツキがない気がする

 

糞暑い中甲子園くんだりまで行く気力は無いけど、数年前に夏の甲子園期間中に甲子園のすぐ裏手で工事の仕事で数日通ったけど殆ど音聞こえなかったけどな。

丁度、今楽天で抑えやってる松井が奪三振の記録作った日も静かなもんだった。

普段、甲子園で阪神戦やってる地域で朝9時~精々夕方7時位までしか試合が無いのにクレームいれて大騒ぎする人っているのかな?
その人達は阪神戦の時もクレーム入れ捲ってるのだろうか?

 

*M:普通にうるさいよ

もう美爆音って言い方やめてもらえないかな
ただの爆音だから

千葉でも悪評高い

習志野は色々問題起こすしあまり千葉県民にも応援されてませんよ

全国区、甲子園での醜態は勘弁

*またも、「嘘」を吐いています。

 

美爆音は大いに結構だが、サイン盗みはやめてもらいたい。

 

**U:近隣住民は一人ではあるまい。

何百人かまたはそれ以上の人数がいるはずよ。

たった一人の、しかも本当に近隣住民かどうかも証明出来ない者の一コメントで「選抜の時にクレームつけたのは近隣住民を装ったアンチ習志野の人間の仕業だ」と言い切るのは無理がありすぎるぞ。

なぜ「うるさいと感じる人がいるかもしれない」と他の近隣住民の思いを想像する事が出来ない?

それとも、意図的に無視をしているのか?

それに勘違いして欲しくないのは「アンチ習志野」ではないぞ。

習志野の球児たちには頑張ってほしい。

だが、スポーツの応援に度を超えた爆音は必要ないんだわ。

節度を持って、甲子園の球児たちのプレーを妨げない応援を頼むわ。

そうでなければ、「管理」か「規制」が入って、今、持っているものまでも取り上げられる可能性があるんじゃないの。

 

まったく、たかだか年何回あるかないかの高校生の応援に、よくこんだけしつこく粘着にギャンギャン言えるよね。よほど暇なんだなーw

 

--------------------------------

*Mという信者の投稿歴;

近江は優勝しそうですよね

どうみても大会No.1バッテリーです
クリーンアップも強力

 

最近は神奈川も弱いので
やっぱり林くんクラスは打てないかなぁと思う

それより住谷くん抑えるのは難しいだろうし
接戦にはなるかもやけど、力では近江でしょうね

 

なんか、今年は智和歌が優勝そうな予感

 

なんで、こんな悪徳芸人を庇う必要があるのか?
確かにTBS記者の質問は失礼な質問で、全くの礼儀知らずだと思うが、そのクズがクズに向かったてやり取りしているだけの話

記者へ非難を向ける意味がわからん

 

>一部の阪神ファンの藤浪くんに対する態度を見てると
早く西武に来いよ、こっちは大歓迎だぞ、って思うわ

いやいやw
岸や浅村へ対する西武ファンの振る舞い見てたら絶対に西武へは行きたくないだろ
怖すぎでしょ

阪神ファンは例えFAで出ていった選手へブーイングする事は絶対にない
むしろその活躍をずっと応援している

そして2軍にいる今も藤浪は全西武ファンの何倍ものファンに応援され続けている

藤浪が投げる日には鳴尾浜も人でいっぱいですよ

 

球種がある程度絞られるだけで全然変わりますよ

梅野の配球は巨人はかなりの精度で読んでいる
てか、梅野には相手の裏をかくような頭を使ったリードが無いだけなんだけど
そこが筒抜け
阪神の弱点は打線の次に捕手だろうね

 

*うんざりしながらざっと一読しました。110件も投稿しています。

高校野球を含む特に阪神に対する野球の投稿が多い。

千葉に関する投稿は一つだけです。

夏の代表枠を大阪と神奈川は2校にしたらどうか?という議論が時々あるけど、
ここはやっぱり
大阪、和歌山、兵庫あたりでしょ
やっぱりレベルが抜けて高いわ
全国にも散らばってるし

平等な視点から見て、レベルで言うと近畿を1枠増やして、東京、神奈川、千葉の3都県で2校にすると良い感じかも

 

**Uという人物の投稿数は582件

とても一読する気になりません。

韓国に対する批判投稿が多いようです。

最初に表示された10数件程度を観ました。

きちんと事実関係を確認せず、自分の思い込みで美爆音批判を執拗に投稿しています。よく見かけますが、反韓でありながら、なぜか在日集団の思惑に乗っかる一人です。愚かさに気づくことはあるのでしょうか。

--------------------------------

 

 

>違和感として、マスコミ(在日集団)の評価がすこぶる高い近江、

「屑」福角元信が、度々近江に言及することから、その違和感が始まりました。

直感的にはすぐにその理由に気づいておりました。

「カウンター」を設置していたからです。

一応確認しておきますが、

私は、いわゆる「差別主義者」ではありません。

松井稼頭央さんの記事で取り上げましたが、帰化してから日本に溶け込む立派な「日本人」は評価しております。

 

sei*****
星稜の地元民ですが、初戦の注目は東海大相模vs近江です。

 

headlines.yahoo.co.jp

www.asahi.com

 

8/12(月) 9:18配信

青にそまった近江アルプス 吹奏楽部は流行の新曲で応援


熱い応援で近江の選手を後押しした三塁側アルプス=2019年8月11日午後0時47分、阪神甲子園球場


(11日、高校野球 東海大相模6―1近江)

 近江の三塁側アルプス席は、快晴の空と同じ青に染まった。生徒、保護者ら約3700人が、青いメガホンやタオルを手に選手を勇気づけた。

【写真】熱い応援で近江の選手を後押しした三塁側アルプス=2019年8月11日午後0時34分、阪神甲子園球場

 吹奏楽部は今年、新たに2曲を応援に取り入れた。米ファンクバンドの曲をアレンジした「Neck」と、韓国人のダンス動画がSNSで流行している「Hand Clap」。洋楽中心のひと味違う選曲に、演奏をスマートフォンで撮影する人も。

 副部長の岡田梨佐さん(3年)は、有馬諒主将(同)の同級生。「いつも大声で練習している。学校行事にも積極的で、クラスでもリーダーシップを発揮している。頑張れ」と励ましていた。

 応援団長の冨田武蔵君(同)は「昨夏の甲子園の借りを返すぞという思いは自分たちが一番強い」とメガホンで声援を送り続けた。敗退が決まると「甲子園まで連れてきてくれてありがとう。日本一を目指してみんなで練習に励んできたのは良い思い出です」。

 昨夏ベスト8のメンバーも駆けつけた。山田竜明さん(19)は「近江は相手が強いほど向かっていって、奇跡を起こすチーム」と期待した。試合後は「(春の)近畿大会でも優勝した後輩は誇り」。土田龍空遊撃手(2年)とはLINE仲間といい、「エラーが出て本人がいちばん悔しいと思う。『腐らずやれ』と声を掛けたい」。

 優樹投手(3年)の両親は、手を合わせて祈りながら息子を見守った。

 林投手は今年、家で「俺がチームを甲子園に連れて行く」と話すなど、最上級生の責任感が芽生えていた。試合前、「優樹らしく笑顔で楽しんで」と電話をかけると、「やってくる」と元気に答えたという。

 母の淑子(としこ)さん(49)は「多くの人の支えで今の優樹がいる。その恩返しの投球をしてくれた。胸を張って帰ってきて」。父の雅之さん(48)は「家族に色んな経験をさせてくれて、ありがとうと言いたい」と話した。(安藤仙一朗
.
朝日新聞社

 

 

<コメント>

「美爆音」を悪意を込めて、陥れようとする記事とは一変し、朝日新聞がそのいびつな価値観を放棄したような「称賛」記事です。

記者の名前も香ばしさを漂わせます。

このブログを継続して購読している読者は気がついたことでしょう。

 

そういうことです。

 

 

 --------------------------------

ブログを開設してから、69日間が経過しました。


このブログが、高校野球の事件を扱い、その首謀者が、在日が支配するマスコミですので、「ブログランキング」「高校野球」「ジャーナリズム」「特定アジア」の3つを選択しました。
ここをきっかけとしたアクセスが増加しております。
*「拡散」のため、ご協力をお願い致します。