「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。

#習志野 感謝しかありません これ程強靱な精神力を持つチームは観たことがありません  #鶴岡東 に千葉と沖縄の思いを託します

f:id:otonarashino:20190814160215j:plain

習志野高校が敗れました。

脳天気な千葉県知事と習志野市長に代わる、知恵を結集した、具体的支援が出来ませんでした。

結果、現場の小林監督と竹繩主将を中心とした「高校生」である選手を応援することしかできない現実を思い知らされました。

吹奏楽部を始めとした応援団にも同じ事が言えます。

「ご苦労様でした」というきれい事でかたづけてはいけないと考えております。

 

------------------------------------

 

試合は「完敗」でした。

緒戦で『勢い』に乗る鶴岡東を止められませんでした。

 

1. 河野 宏貴 大阪 羽曳野誉田中 河南シニア

2. 竹花 裕人 長野 佐久東中 佐久シニア

3. 山下 陽生 埼玉 川越霞ヶ関中 川越ボーイズ

4. 大井 光来 長野 小諸芦原中 佐久シニア

5. 丸山 蓮  山形 鶴岡鶴岡第一中 鶴岡ドリームス

6. 森 弦起  大阪 堺五箇荘中 大阪狭山ボーイズ 

7. 山路 将太郎 大阪 羽曳野峰塚中 河南シニア  

8. 宝田 健太 大阪 阪南貝掛中

9 影山 雄貴 兵庫 宝塚長尾中 東成シニア

R. 池田 康平 山形 庄内余目中

 

ヤフコメに

千葉代表 vs 大阪第2代表

と揶揄するコメントが目につきました。

鶴岡東に限らず、スカウティングは県境を越えています。

快進撃の象徴・丸山選手が地元である事が分かります。

千葉 木更津清川中出身の選手もおりました。

親元を離れ、「目標」に向けて頑張っている高校生を揶揄する気にはなりません。

「山形代表」鶴岡東に、千葉と沖縄の思いが託されました。

 

 

 

<試合経過>

 先発は習志野が山内、鶴岡東が影山

 

1回表鶴岡東の攻撃▼

試合開始

河野:外角のスライダーを打つもサードゴロ 1アウト

竹花:セカンドゴロ 2アウト

山下:一度もバットを振ることなく見逃し三振でバッターアウト! 3アウトチェンジ

 

1回裏習志野の攻撃▼ 残塁1,2塁

角田:外角のストレートを打つもセンターフライ 1アウト

小沢:レフトへのヒットで出塁 1塁

根本:見事送りバントを決める 2アウト2塁

桜井:一度もバットを振ることなくストレートのフォアボールを選ぶ 1,2塁

高橋:一打先制の場面で内角のストレートを打つもセカンドゴロ 3アウトチェンジ

 *この時点で嫌な予感がしていました。

「残塁1,2塁」です。

一死ながら送りバントをして、相手にプレーシャーをかけました。

事実、次打者は四球となりました。

が、緒戦に続いて『勢い』の出るタイムリーが出ませんでした。

 

2回表鶴岡東の攻撃▼

大井:外角のチェンジアップを打つもショートゴロ 1アウト

丸山:外角のストレートを見送りフォアボールを選ぶ 1塁

:ライトへのヒットで出塁 1,3塁

山路:1アウト1,3塁からライトへのタイムリーヒットで鶴岡東先制! 習志野0-1鶴岡東 1,2塁

宝田:7球粘った末に空振りの三振を喫する 2アウト

影山:ランナー1,2塁の2-1から2点タイムリーツーベース習志野0-3鶴岡東 2塁

河野:ランナー2塁の1-2からレフトへのタイムリーヒット 習志野0-4鶴岡東 1塁

竹花:レフトへのヒット

1塁走者河野はさらに3塁まで進塁 1,3塁

投手交代:山内→飯塚

山下:2アウト1,3塁からセンターへのタイムリーヒット 習志野0-5鶴岡東 1,2塁

大井:内角のストレートを打つもショートゴロ 3アウトチェンジ

誰もが同じ思いだったことでしょう。

序盤とはいえ、3点までに留めないと「危険」であると。

おまけに、先発投手「影山」君のタイムリー

更に、救援飯塚君の代わり端のタイムリー。

相手を『勢い』付かせるばかりでなく、「気持ちで投げる」飯塚君の出鼻をくじかれました。

この時点で、相手のミスがない限り、かなり厳しい状況に追い込まれました。

小林監督の采配は、「接戦」でこそ効果を発揮します。

 

7回表鶴岡東の攻撃▼

竹花:内角のストレートに空振り三振でバッターアウト 1アウト

山下:内角のチェンジアップに空振り三振でバッターアウト 2アウト

大井:高めのボール球につられて空振り三振 3アウトチェンジ

形の上では、沖縄尚学戦を思い起こします。

 

7回裏習志野の攻撃▼ 残塁:1,3塁

兼子:外角の変化球を打つもセカンドライナー 1アウト

飯塚:レフトへのツーベース 2塁

竹縄:デッドボールを受ける 1,2塁

角田:ランナー1,2塁からショートへの内野安打 満塁

小沢:ランナーフルベースからセンターへの犠牲フライを放つ 習志野3-5鶴岡東 2アウト1,3塁

根本:2アウト1,3塁から内角のストレートを打つもショートフライ 3アウトチェンジ

*中心選手根本君にタイムリーが出ませんでした。

 

8回表鶴岡東の攻撃▼

丸山:1-1からホームラン 習志野3-6鶴岡東

*逆風をものともしませんでした。鶴岡東に四死球+記録に表れないミスがなかったわけではありません。習志野が逆転する時は、必ず飯塚君の気迫のピッチングがありました。それを丸山君が「二度」打ち砕きました。

 

9回表鶴岡東の攻撃▼

丸山:カウント1-0からライトスタンドへのホームラン 習志野5-9鶴岡東

 

*二度にわたる習志野の粘りを打ち砕く本塁打。

習志野最終回の3者凡退がその影響力を示しています。

強いチームは、個々の選手が「流れ」を理解しています。

ここまでやられてはさすがにどうしようもないと、「戦意を打ち砕く」一発でした。

 

 

 

この「純粋な」応援を観て下さい。

圧倒的多数の「日本人」には、言葉は必要ないでしょう。

選抜からの一連の捏造騒動を経て、現実には習志野ファンが増加しております。

関西から、わざわざ木更津総合戦を応援に来られた方もいらっしゃいました。

毎日新聞が「なりすまし」行為で捏造した『甲子園近隣住民』は、まさに関西の良識ある高校野球ファンを馬鹿にした行為です。

 

 

在日集団の記事を見ましたが、相変わらず「屑」どもが沸いていました。

私は、今後も含めてその「愚行」と在日集団(=マスコミ)のやり口を解析・記憶するつもりです。

そしてその「労力」を無駄にする気は毛頭ありません。

 

 

 

--------------------------------

 

 ブログを開設してから、71日間が経過しました。

このブログが、高校野球の事件を扱い、その首謀者が、在日が支配するマスコミですので、「ブログランキング」「高校野球」「ジャーナリズム」「特定アジア」の3つを選択しました。
ここをきっかけとしたアクセスが増加しております。
*「拡散」のため、ご協力をお願い致します。