「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。

野球害毒論が花盛り 朝日新聞に通じた甲子園審判の丸出しの狂った「信仰」ぶり 高校野球の崩壊が加速している!!!  #習志野 #作新学院  

反日左翼の中核、「朝日新聞」の高校野球「支配」が加速しています。

『絶頂期』の様相です。

その丸出しの「凶行」に気づいている層は 、「少数派」の有様にみえます。

その「元凶」は、中立・公平が条件のはずの「甲子園審判団」です。

予告していた「2002 FIFAワールドカップ」が再現されているのです。

 

星稜の長い歴史を持つ「悲願」が、達成される確度が日に日に高まっています。

奥川選手の図抜けた頑張りには敬意を表すが、

その「閃光」に目を奪われて本質を見抜く目を曇らせてはなりません。

とんでもない「黒歴史」が作られようとしているのです。

 

headlines.yahoo.co.jp

www.daily.co.jp

8/18(日) 15:08配信

「全国高校野球選手権・準々決勝、中京学院大中京6-3作新学院」(18日、甲子園球場)

【写真】後を絶たないサイン盗み疑惑 実際にはどんな手段?

 作新学院(栃木)が、初回に二塁走者のしぐさで球審に指摘される一幕があった。

 3点を先制してなお2死二塁。打席の7番・八重幡に4球目が投げられた後、大槻球審がタイムをかけ、二走・横山に声をかけた。

 横山によると癖で口元を触ったしぐさをしてしまい、「紛らわしいことをしないように」と言われたという。今春のセンバツで騒動になった経緯もあり、地方大会を含めて「紛らわしい行為」への注意喚起はたびたび見られる光景。「サイン盗みとかは絶対にしていないです」と、強く訴えていた。

 

 

headlines.yahoo.co.jp

www.nikkansports.com

8/18(日) 19:35配信

<全国高校野球選手権:中京学院大中京6-3作新学院>◇18日◇準々決勝

球審が走者の紛らわしい動きを注意する場面があった。初回の作新学院の攻撃。2死二塁でタイムをかけ、二走の横山陽樹外野手(2年)に口頭で伝えた。

【写真】一歩前に出て応援団に頭を下げる主将の石井

横山は「サイン盗みはしてません。驚きました。汗を手でぬぐうしぐさを注意されたのだと思います」と話した。中京学院大中京のアピールはなく、球審自らの判断だった。大会本部は、今大会で一層のマナーアップを求めている。

 

 

headlines.yahoo.co.jp

www.sponichi.co.jp

 

*隠し記事

www.sponichi.co.jp

 

8/19(月) 5:30配信

◇第101回全国高校野球選手権大会 第12日準々決勝 作新学院3-6中京学院大中京(2019年8月18日 甲子園)

【写真】今年3月のセンバツ、星稜―習志野戦の4回、二塁走者の疑わしい動きについて集まる審判団⇒*隠し記事

 作新学院の初回の攻撃中、二塁走者の横山が球審に注意される場面があった。2死二塁で指摘を受けた横山は「額の汗を拭おうとしたとき、*癖で人さし指を立ててしまった。“まぎらわしいのでやめなさい”と注意を受けた」。今春センバツでのサイン疑惑騒動もあり、日本高野連の竹中雅彦事務局長は「まぎらわしい行動があったんでしょう」と見解を示した。

 小針崇宏小針は「(サイン盗みは)全くそんなことはなかったんですけど」と否定した。

 *「癖で人さし指を立ててしまった」の一文が加えられた。

事実であるか疑わしい。

 

f:id:otonarashino:20190819110214p:plain

 >大槻球審

 大槻康彦

*香ばしい臭いが立ちこめる。横山選手ににじり寄る形相は、何かにとりつかれた新興宗教の信者そのものだ。

京都府綾部市職員(36)  あやべ市民新聞

☆ 2007年 第89回当時の「高野連」組織から抽出

 

あやべ市民新聞(あやべしみんしんぶん)は、あやべ市民新聞社が発行する地域紙。

創刊は昭和58年(1983年)4月1日。

沿革
1983年(昭和58年) - 福知山市に本社を置く両丹日日新聞社と、綾部市内の新生時報社、北都タイムスにより、綾部市大島町にあやべ市民新聞社が設立される。
1986年(昭和61年) - 綾部市川糸町に本社を移転する。
2007年(平成19年) - 綾部市大島町に本社を移転する。

発行エリア

京都府綾部市全域。全国に郵送もしている。 発行は月・水・金の週3回、夕刊で、発行部数は8252部(2004年8月1日現在)。綾部市内の全世帯に対する普及率は60%余りに達する。購読料は一月900円。

 

参考:

ウトロ地区(ウトロちく)は、京都府宇治市伊勢田町[1]51番地に所在する地区(伊勢田町小字ウトロ)。在日韓国・朝鮮人の集住地域のひとつで、自衛隊大久保駐屯地の北隣に展開している。

 

area-info.jpn.org

 

 ☆ 2007年 第89回当時の「高野連」組織

委員幹事

窪田 哲之 関西学生野球連盟 審判副委員長、関大S54

安藤 嘉浩 朝日新聞

 

委員

堅田 外司昭 星稜OB

大槻 康彦

 

www.otonarashino.com

 「野球害毒論」教「信者」の「高野連」甲子園審判団

 

 

日本最大の「民団新聞」在日の吹きだまり『毎日新聞(スポニチ)』記事の投稿

「共感準」トップとその「返信」のみ;

 

 紛らわしく見えたから注意した作新側はサイン盗みはしてないが、紛らわしかったから注意を受け入れた。で、終わりでしょ。報道各社は見てもらってなんぼの商売なのはわかるけど、旬な話題だからって、各社ごそって取り上げる内容でもないと思うが。 

 *「紛らわしく見えた」のではなく、そういう前提の「疑い」を持っていたに過ぎない。更に踏み込めば、わざわざこのタイミングで、そのチャンスを伺っていた可能性がある

作新学院は「紛らわしかったから注意を受け入れた」わけではない。

明確に否定している。

こういう「扇動」されている事にさえ気づかない「情弱+野球素人」の「思い込み」の投稿が、更にいい加減な「情弱」を呼び込み、いつのまにか「既成事実」となってしまうのだ。

 

<返信>

疑われてから確実に士気が下がったと思うよ

 

逆にこれだけ問題になっているのですから、ちゃんとした監督ならば「二塁に立った者は疑われるようなしぐさをするな」と日頃から選手によく言い聞かせているはず
ですから、主審に注意された事自体恥ずべきだと思います。

見つからずスルーされたらラッキー、注意されたら運が悪かった、ぐらいに甘く考えているのでしょう。

*そして「はず」だとか「かもしれない」などを駆使する「扇動者」が登場する。 

 

この猛暑で汗も拭けない。ヘッスラして顔が泥だらけのままの選手も沢山いましたね。

叩いてる人は試合を見ていたのでしょうか?
そのシーンを見返したのでしょうか?
標的を見付けて条件反射で叩く流れを
あたかも世論の様に捉えられる世の中に恐怖を感じます。

 

 まぁ誰かが言ってたけど、サイン盗みは多いらしいよね
実際に春の大会でサイン盗みを疑われた監督は当初は皆んなやってるでしょ?だか、そちらもやってるでしょ?みたいなことを言ったらしいし

*「どうしようもない」に尽きる。習志野批判もこういう輩が大量発生した。

完全に意図的だ。マスゴミだけでなく、SNS内にはびこる「屑」だ。

 

俺らの時代はサインして盗み禁止じゃなかったけど、ストレートなら鼻を人差し指で擦るとかやってたで。
審判も昔は球児。そりゃ注意ぐらいするやろ。

 *自称「経験者」。これも習志野批判で見られた手口と同じ。

 

いやいや、今年の大会において、走者として二塁に立った選手はのべ何百人もいますよね。

汗をぬぐうくらい、みんなやってますよ。
その中で唯一(かどうか分かりませんが)注意されたのですから、よほど怪しかったんです。

 

誰も明確に判定を下せないルールなんか、「疑惑」を振りまくだけなんだから辞めてしまえばいいのに。
振り回される現場が不憫。

 

ってか作新なら限らず、甲子園だけでなく地方大会でもある話であって、わざわざ記事するほどのことではない。

マスゴミさん達にはもっといいネタを探してほしい。

 *いつのまにか「既成事実」とされている

 

アウトのコールする時「He is Out」ですよね。
「You are Out」ではありません。

客観的に見て、紛らわしいと判断されたので、審判が確認した、という意味ですよね。

「あ、ちゃんと見ているんだな」と受け取った人も多いはず、という事です。

コメ主に同意です。

 *許しがたい、に尽きる

 

 

1/195件でこの有様である。

習志野同様、名門作新学院の名誉が著しく毀損された。

記述したが、この主審の「恣意的」判断で、岡山学芸館戦から続いた良い「流れ」+『勢い』が止まり、「サイン盗み」を疑われた動揺が、以降の無得点となり、逆転負けに繋がった、とみるのが自然である。

「送りバント」を使わない超攻撃的野球が、朝日新聞から「異物」と見なされた(可能性がある)。*個人的には「断定」する。

いじれにしろ、関東の雄「作新学院」の快進撃が気にくわない or 警戒する

勢力の邪な影がちらつく。

 

横山陽樹外野手(2年)

の今後が心配される。

この主審と、サイン盗みがあった、という捏造に利用したマスゴミは、この純粋に野球に打ち込む高校生に対し、「責任」などまるで感じない「屑」である。

繰り返されてきた野球害毒論信者「甲子園審判団」の暴挙だ。

 

「害悪」でしかない朝日新聞を退場させなければならない。