「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。

#U18W杯 壮行試合 で蠢く「朝日新聞」の薄っぺら(醜悪)な思惑  #習志野・飯塚 #美爆音

当初から、このタイミングで「韓国・釜山」で開催される「U―18W杯」に参加することに反対の意見が圧倒的だった。私も同様である。

一方で、朝日新聞と一体化した高野連が、参加を見合わせるわけがない、と分かっていた。在日集団のリーダー・朝日新聞の「韓国目線」の報道を理解していれば当たり前のことだ。

しかも、コスト「ゼロ」金を生む最高のコンテンツ「高校野球」を最大限に利用したいのだから。

www.sponichi.co.jp

 

非常に不快なのは、この日本最悪の「戦後レジーム」の象徴・朝日新聞のダブルスタンダードだ。

「捏造」を駆使して、貶め続けた習志野を、ちゃっかりと利用する姿勢は誠に許しがたい。

「美爆音」を高校日本代表VS大学日本代表に利用したことだ。

 

結果的には、純粋な高校生のパフォーマンスが、「最悪の汚物」の思惑を超えてしまうのだが。

 

--------------------------------

 

門田隆将‏ @KadotaRyusho · Aug 20
決勝戦を前にU18の日本代表が決定。驚いた。内野手7人のうち実に6人が左打者。履生社からは井上、桃谷の右の強打者など1人も選ばれていない。今や「日本には左のスライダー投手を用意しておけば勝てる」というのが常識。毎年同じ失敗を繰り返す高野連は本当にどうかしている。

 

*全面的には同意しない

 

f:id:otonarashino:20190827062408p:plain

 永田 裕治
1963年10月18日生まれ。
報徳学園高校~中京大学卒。報徳学園高校3年時、1981年夏の第63回全国高等学校野球選手権大会において、右翼手として全国制覇。桜宮高校(大阪)コーチなどを経て、1990年に母校である報徳学園高校コーチ、1994年から同校の監督に就任。監督として春11回、夏7回甲子園に出場し、2002年春の第74回選抜高等学校野球大会で優勝している。昨年春の第89回選抜高等学校野球大会(ベスト4進出)後に勇退し、現在、日本高等学校野球連盟技術・振興委員会委員を務める。
過去、2004年の第21回AAA世界野球選手権大会(台湾)、2005年の第6回アジアAAA野球選手権大会(韓国)で高校日本代表チームのコーチを二度務めている。
*報徳学園と京都商の決勝戦。


千葉県高野連の重鎮だった故小枝守氏の後任である。

--------------------------------------- 

 

選手選考で「特に」注目したのは、

・ 習志野・飯塚

・ 作新学院横山(2年)

「野球害毒論」教信者である甲子園審判に、サイン盗みの濡れ衣を着せられた、横山陽樹君が選出された。

 小針コーチとそれを指示しただろう永田監督を称賛する。

www.otonarashino.com

 

永田監督は、批判が多いようだ。

私は、昨日の壮行試合を観て、相応の「器」を持つ人物と判断した。

大会は10日間で9試合とのこと。

そのため、外野の守備を「捨て」、佐々木・遠藤・石川などの投手と野手もできる選手を選んだ。「選択と集中」である。

 

更に感心したのは、在日集団が「英雄」にしたい義士・林とその取り巻きが植え付けた、「悪」の習志野の「扇動」を解消する采配をしたことだ。

飯塚・山瀬(星稜)のバッテリーである。

林の妄言そのままの山瀬の発言を聞いていたため、印象は良いとは言えなかった。

が、8回終了時に、飯塚・山瀬のグータッチを観て、

「この子は、歪んだ環境で頑張っていたんだ」

ことを理解した。

林とその取り巻きの星稜OB、つくづくどうしようもない連中だ。

 

 

 

過熱報道を含む、別格・佐々木 ではなく、この日一番のパフォーマンスだった、習志野・飯塚に焦点を当てる。

在日集団マスコミの「屑」っぷりがわかりやすい。

 

www.daily.co.jp

 佐々木を含めた5投手の継投。2番手宮城(興南)が3回3失点5奪三振、西(創志学園)が2回1/3を1失点3奪三振、林(近江)が2/3を無失点、飯塚(習志野)は2回1失点6奪三振。宇草(法大)、柳町(慶大)、佐藤都(東洋大)らプロ注目の打者が並んだ大学日本代表から計16三振を奪った。夏の甲子園で活躍した奥川(星稜)は登板せず、一塁コーチとしてチームを支えた。

 

 

www.sponichi.co.jp

大学日本代表を相手に金星を挙げるかに思われたが、5番手の飯塚(習志野)がリードを守れず同点に。それでも飯塚は2死二、三塁のピンチを空振り三振で切り抜けて試合終了。大学日本代表を相手に価値ある引き分けに持ちこんだ。

 

<ヤフコメ>

飯塚はそれでもアウト全て三振やん。
2回で6三振1失点でこの書きようは酷いわ。

 

 

www.nikkansports.com

高校代表は9回1死三塁で山瀬慎之助(3年=星稜)がスリーバントスクイズを決めて勝ち越しに成功。ただ9回に大学代表は主将篠原の適時打で追いつき、引き分けた。

 

 

<コメント>

デイリーは、「事実」を書いているだけまだましである。

サンスポ(毎日)は、さすが在日の吹きだまりである。

日刊(朝日)になると、「飯塚」の文字すらない

 

 

こいつらは、駆除するしかない。

 

「アクセス解析」と睨めっこしながら思案している。

突っ走れば良いわけではないからだ。