「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。

#U18W杯 パナマ戦・・・軸のぶれない首脳陣とそれを支える「卓越した実務経験者」 #石川昂弥

前日の敗戦後、仲井宗基ヘッドコーチ(49)のカツに続いて、永田監督から「15万人の高校球児の代表なんだ。気持ちのないやつはユニホームを脱いでいい」と言われた。いつもにぎやかな車内は静まりかえった。東邦の主将として苦労を重ね、センバツ優勝にたどり着いた石川も、言葉の意味を刻んだ。「日本代表としての気持ちが甘かった。全員が切り替えた」。

 

指揮官から「だめ押し」があった。

朝日新聞(野球害毒論)が支配するいびつな甲子園・「朝日ワールド」から、

国際試合という「戦場」で勝ち抜くための意識改革を求めたのだ。

本質を理解する首脳陣の忍耐強さが分かる。

よくここまで「我慢」したものだ。

温い環境で育った選手達には、言葉だけでは理解できず空中分解の恐れがあったのだろう。そのため、戦場での「経験」が必要だったのだ。

 

 

渡辺元智氏の解説から、実務経験のある蒼々たるメンバーが、日本代表に関わっていることがわかった。「獅子身中の虫」は排除されている。

国際大会プロジェクトチーム(PT)

日下篤:元・兵庫 育英高校野球部監督(技術・振興委員会委員長)、小枝守、前田正治:元社会人野球日本新薬投手・監督(以上同副委員長)、永田裕治(同委員)、渡辺元智(横浜元監督)、小倉全由(日大三監督)、西谷浩一(大阪桐蔭監督)

 

2004年の第21回AAA世界野球選手権(台湾)で渡辺氏が高校日本代表監督、永田監督が同コーチという間柄。

 

--------------------------------------

追記;9/4 AM11:00、from ヤフコメ

ブルペン捕手や打撃投手をするためにアシスタントコーチが3人帯同しているみたいですよ。
うち1人は徳島・城北高校監督の鎌田さんで、40歳未満で捕手経験がある指導者ということで派遣要請を受けたようです。

 

私は古い人間ですので、昨日の雨天中断中の日本ベンチの様子が気になりました。山瀬選手だと思いますが、ビニール傘を差して立ったまま、他の選手たちと談笑していました。短時間ならいいですが、その時間が長い長い!延々とやっていました。再開に備えて体を休めるとかアップするとか、いろいろあるはずなのに、私には甘いと思えた光景でしたし、それを咎めもしない首脳陣もいかがなものかと思いました。

--------------------------------

 

 

2 () 武岡 龍世 (八戸学院光星高

6 () 熊田 任洋

「微調整」がなされた。

 仲井宗基ヘッドコーチ(八戸学院光星高)の強い意思が感じられる。

 

 永田裕治監督の談話から試合のポイント(殊勲者)を振り返る。

6回4安打7奪三振1失点の好投を見せた西(創志学園)についても、指揮官は「昨日わずか9球(を投げた)という中で今日先発ということで、本当によく粘ってくれました。いいピッチングでした」と称賛。

 

石川の3ランが非常に大きかったですね。昨日同じような形で点を取られて、コールドゲームということでしたので、早く点を取ろうと。天候状況も非常に悪かったので、同じことを繰り返さないようにということでやっていて。本当に石川がよく打ってくれました」と4番を称えた。 

 

f:id:otonarashino:20190904082545j:plain

 

在日集団の腐り切った攻撃から這い上がり、その逆境を乗り越えた西が呼び込んだ石川 昂弥の値千金のホームラン。

 

選抜で習志野をその個の力で粉砕した。

彼もまた、その後どん底を味わい這い上がってきた。

逆境を乗り越えたメンタルが加わった彼も、「戦場」で力を発揮できる「本物」だ。

 

 個人的に、感慨深かった場面;

 

 

--------------------------------

 

このブログが、高校野球の事件を扱い、その首謀者が、在日が支配するマスコミですので、「ブログランキング」「高校野球」「ジャーナリズム」「特定アジア」の3つを選択しました。
ここをきっかけとしたアクセスが増加しております。
*「拡散」のため、ご協力をお願い致します。