「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。<3節>高校野球の正常化には、『政治』の正常化が欠かせません。在日集団と媚中勢力に侵された「現実」に踏み込むことに致しました。

中国全域を入国拒否の対象に #武漢ウイルス

3/5 15:00-唐突に朗報が舞い込んだ。 

真っ当な判断力のある日本人の歓喜が溢れている。

 

16:00になっても、驚くべき事に、Yahooニュースには、一切の関連するニュースがない。

在日集団の姿勢が如実に表れている。

 

www3.nhk.or.jp

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、各国が日本からの入国に何らかの制限を設ける動きが広がっています。こうした中、アメリカのトランプ大統領は、アメリカへの入国を拒否する国や自国民の渡航中止を呼びかける国について、日本も対象とする可能性があるとの考えを示し、今後、慎重に判断するものとみられます。

日本の外務省によりますと、日本から入国や入境する際に何らかの制限を設けている国と地域は、3日午後5時の段階で合わせて21あり、このうちインドは、日本人をはじめ、韓国人とイタリア人、イラン人を対象にすでに発給されているビザを無効にすることなどを発表しました。

こうした中、アメリカのトランプ大統領は3日、アメリカへの入国を拒否する国や自国民に渡航の中止を呼びかける国について、「イタリア、韓国、日本の状況を注視している」と述べ、日本も対象とする可能性があるとの考えを示しました。

アメリカ政府は、これまでに、中国とイラン全土に加え、韓国とイタリアの一部を対象に、渡航情報を最高レベルに引き上げ、自国民に対し「渡航中止」を呼びかけているほか、過去14日以内に中国とイランでの滞在歴がある人の入国を拒否する措置をとるなど警戒を強めています。

3日からは韓国とイタリアの空港から直行便でアメリカに向かうすべての人を対象に、搭乗前と到着後の複数回にわたる体温検査も始めました。

日本の外務省は、新型コロナウイルスの感染拡大が続けば今後も入国の制限などが広がる可能性もあるとして、最新の情報に注意するよう呼びかけています。

 

 

 仮に、日本からの米国への渡航制限がなされたら、日本経済や安保面でもかなりの打撃になる。

 

www.sankei.com

政府は5日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染を防ぐ水際対策として、入国を拒否する対象を韓国とイラン全域に滞在歴のある外国人に拡大する方針を固めた。中国人は日本の入国に必要な査証(ビザ)の発給を停止し、事実上中国全土からの入国を拒否の対象とする。5日夕の国家安全保障会議(NSC)の会合で確認する。

 中国から帰国した日本人も全員検疫の対象とする。

 

<From返信>

 

     涙出る やっとです