「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。<3節>高校野球の正常化には、『政治』の正常化が欠かせません。在日集団と媚中勢力に侵された「現実」に踏み込むことに致しました。

虎の門系ビジネス保守の『二重スパイ』戦法と、それを称賛してしまう読みの浅い保守系「情弱」・・・深刻である #門田隆将

気になるTweetがあったので、そのビジネス保守の最近の影響力を測るため、その反応(リプライ)を観ていた。

50分経過しても、「称賛」の嵐で一向に同調できるリプが出てこない。

記事を書いている間に2時間が経過した

 

どうやら、このインフルエンサーが支持すると言えば、同じ方向を向いてしまう「情弱」は増殖中のようである。

 

二重スパイ(double agent、double secret agentdouble secret agent)は、諜報活動において、組織(政府)のために敵組織(政府)をスパイしながら、その敵組織(政府)から逆に組織(政府)をスパイするよう雇われた人物のこと[1]。逆スパイともいう[2]。

二重スパイは一般に、敵組織に潜入したスパイによって新たに育成するか、スパイを寝返らせる。捕まえたスパイを処刑すると脅かして二重スパイに仕立てたり、二重スパイをリダブル・エージェントにする。二重スパイは情報を得られる部署に所属しているが、離反者はそうでないため、二重スパイとは呼ばれない。しかし離反するまで情報を得られる部署に所属していた離反者もいたりする。

二重スパイは防諜目的に敵側に偽情報を伝えることもよくある。その場合、以前から真実の情報を与えて敵側の信頼を得ておく。そうした情報は真実であるが役に立たなかったり、逆効果だったりする情報にしておく。[3]

 

f:id:otonarashino:20200621180622j:plain

 

 今日の「そこまで言って委員会」で日本の"内なる敵"について話をさせてもらった。国民の命の「敵」、つまり日本を攻撃する国の為に動く政治家・マスコミの事だ。彼らの空論に乗り敵国の利益を代弁する勢力を支持する人々が私には分らない。未だ敵基地攻撃能力さえタブー視される現状。理解不能である。

 

<解説>

日本を攻撃する国の為に動く政治家 

日本を侵略している中国共産党に親和的な大阪維新

 

>彼らの空論に乗り敵国の利益を代弁する勢力を支持する人々 

 大阪維新の空論に乗り中国共産党の利益を代弁する勢力(大阪維新)を支持する人々

⇒虎の門系ビジネス保守=門田隆将

 

そのような背景を見通すことが出来ず、「正論」に飛びつき、「称賛」する保守系情弱」

 

 

> 理解不能である。

 

心底、お気づき頂きたい。

 

--------------------------------

 

本日、最もインパクトのあったTweet;

目的(力を注ぐ方向)が理解できない。

 

 cooperation;