「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。<3節>高校野球の正常化には、『政治』の正常化が欠かせません。在日集団と媚中勢力に侵された「現実」に踏み込むことに致しました。

2020夏季千葉県高等学校野球大会 「第6地区」③準決勝 #銚子商業 #成田 の厚い壁を突き破る / #澤田洋一監督 の『足を絡めた積極采配』が試合を動かした

繰り返しになるが、

第6地区(東部地区)に関心のある高校野球ファンには、ストレスが募っているのではないだろうか。試合の中継が無いのだ。

 

今朝、アイスコーヒーを飲みながら、チバテレビの高校野球ダイジェストを視聴した。

通常なら、成田市営大谷津球場に向かっているだろう。

千葉明徳の快進撃を視聴していたが、画面上のテロップに目が行く。

「成東1-0千葉黎明」

気がつくと「一球速報」をチェックしている自分がいる。

 

対戦カードは、試合の順番が違うだけで、昨秋9/23の再現となった。

台風の影響で、強風が吹き荒れる中での試合だった。

www.otonarashino.com

 

--------------------------------

 

4回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
成東 1 0 0 0 0 0 0 2   3
千葉黎明 0 1 2 3 0 0 0 0   6

千葉黎明
打順 位置 選手名 背番号 
1 中 江川岳 8 
2 三 伊東凌功 5
3 遊 佐久間康祐 6 
4 右 千葉汐凱 1 
5 左 下新井田直也 7 
6 一 小原海渡 3 
7 捕 向後陽太 2 
8 投 篠塚大稀 10 
9 二 二出川翼 14

 

バッテリー;千葉黎明
伊藤翔音(5回) 、 田中葉琉 、 岡澤 剣士郎 、 篠塚大稀 、 千葉汐凱(1回) - 向後陽太

先発は、OBが急成長を絶賛していた伊藤

 

千葉黎明
(中) 江川岳 .571 左2中2 中2 右飛  打点3
(三) 伊東凌功 .286 二ゴ ギ失 遊飛 投飛
(遊) 佐久間康祐 .143  一邪 三安 二飛 右飛  打点1
(右投) 千葉汐凱  .375 一ゴ 右安 二ゴ 右飛
(左) 下新井田直也 .429 左越本 遊併 三飛 中飛  打点1
(一) 小原海渡 .167 空三振 空三振 遊ゴ 見三振
(捕) 向後陽太 .667  左安 四球 遊安 三失
(投) 伊藤翔音 投ギ 四球
投 田中葉琉 
打 松井海翔 三ゴ
投 岡澤 剣士郎
投 篠塚大稀 
打 佐藤碧海 空三振
右 鈴木泰騎  
(二) 二出川翼 .000 中飛 死球 三ギ

盗塁死: 佐久間康祐(3回)

 

<コメント>

ヒット数は成東(9-8千葉黎明)が上回った。8回の2得点は食い下がったことが伺われる。

 

千葉黎明;

スコアブックから浮かび上がるのは、主戦投手を温存した余力を残した勝利。

今日も活躍しているが、江川・下新井田・向後が牽引していることが分かる。

地区大会決勝に向けた準備は整っている。

 

--------------------------------

 

 13:59 準備万端で広陵vs広島商を聴きながら、試合開始をを待つ。

(試合開始後は、「静寂」の中、研ぎ澄まされた集中状態だった。)

 

成田
打順 位置 選手名 背番号
1 捕 古谷将也
2 中 吉田涼太 8 
3 遊 松本憲信 6 
4 右 徳田泰成 9 
5 三 坂本涼 5 
6 一 篠田隼 3 
7 左 三浦大空 7 
8 二 田浦歩夢 4 
9 投 石田慶一 18 

 

 銚子商
打順 位置 選手名 背番号
1 捕 加瀬泰雅 2 
2 二 関根駿 4 - 
3 右 加瀬悠太 9 
4 遊 常世田翔太 6 
5 一 山口弘汰 3 
6 左 向後翔 10 
7 三 久我陸人 5 
8 投 宮内陸 1 
9 中 鈴木翔 7

 

注目は、成田が主砲古谷を1番に据えてきたこと。

 銚子商業は、2戦連続で打撃が期待される 向後翔を起用

 

1回裏<銚子商業>

二死から、加瀬悠太左安、常世田左二で2.3塁。後続が二ゴ。

 

2回裏<銚子商業>

先頭の向後翔が四球で出塁。

次打者が「捕飛」。ワンパターンの送りバント失敗か。

ところが、向後翔が二盗に成功。これは采配も期待できるか。

 

3回表<成田>

二死から古谷が中安。宮内は既に被安打4。

古谷二盗に成功。2回連続でスコアリングポジションに進められた。

併殺2つで凌いでいる。

 

3回裏<銚子商業>

1番からの攻撃。三者凡退。

 

4回表<成田>

先頭は強打者松本。警戒からが0-3とボール先行。四球

4番に送りバント。一死2塁。

6番篠田隼、中安タイムリー。成田先制。成田1-0銚子商業

 

4回裏<銚子商業>

先頭、常世田。2打席連続のツーベース

山口四球

成田・石田、選球を乱している。向後翔・四球。無死満塁。

 

投手交代:#1 片岡海都

 久我陸人:暴投1-1.次球スクイズ⇒ファウル

中安タイムリー成田1-2銚子商業

宮内陸:スクイズ成功成田1-3銚子商業。

ワイルドピッチ。二死2塁。

主将・加瀬左2タイムリー成田1-4銚子商業

 

見事。このチームで最高の攻撃だったのではないか。

 

5回表<成田>

一死後四球。次打者古田。嫌な感じだったが、左飛。

後続牽制死か。守備が良い。

 

5回裏<銚子商業>

二死後、山口・中安

二失で二死1.2塁。

あっさり3者凡退で終わらない、こういうしつこさが大切だ

 

6回表<成田>

前回の対決で好守に大活躍だった吉田涼太。四球。

松本・左越本成田3-4銚子商業

初球を狙い打ちされた。

 

一死後、二塁ゴロ失策。制球が乱れる。中安。一死1.3塁。

ワイルドピッチ。成田4-4銚子商業

中安。

四球。一死満塁。

三振。

古谷。0-2から中飛。良く凌いだ。絶体絶命だった。

成田は打者一巡だった。

 <銚子商業ファンの目線でコメントしている>

 

6回裏<銚子商業>

一死後内野安打2本で、1.2塁。1番 加瀬泰雅のバント安打が効いた。

関根;

三振(空振り)
+1 (鈴木翔)
鈴木翔盗塁 成田4-5銚子商業 ここは特筆される。重盗を仕掛けた。
打者アウト(2)
捕手失策(悪送球)
2アウト3塁

 

3番 加瀬悠太

ボーク⇒成田4-6銚子商業

左2

 

投手交代:#11 齋藤鳳人 *前回の対戦で完封された。

4番 常世田翔太 四球

5番 山口弘汰 三振

 

7回表<成田>

先頭打者四球。本塁打を打たれた松本を併殺に仕留めた。

 

7回裏<銚子商業>

二死後、宮内陸・左安

 

 8回表<成田>

一死後、遊安・左安・四球⇒一死満塁

三振。投球数:122

二死満塁で、主砲・古谷。空振り三振

最後の山か。気迫で凌ぐ。

 

8回裏<銚子商業>

投手交代: 松本憲信

二死後、3番加瀬。6球ファウル11球投げさ四球で出塁。 

ビックプレー。予感があった。 

 

常世田、右翼本塁打成田4-8銚子商業

 

 

9回表<成田>

 2番 吉田涼 左安

3番 松本憲信 三振

4番 徳田泰成 右飛

5番 坂本涼 左越本 成田6-8銚子商業 

6番 篠田隼 3-2ファウル4球⇒空振り三振

 

f:id:otonarashino:20200809194515j:plain

 

 

宮内陸: 三振10、四球6、投球数:155、気迫の完投勝利。

 

 

<総評>

壮絶な試合だった。

観戦していた銚子商業選手のご両親は、泣き崩れているのではないか。

f:id:otonarashino:20200809180806j:plain

1番に起用された成田の主砲・古谷と2度にわたり満塁のピンチで対戦。

ここを凌いだのが大きなポイントだったのではないか。

長期にわたり、ことごとく銚子商業の分厚い壁となっていた成田を突き崩した意義は大きい。

昨秋まで流れが悪くなると淡泊だった攻撃が、劇的に粘り強くなっていた。

3番加瀬。6球ファウル11球投げさせ四球。 

 

澤田洋一監督の積極采配も光った。

送りバント一辺倒の采配により、揺さぶりの無い単調な攻撃だったが、この日は足を絡めて試合を動かした。

こういう攻撃は、かつての「緻密な野球」を彷彿させた。

 

--------------------------------

 

8/10 9:00- @大谷津球場

第6地区決勝:千葉黎明vs銚子商業

 

少年時代からの生粋の銚子商業ファンである私と、

好感度抜群であり、一押しの千葉黎明(もはやファンになっている)

の対戦になりました。

第1試合で主戦投手を温存した千葉黎明と、大黒柱宮内陸が155球を投じた銚子商業。

銚子商業が勝つには、今日の試合で体現した、足を絡めた粘り強い攻撃が必須となるでしょう。銚子商業の投手起用がカギになりそうです。

 

--------------------------------

第3地区

浦安市運動公園
1.専大松戸9⑦1浦安
2.千葉商大付9⑦2松戸六実

 

第4地区
1.西武台千葉9⑦0柏南
2.日体大柏5×2柏陵

 

第7地区
長生の森
1.千葉学芸17⑤1長生
2.一宮商業1×0東金

 

第1地区
千葉県野球場
1.千葉明徳8⑦0幕張総合
2.千葉経大附7(延10TB)6市立千葉

 

本日もコールドゲームが、5/10試合。例年より多いのではないか。

 

 

<追記>【勝利の旗は】千葉県立銚子商業高校90【我を待つ】

 

成田に勝利!!秋のリベンジ達成!
おめでとう!
宮内選手150球投げたみたいですが…
明日は誰を先発にするんでしょうか
明日の黎明戦頑張って!!

 

よく勝った!!
成田には連敗だった先輩たちの仇をうったね。
常世田の本領発揮、陸の粘投が光ったな。
明日は・・・頼みの陸はさずがに投げられないだろうから。

今の三年投手陣では、陸以外は打たれるしなぁ・・・
ここだけ、一・二年の投手陣を起用してほしいところだが。。。

澤田監督。

 

組み合わせで、成田、商業、黎明の3強の振り分けがどうなるか・・・・ってのもあったが
成田と同じゾーンになった時、黎明が有利になった。成田との死闘を制したが、第2試合というのも
きつかった。明日は黎明の千葉君を打てるかどうかだが、投手陣もきついな。

 

ここまでの3試合控えも含めてベンチに入ってたのは全員3年生だけ
本来4番に入ってるはずの2年加藤ですら外してんだから明日も3年だけだよ
まぁ、3年生の気持ちに区切りをつける為の大会って位置付けに商業はしたんだろうから3年だけで頑張ればいいんじゃない
明日勝っても負けても12日には新チームの練習試合あるしそっちも楽しみだー

 

成田はベストメンバーだったの?

 

成田はベストだろ?
舐められたもんなだな先発18だからね
タラレバになるけど齋藤が投げてたらまた違った展開だかっかもね秋は完封されてた

 

<コメント>

ずーっと意味不明なアンチが張り付いているのが不快です。

コアな銚子商業ファンの投稿を楽しみにしています。

 

 

<追記>8/10

【千葉高校野球】銚子商・宮内「何としても勝ちたかった」 宿敵成田を撃破 <第8日>

配信

千葉日報オンライン

成田―銚子商 最後の打者から三振を奪い雄たけびを上げる銚子商・宮内陸=成田大谷津

 マウンドの宮内陸は雄たけびが止まらない。銚子商が同地区の宿敵を撃破し、地区決勝へ名乗りを上げた。長年繰り返してきた伝統校同士の一戦。155球で完投のエースは「成田には何としても勝ちたかった」。心地よい疲労感を感じながら、大粒の汗を拭った。  昨秋は0―2で完敗。全員3年生がベンチ入りする銚子商の方が、気迫で上回った。エースは前戦93球を投じていたが、140キロ前後の速球にカットボールを織り交ぜ10奪三振。追い付かれても、猛暑で足がつりだしても懸命に腕を振った。「みんなの思いに応えたかった。ここで抑えなきゃ銚子商業のエースじゃないと思った」  六、八回と満塁で成田の強打者、古谷将也を迎えたが、中飛、空振り三振にそれぞれ仕留め絶叫。苦しみながらも立ち続ける右腕の姿に、4番の常世田翔太は「絶対に助けたかった」。八回裏の打席、右腕を掲げ、打った瞬間に柵を越えると分かった。匝瑳シニアでも仲間だった親友が、貴重な追加点を豪快2ランでもたらした。  「みんな地元で甲子園を目指し集まったメンバー。自分たちが千葉で一番と証明したい」と常世田。涙を重ねてきた名門の勢いは、最高潮だ。

◆試合結果

 ▽4回戦(成田大谷津) 成田 000103002―6 00040202×―8 銚子商 (成)石田、片岡、斉藤、松本―古谷 (銚)宮内陸―加瀬泰 ▽本塁打 松本、坂本(以上成)常世田(銚) ▽二塁打 坂本(成)常世田2、加瀬泰、加瀬悠(以上銚)  【評】銚子商が粘り勝ち。六回に相手失策とボークで勝ち越し、八回に常世田が右翼へ2ラン。宮内陸は完投。成田は12安打で、九回に2死から坂本の2ランで迫った。