「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。<3章>高校野球の正常化には、『政治』の正常化が欠かせません。在日集団と媚中勢力に侵された「現実」に踏み込むことに致しました。<4章>に向けた準備期間として、「力」を貯めています。

日本弱体化に邁進する確信犯、大阪の『外来種』・・・大阪府「部活自粛要請」⇒ろくでもない知事連中の連携で全国的な自粛の流れになることは確実

米国大統領選挙とその顛末を追いかけ、深く考察していた層は、地方自治体の首長(特に知事)のデタラメさに震撼しただろう。

CCPに解体寸前まで追い込まれたオーストラリアも同様だ。

地方から『民主主義の弱点』を付いた工作がなされ、同時にメディアが牛耳られ、国体が破壊される様を見せつけられた。

 

日本も同様だ。

そしてここに、『日本国籍を持った朝鮮人』という特殊要素が加わっている。

この連中の食い込み方は、末期的水準に達しており、日本解体のスピードが加速している。この流れを助長しているのが、そのことに気づいてすらいないDupes/情弱の存在だ。

 

このブログのテーマの一つは、高校野球という媒体を通して、「政治」の現状を俯瞰することにある。

 

「アクセス解析」を観ると、細々と積み上げた「政治」についての過去記事に、世相を反映した反応が現れている。

大阪の外来種を取り上げた記事だ。

(はっきり言って、うんざりしながらこの外来種のパフォーマンスを眺めていた。

最早限界点を超えて触れる気はなかったが、高校野球ファンの視点から触れざるを得ない。パペット人形の筆頭格として、全国的波及を狙ったものなのだろう。) 

 

Bing からよくアクセスされているページ

36% 黒幕に操られた「役者」 #吉村大阪府知事 の正体(行動原理)を辿る

 

 この小池と補完し合い、更に、同じ特徴を持つ千葉県知事とも連携している大阪の外来種が、とんでもない許されざる愚行を行った。

 日本の将来を担う子供達を弱体化させ、国力を弱める狙いなのは明白だ。

 そして、またもや無垢な球児達に許しがたい、科学的根拠が微塵もない「規制」を加えた。

連携しているろくでもない知事連中が、この先陣に連動するのは確実だ。

本日4/15に決定する千葉県大会が「無観客」になる、だめ押しの効果も発揮した。12:29記

 

約4時間後、

<追記>

 

 

 

f:id:otonarashino:20210415114404j:plain

 

部活自粛要請決まり大阪府高野連「出たら加盟校に対応通達」春季大会開催中
4/15(木) 6:00配信


日刊スポーツ
記者会見で大阪の感染状況を説明する大阪府の吉村洋文知事(撮影・浦隆司)

大阪府は14日、対策本部会議を開き、新型コロナウイルスの感染対策として、15日から府内の小中高校に対してクラブ活動の原則、自粛を要請することを決めた。また大学にもクラブ活動の自粛を求めるとともにオンライン授業化、企業へのテレワーク徹底を要請することも決めた。要請する期間は「まん延防止等重点措置」が適用されている5月5日まで。

   ◇   ◇   ◇

大阪府高野連は大阪府の小中高校のクラブ活動自粛要請方針にともない、今後、対応を検討する。10日から春季近畿地区高校野球大阪府予選が開幕。週末や祝日に試合を組み、5月15日まで行う予定だ。伊原登理事長は14日に取材に応じ「正式に出たら相談して加盟校に(対応策を)通達すると思います。今週末、やる予定で組んでいますし、動いています」と説明した。

今春センバツに出場し、10日の初戦を突破した大阪桐蔭は「公式戦に対する準備は必要だと思いますが、校長判断になります」と説明。同校は大阪府に「まん延防止等重点措置」が適用された5日以降、大阪府外での活動を自粛。新型コロナウイルスの感染予防に努める。

 

<反応>

学生にだけ犠牲と負担を求めるのを大人として恥ずかしくないですか?
休業を、お願いしたら根拠なく1日6万もばら撒いて大学生の活動を制限して何もなしですか?授業料や施設維持費とか高額な費用はそのまま払わされて意味がわからない。

1年間、対策を練る時間があったのに何もしてないことをほったらかしにしてまた学生の生活を奪うことを情けなく感じないですか。

終わってる。

 

 

密集の授業は良くて、部活だけダメな理由がわからん。声を上げない子供だけ制限してる。経済を止めると経団連とかから票がもらえないから。結局、感染対策ではなく、自分の保身。

 

オリンピック予選はオッケーで学生の部活はなんでもかんでもダメだと言う理詰めな説明して欲しいよね。どっちも若いし、スポーツでしょ。それにオリンピックだって主体はアマチュア、お金の出入りにしろ色々どっちもどっちじゃない?

 

 

なぜ学生だけが、我慢をしなければないらいのでしょうか?また全国的に自粛ですか?また今年のGWをステイホームですか?今の4月からの高校3年生は我慢ばかり、高総体も甲子園も学校行事も我慢してきました。でも役所の人間は飲み会をしてを注意して少し減俸さえるだけで、学生は今しかありません。1年前と同じ、専門家に政治家は何をしてきたのでしょうか?
意味がわからない

 

学生ばかり犠牲になっているような。可哀そうにもほどがある。
飲食店の時短要請への給付金はあるが、学生を持つ家庭には何の援助もない。
未来ある子供達を押さえつけるなら、旅行者受入れ禁止やテーマパーク休園などもしたらいい。
こんな事になるなら、オリンピックの聖火ランナーも断ってほしかったですね。

 

 

学生への虐待か。パワハラか。

誰しも感染しないに越した事はない。

感染拡大させている大人たちの行動を
制御出来てないのに
立場の弱い子供たち、学生にだけ
圧力かけて行動制限するなんて
虐待かパワハラだろ。

大人たちが言う事聞いてくれないからと
子供たち、学生に責任転嫁させてる、言う事聞かせ、対策してるアピール。
いいかげんにしろ。
まともな対策しろよ。

てか公務員の会食なんとかしろ!!

 

 

一年前には
「なんとしても甲子園大会はやらなくてはいけない!」
と、宣っていたんだけどね
吉村さんは?
自然災害の前では劇場型政治
無力且つ無意味という事が露呈しちゃったな?

 

 

大阪府は部活動中止の決定を撤回せよ!
命と教育を計りにかけることこそ、根本が間違い。学校は『安全安心』を教え実践するところであり、子どもたちは感染防止を実践している。部活動中止にして、安全安心の実践機会を奪ってはならない。
高校野球は7月まで。ましてやインターハイ予選は5月末から6月に行われる。大阪府はわかってないのだ。いまこの時期に部活動中止とは、教育機会を、今年も奪うことになることを。
現場では、感染の危険性を重々承知で、子どもたちに感染防止教育を行っておられるのだ。大阪府はもっと児童生徒学生を、保護者を信じるべきだ。
コロナウィルスに移るのも『自己責任』移さないのも『自己責任』
責任を負っていることを教育現場は実践している。部活動の権利を、奪わないで信じることを信じていることを発信するべきだ。

 

まだまだ続く・・・

 

 

<追記>実体

 大阪駅で無料PCR検査の呼び込みしてましたよ、なんと500円のQUOカード付きで