「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。<3章>高校野球の正常化には、『政治』の正常化が欠かせません。在日集団と媚中勢力に侵された「現実」に踏み込むことに致しました。<4章>に向けた準備期間として、「力」を貯めています。

千葉の高校野球を牽引する強豪 #中央学院 の野球とは全く無関係な敗因 / 秋季大会敗者復活戦 #銚子商業 試合結果

例によって、前段に政治情勢を記載したが、高校野球からかけ離れてしまうため、別途「政治」に特化した記事にするつもりだ。

 

8月は、3本(専大松戸1、銚子商業2)の記事に留まったが、予想外に多くのアクセスがあった(特に、8/15,16,21,29)。大きな理由は、何故か関西のチーム有利に多発する「誤審」だった。疑問と憤りを抱えた相手チームのファンが、このブログの2019年の記事にたどり着いたのだろう。

更に、ここ数日、このブログのタイトルに関わる記事にアクセスが集中した。

『?』だったが、理由がわかった。

習志野父母会と同じく、もはや「あんな馬鹿者(ども)は相手にしない」という心境だ。

 

--------------------------------

 

秋季大会敗者復活戦
9/6
⑴9時⑵11時20分⑶13時40分
ナスパ
小金×銚子商業
⑵東総工業×旭農.佐原白楊.下総.銚子.八街
⑶成田北×柏井

 

情報は、

銚子商8ー1小金 
P飯嶋
三塁打 大湾 石毛
二塁打 石毛 前橋

 

8回コールドね

だけだ。

 

比較:(予選:小金0-5千葉経大付)

 

(対我孫子)

銚子商業

1 遊 押本人夢 *1年、サードから遊撃にコンバートされた

2 三  鵜澤智也 *夏 登録外

3 二 久保形怜児

4 右 石毛陽己 *夏 #17

5 左 前橋侑太 *夏 #20

6 一 大湾龍雅 *夏 登録外

7 中 鵜澤煌  *1年と思われる

8 投 飯嶋聖也 *夏 #11

9 捕 鶴岡博翔 *夏 登録外

 

<コメント>

情報が無いので推測でしかないが、

我孫子戦と同様の「固定」メンバーで、最後まで戦った匂いがする。

 

 

--------------------------------

 

名門・拓大紅陵が中央学院破る 187センチの大型捕手など逸材の活躍光る
9/6(月) 6:01配信

 

拓大紅陵 4 対 1 中央学院

 中央学院vs拓大紅陵の一戦。敗者復活戦の組み合わせが決まった時から注目されていた一戦だった。中央学院は夏、大活躍の141キロ右腕・糠谷 翔大、拓大紅陵は夏でも登板した小堺心温だ。

中央学院は一次予選に出場辞退。練習再開も直前だったという。試合が始まるまでのインターバルでは、野手はずっとゴロ捕球の練習を繰り返していた。限られた時間の中で準備する姿勢が見られた。

 

練習再開は、9/3(金)だったようだ。

予選辞退が伝わったのが8/20(金)、つまり、少なくとも2週間部活停止状態だった。

 

令和3年8月20日
保護者各位
中央学院高等学校
校長 横田一弘
緊急事態宣言下の対応について
晩夏の候、保護者の皆様には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。日頃より本校の
教育活動にご支援ご協力をいただき厚くお礼を申し上げます。
さて、令和3年8月17日に本県に発令されている「緊急事態宣言」が延長されるこ
とになりました。現在、世間では集団感染が発生していることから、更に感染防止対策を
徹底させるため、本校では以下のような対応をとらせていただきます。
①日常生活
マスクの着用(更衣などマスクを外しているときには、会話をしない等)
・消毒(手洗い・うがい等)
・教室内の換気(授業中は前後出入り口は開けておく等)
黙食
・登下校や大会等の移動時の寄り道不可
・体温の管理
②帰宅時間
・生徒は 20 時には帰宅。
阪東バス~ 19:00 19:03
ニュー東豊バス~ 19:00
*この後は 19:23 分の阪東バスになります。
③休業日の部活動の活動時間
・原則食事をとらず、かつ半日。
但し、やむを得ず1日練習をする場合は、必ず顧問がついて食事指導を行う。
(黙食等含む)
練習試合について
・練習試合、合同練習は行わない。
・ただし、参加する県内大会の2週間前からは、県内のみ練習試合を認める。
また、相手校の数や参加する生徒は、必要最小限とする。
部活内でコロナが発生した場合(陽性・濃厚接触者)、当該部活動は中止とします。
以上

 

 

 まず先制したのは拓大紅陵。2回表、7番・四十住海都の適時打で1点を先制し、その後、敵失、バッテリーミスで3点を先制する。痛いミスに思えたが、その後は中央学院のエース・糠谷が力投を演じた。120キロ後半の速球、スライダー、カーブを丁寧に投げ分けた。

 

拓大紅陵・四十住海都は、2020年習志野・四十住皇輝選手の弟のようだ。

中央学院が、度を超えた調整不足だったことが明らかだ。

 

 

 コントロールを乱す場面もあり、好調時の糠谷の投球内容と比べるとかなり苦しい状態に感じられたが、尻上がりに120キロ後半の速球をコーナーに投げ込み、見逃し三振を奪った投球を見ると、真夏の中で主戦投手として投げた経験は間違いなく生きていたと感じた。

 序盤ミスが見られた中央学院だったが、内外野ともに粘り強い守備で糠谷をもり立てていた。

 拓大紅陵の小堺は、コンパクトなテークバックを折りたたんで投げ込む右スリークォーター。常時120キロ後半~130キロ前半の速球は球速表示以上に伸びが感じられ、中央学院の打者から空振りや内野ゴロの山を築き、着実に0を積み重ねる。7回裏、中央学院の1番・大山の適時打で1点を返されたが、9回表、二死三塁から2番大立翔良の内野安打で1点を追加した。

先発・糠谷翔大(中央学院)

 

--------------------------------

 

<コメント>

選手権千葉県大会準決勝7/20

中央学院
打順 位置 選手名 背番号 学年 投/打
1 山口 諒太 4 3年 右/右
2 門倉 幹大 8 3年 左/左
3 小田倉 優斗 3 3年 右/右
4 片山 晴登 9 3年 右/左
5 常世田 翔英 7 3年 右/右
6 森 一輝 2 3年 右/右
7 鈴木 拓海 5 3年 右/右
8 竹谷 将太朗 17 3年 右/右
9 鈴木 忍 6 3年 右/右

控え;

中央学院
選手名 背番号 学年 投/打
細谷 怜央 1 3年 右/右
糠谷 翔大 10 2年 右/右
坂本 義仁 11 3年 右/右
髙橋 駿斗 12 2年 右/右
石田 宙大 13 3年 右/右
日下部 虎ノ恭 14 3年 右/右
小泉 真俊 15 3年 右/右
吉川 晃生 16 2年 右/右
浅井 皇介 18 3年 右/右
山本 向輝 19 3年 右/右
飯尾 嶺 20 3年 右/左

 

ご覧の通り、中央学院は、3年生主体のメンバーだった。

層が厚いチームとはいえ、新チームの仕上げを急ピッチで進める必要があったことは明白だ。本来なら、練習試合を積み上げて仕上げてきたのだろう。

 

部活内でコロナが発生した場合(陽性・濃厚接触者)、当該部活動は中止

 

これではどんな名将も手の打ちようがない。

 

令和3年8月28日
保護者各位
中央学院高等学校
校 長 横田 一弘
9月1日以降の対応について
残暑の候、日頃より本校の教育活動に、ご理解ご協力をいただき有り難うございます。
さて、新型コロナウイルスの影響により,9月からの通常の教育活動が困難な状況に
なっています。つきましては,本校では、以下の対応をとりますので、宜しくお願い致
します。

・・・

※ 原則、部活動は停止します。 

 

 

つまり、緊急事態宣言の期間は、何も出来ない。

 

更に、未成年にはリスクしかないワクチン接種を推奨しているようだ。

 

 新型コロナウイルス
感染拡大防止対策
 年 月 日
中 央 学 院 高 等 学校
校 長 様
感染症予防接種 出停報告書
 年 組 番 氏名 
予防接種実施・副反応により下記の期間自宅で休養したため欠席しました。
予防接種第 《 1 ・ 2 》回目 (○を付けてください)

 

心筋炎は、16~17才の男子だと、通例は0~3件しか発生しないはずなのに、ワクチン接種後、120件発生している。

 

これは、厚労省同様、渋々認めざるを得なかった氷山の一角の数字だろう。

子供を取り巻く環境が、突き抜けた異常さに覆われている。

 

--------------------------------

 

>春まで公式戦はないが、しっかりと積み上げができれば

これが出来る見通しは立たない。デタラメな政治状況=コロナ詐欺が続く公算は高い。

 

もはや、高校野球どころではない。

個人の自由が、根こそぎ奪われる瀬戸際に来ているのだ。