「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。<3章>高校野球の正常化には、『政治』の正常化が欠かせません。在日集団と媚中勢力に侵された「現実」に踏み込むことに致しました。<4章>に向けた準備期間として、「力」を貯めています。

第74回春季関東地区高等学校野球大会 全国レベルでみた #銚子商業 の現在位置①・・・対青藍泰斗

>銚子商業が準決勝を勝ちきった時点で、関心は関東大会に向かっていた。

初めての観戦を予定している。

 

県大会は、野球好きの父を含む家族を帯同して観戦していた。

準決勝木更津総合の勝利を受けて、銚子市近郊(鹿島)が故郷の家族は大盛り上がり。

当然に、翌日の決勝戦を観戦するつもりでいた。

『決勝は観るつもりはない。目的を達成して、消化試合になるケースがほとんどだから。』

がっかりした空気が漂う。

『関東大会を観戦するのはどうか。』

 

この流れで、関東大会観戦が決定した。

銚子商業緒戦勝利を見越して、宇都宮市近郊の自然豊かな宿泊施設を手配した。

 

--------------------------------

 

5/21(土)4:30起床。

家族をピックアップして、清原球場に向かった。

徒歩15-20分程度の臨時駐車場。球場には9:00前に到着したが、既に試合が開始しており、1回裏銚子商業の攻撃から観戦した。

 

スタメン;

 

スコアボードを観ると、1点先制されていた。

 

1回表 青藍泰斗

    1番 石川 蒼(中)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
左安    ノーアウト1塁
1 ボール
2 左安
ノーアウト1塁石川


    2番 稲石 勇太(二)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
投ギ    1アウト3塁
ノーアウト1塁
1 ボール
石川盗塁
ノーアウト2塁
2 投ギ
打者アウト(1-3)
1アウト3塁石川

試合開始4球で、1アウト3塁となった。

観戦して、すぐに気がついたが、県大会での主要球場である清原球場に慣れている青藍泰斗に対し、久方ぶりに出場の銚子商業。

銚子商業の選手に硬さがあるのは明白だった。


    3番 大豆生田 優輝(右)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
一野    1アウト1塁 +1点 1 - 0
青藍泰斗1-0銚子商業


    4番 新井 悠太(左)    右打 3年 投手:飯島 聖矢
遊併    3アウトチェンジ

これが現在のチームの強み。

ガタガタに崩れてもおかしくない流れだが、好守が救いチームを立て直す力がある。

 

--------------------------------

 

清原球場⇒人工芝

 

2回表 青藍泰斗

    5番 押山 真登(三)    右打 2年 投手:飯島 聖矢
遊ゴ失 
遊撃手失策(悪送球)
ノーアウト1塁押山

*まだ心身共にほぐれておらず、「緊張」が伝わってくる名手・押本のエラー。


    6番 田名網 雅也(遊)    右打 3年 投手:飯島 聖矢
三ギ    1アウト2塁
ノーアウト1塁
1 ファウル
2 三ギ
打者アウト(5-3)
1アウト2塁押山


    7番 長嶋 樹哉(一)    右打 2年 投手:飯島 聖矢
投ゴ    2アウト2塁

*躊躇無く、二塁に送球していれば飛び出した二走がアウトのタイミングだった。

大事にいこうが、優先されたのだろう。上のレベルでは命取りになるプレーだ。


1 ストライク(空振り)
2 投ゴ
打者アウト(1-3)
2アウト2塁押山


    8番 黒内 佑大(投)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
遊直    3アウトチェンジ

 

--------------------------------

 

 2回裏 銚子商

    5番 関根 大翔(右)    右打 3年 投手:黒内 佑大
二ゴ    1アウト走者なし
    6番 勝又 大陽(一)    右打 3年 投手:黒内 佑大
遊ゴ    2アウト走者なし
    7番 横田 人夢(中)    左打 2年 投手:黒内 佑大
二ゴ    3アウトチェンジ

青藍泰斗の守備が、グラウンドに慣れている

 

--------------------------------

 

泡を食って球場入りしたため、ここでようやく、スピードガン表示があることに気づいた

3回表 青藍泰斗

    9番 橋本 雅斗(捕)    右打 3年 投手:飯島 聖矢
中飛    1アウト走者なし

⇒131Kの直球


    1番 石川 蒼(中)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
遊飛    2アウト走者なし

*危ないプレーだった


    2番 稲石 勇太(二)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
二ゴ    3アウトチェンジ

 

--------------------------------

 

3回裏 銚子商

    8番 飯島 聖矢(投)    右打 3年 投手:黒内 佑大⇒132K、132K、129K、133K
二飛    
1 ボール
2 ストライク(空振り)
3 ボール
4 ファウル
5 二飛
打者アウト(4)
1アウト走者なし


    9番 前橋 脩太(左)    右打 3年 投手:黒内 佑大⇒131,133
四球    1アウト1塁
1アウト走者なし
1 ボール
2 ファウル
3 ファウル
4 ファウル *9番打者前橋が、レフトにホームラン性の大ファウルを打つ
5 ボール
6 ボール
7 四球
1アウト1塁前橋


    1番 鵜澤 智也(三)    右打 3年 投手:黒内 佑大
ストレートの四球    1アウト1,2塁
1アウト1塁
1 ボール
2 ボール
3 ボール
4 四球
1アウト1,2塁前橋鵜澤智


    2番 押本 柊也(遊)    左打 2年 投手:黒内 佑大
右安    1アウト満塁
1アウト1,2塁
1 右安
1アウト満塁前橋鵜澤智押本


    3番 久保形 怜司(二)    右打 3年 投手:黒内 佑大
二直    2アウト1,2塁 +1点 1 - 1
1アウト満塁
1 ボール
2 ボール
3 二直
+1 (前橋)
打者アウト(4)
二塁手失策(悪送球)

相手セカンドが併殺を焦って、球に手がつかないトス送球がゴロになった
2アウト1,2塁鵜澤智押本

青藍泰斗1-1銚子商業


    4番 加藤 澄海(捕)    右打 2年 投手:黒内 佑大
右飛    3アウトチェンジ
2アウト1,2塁
1 ボール
2 ファウル
3 右飛 132K
打者アウト(9)
3アウトチェンジ

 

--------------------------------

 

4回表 青藍泰斗

ブラバン+チアの応援がある。

目測では、チア7人、ブラバン10数人。これだけで全然雰囲気が変わる。

気が付くと、青藍泰斗を応援している自分がいた。

改めて、その効果の大きさに気づかされた。

 

--------------------------------

 

 4回裏 銚子商

    5番 関根 大翔(右)    右打 3年 投手:黒内 佑大⇒105,117、114、115
左安    ノーアウト1塁
ノーアウト走者なし
1 ファウル
2 ボール
3 ストライク
4 ファウル
5 左安
ノーアウト1塁関根


    6番 勝又 大陽(一)    右打 3年 投手:黒内 佑大
一飛    2アウト走者なし
送りバント失敗⇒併殺

県大会でも課題となっていたが、送りバント(含むスクイズ)の精度という課題を残している。ようやくよい流れになったが、流れを寸断した。
1 ボール
2 一飛
打者アウト(3) 1塁走者アウト(3)
2アウト走者なし


    7番 横田 人夢(中)    左打 2年 投手:黒内 佑大
中2    2アウト2塁
2アウト走者なし
1 ストライク
2 ボール
3 中2
2アウト2塁横田


    8番 飯島 聖矢(投)    右打 3年 投手:黒内 佑大
中安    2アウト1塁 +1点 1 - 2
2アウト2塁
1 ボール
2 ストライク
3 ボール
4 ボール
5 中安
+1 (横田)
2アウト1塁飯島

青藍泰斗1-2銚子商業


    9番 前橋 脩太(左)    右打 3年 投手:黒内 佑大
右飛    3アウトチェンジ

 

ここまで、残塁4

 

--------------------------------

 

5回裏 銚子商

    1番 鵜澤 智也(三)    右打 3年 投手:黒内 佑大
遊ゴ   
1 ストライク(空振り)
2 痛烈な遊ゴ ⇒銚子商業打線が完全に捉えだした。
打者アウト(6-3)
1アウト走者なし


    2番 押本 柊也(遊)    左打 2年 投手:黒内 佑大
三振(空振り)    
1 ボール
2 ストライク
3 ファウル
4 ボール
5 三振(空振り)
打者アウト(2)
2アウト走者なし


    3番 久保形 怜司(二)    右打 3年 投手:黒内 佑大
三ゴ失    2アウト2塁


    4番 加藤 澄海(捕)    右打 2年 投手:黒内 佑大
右安    2アウト1,3塁


    5番 関根 大翔(右)    右打 3年 投手:黒内 佑大
三安    
1 ボール
2 三安⇒116K
+1 (久保形)
2アウト1,2塁加藤関根

青藍泰斗1-3銚子商業


    6番 勝又 大陽(一)    右打 3年 投手:黒内 佑大
二ゴ   
1 ボール
2 ボール
3 ストライク
4 ファウル
5 ファウル ⇒エンドランのサイン
6 二ゴ
打者アウト(4-3)
3アウトチェンジ

 

ここまで、残塁6

 

ここまで、

青藍泰斗:R1、H1、E1

銚子商業:R3、H7、E1

 

 

 6回裏 銚子商

    7番 横田 人夢(中)    左打 2年 投手:黒内 佑大
中安    
1 中安
ノーアウト1塁横田


    8番 飯島 聖矢(投)    右打 3年 投手:黒内 佑大
一バ安  
P 一塁牽制
1 一バ安
ノーアウト1,2塁横田飯島


    9番 前橋 脩太(左)    右打 3年 投手:黒内 佑大
三ギ    

 

    1番 鵜澤 智也(三)    右打 3年 投手:黒内 佑大
右犠   
1アウト,23塁
1 ボール
2 右犠

青藍泰斗1-4銚子商業


    2番 押本 柊也(遊)    左打 2年 投手:黒内 佑大
右飛    

 

ここまで、残塁7

 

--------------------------------

 

7回表 青藍泰斗

    4番 新井 悠太(左)    右打 3年 投手:飯島 聖矢
中越本  

青藍泰斗2-4銚子商業

左中間の1番深いスタンドに叩き込まれた。

後続は、安定した守備力が支えた(特にサード鵜澤 智也)

 

--------------------------------

 

7回裏 銚子商

【守備位置変更】長嶋 樹哉(一→)
【守備位置変更】黒内 佑大(投→一)


    3番 久保形 怜司(二)    右打 3年 投手:長嶋 樹哉
中安    ノーアウト1塁
1 ファウル⇒初球から振っている
2 ファウル
3 中安
ノーアウト1塁久保形


    4番 加藤 澄海(捕)    右打 2年 投手:長嶋 樹哉
投ギ    1アウト2塁


    5番 関根 大翔(右)    右打 3年 投手:長嶋 樹哉
四球    1アウト1,2塁


    6番 勝又 大陽(一)    右打 3年 投手:長嶋 樹哉
中飛    2アウト1,3塁


    7番 横田 人夢(中)    左打 2年 投手:長嶋 樹哉
一直    3アウトチェンジ

 

ここまで、残塁9

取れるときに点を取れていない。

 

--------------------------------

 

8回表 青藍泰斗

    8番 黒内 佑大(一)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
一ゴ    
1 ボール
2 一ゴ
打者アウト(3)
1アウト走者なし


    9番 橋本 雅斗(捕)    右打 3年 投手:飯島 聖矢⇒125K、112,131、131

*飯島の球速は、130K前半だった

 

三飛   
1 ストライク
2 ストライク(空振り)
3 ボール
4 ボール
5 三飛
打者アウト(5)
2アウト走者なし


    1番 石川 蒼(中)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
右安    

青藍泰斗3本目のヒット
1 ストライク
2 ファウル
3 ファウル
4 右安
2アウト1塁石川


    2番 稲石 勇太(二)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
投直    
1 ボール
石川盗塁
2アウト2塁
2 投直
打者アウト(1)
3アウトチェンジ

 

--------------------------------

 

8回裏 銚子商
【投手交代】長嶋 樹哉→#11相馬 璃琉(2年生、右168、65)


    8番 飯島 聖矢(投)    右打 3年 投手:相馬 璃琉⇒118、121、101(カーブ)
二飛 
1 ファウル
2 ストライク
3 二飛


    9番 前橋 脩太(左)    右打 3年 投手:相馬 璃琉⇒118、99(カーブ)
遊飛  
1 ボール
2 ファウル
3 ボール
4 ファウル
5 ボール
6 遊飛


    1番 鵜澤 智也(三)    右打 3年 投手:相馬 璃琉
二飛  
1 ストライク
2 二飛

*何が言いたいか、くみ取って欲しい。

こういう事をしていると、ピンチが来るのは必然だった。

 

--------------------------------

 

9回表 青藍泰斗

    3番 大豆生田 優輝(右)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
右越本   
1 右越本

初球のストライクを取りに行った物の見事な『棒球』だった

青藍泰斗3-4銚子商業


    4番 新井 悠太(左)    右打 3年 投手:飯島 聖矢
左安    ノーアウト1塁
1 ボール
2 ストライク
3 ファウル
4 左安
ノーアウト1塁新井


    5番 押山 真登(三)    右打 2年 投手:飯島 聖矢
投ギ  
1 投ギ
打者アウト(1-4)
1アウト2塁新井


    6番 田名網 雅也(遊)    右打 3年 投手:飯島 聖矢
三ゴ   
1 ボール
2 ボール
3 ボール⇒カウント3-0
4 ストライク
5 三ゴ
打者アウト(5-3)
2アウト2塁新井


【代打】相馬 璃琉→藪下 来生
    7番 藪下 来生(打)    左打 2年 投手:飯島 聖矢
左邪飛    
1 左邪飛
打者アウト(7)
3アウトチェンジ

 

ゲームセット

    飯島 聖矢 :完投、球数100

 

<感想>

12年ぶりの出場

内容よりも結果が大事であり、この勝利で心身共に固さがほぐれたのではないか。

明日の全国レベル・明秀日立との対戦で、現在の位置が計れるだろう。

最後はひやひやにみえたが、仮に同点に追いつかれたとしても、青藍泰斗は投手を使い切っており、勝利は疑っていなかった。

反って反省材料が残されてよかったと、前向きに捉えていた。

 

 

土砂降りの雨が降りしきる中、自然豊かな宿泊場所に向かった。