「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。<3節>高校野球の正常化には、『政治』の正常化が欠かせません。在日集団と媚中勢力に侵された「現実」に踏み込むことに致しました。

#武漢ウイルス渦 を利用して、関西国際空港に、中国製の『ウイグル自治区の人権侵害』システムを導入した「外来種」 #吉村洋文 #スマートシティ

前回の記事で、鹿島アントラーズの本拠地である鹿嶋市における中国化の危機(スマートシティ)に触れた。行政(首長)の危機感の無さ世界情勢の無知ぶりを示す一例に過ぎない。 

*鹿嶋にいる親戚に連絡してみた。無能なのは知っているが他にいないそうだ。

www.otonarashino.com

 

 

無知なのも酷いが、分かっていながら積極的に中国化を推進している自治体もある。

最たる例は、大阪維新に牛耳られた「大阪」だ。

 

一部の国士の記者を除き、売国振りが目立っている産経新聞;

www.sankei.com

 

“やっぱ関西好きやねん!“ JCVが関西国際空港にAI温度検知機器導入

日本コンピュータビジョン株式会社

 旅の起点となる空港にて、安心感を「見える化」するSenseThunder

 ソフトバンク株式会社の子会社、日本コンピュータビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、以下「JCV」)はAI高速温度検知システム「SenseThunder-Mini」を、「関西エアポート株式会社(本社:大阪府泉佐野市)が運営する「関西国際空港」に納品しました。関西から出発されるお客さまの旅を、より安心安全にサポートする事を目的に本システムが利用されます。

 「SenseThunder」は、AI(人工知能)を活用した顔認識技術と赤外線カメラにより、対象者がマスクや眼鏡を着用したままでも、所要時間0.5秒でなくスピーディーに発熱の疑いがある方をスクリーニングします。新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の取り組みの一つとして、関西国際空港の保安検査場に設置されました。

 「SenseThunder-Mini」の導入により、お客さまがご自身の体調※をストレスなく即時に確認頂ける事で、空港内、機内、旅先で安心して快適な時間をお過ごし頂くことにつながります。関西を愛する皆さまが快適な旅を終え、ふたたび関西に元気にお戻り頂く姿をお待ちしております。

 JCVは、日本社会がより安全で元気な姿に戻る為の支援として、「SenseThunder」の納入を通し、様々な施設における安全安心な環境づくりに貢献してまいります。

■AI温度検知ソリューション「SenseThunder」 導入システム:SenseThunder-Mini

 (https://www.japancv.co.jp/solutions/thermography/

 ・対象と1.2メートル離れた距離でも、所要時間0.5秒で温度検知を行い、±0.4度の精度で可能。

 ・独自のアルゴリズムにより、マスクを着用したままでも高精度かつ高速な温度検知が可能

 ※医療品医療機器法(薬機法)の定める体温計ではないため、医療診察では利用できません。

■ 日本コンピュータビジョン (JCV)について  https://www.japancv.co.jp

 日本コンピュータビジョン株式会社(JCV:Japan Computer Vision Corp.)は、ソフトバンク株式会社の子会社で、AI技術を活用し、スマートビルディング分野やスマートリテール分野に対し最先端の顔認証ソリューションを提供するビジョナリーカンパニーです。

 JCVは、最先端の技術に、日本国内で求められる個人情報保護や高水準のセキュリティを加え、人々が幸せに暮らせる、より効率的で便利な新しい世界の出発点となるようなプロダクトを生み出していきます。

<コメント>

産経新聞が提供した、

> 人々が幸せに暮らせる

> ソフトバンク

 のプレスリリースだ。

 

 >SenseThunder

 ソフトバンクの子会社のHPを観たが、通常当たり前の事である「メーカー」名が無い(特定できない)。

 

www.it-square.hk

埋め込みを開いてみてください

 商湯科技推體溫檢測 配合考勤系統助復工
[新科技速遞] [ 人工智能 AI] [人臉識別] [商湯 Sensetime][SenseThunder]

 

 メーカーが特定された;

センスタイム の画像解析・認識技術を活用し、スマートシティの構築を支援します。
わたしたちのコアテクノロジーである世界屈指の顔認証技術をはじめとする最先端AIと連携させた
スマートシティ(都市や地域の機能やサービスを効率化・高度化し、生活の利便性や快適性を向上させると
ともに、人々が安心・安全に暮らせる街)の建設にむけ、多角的なサポートをいたします。

 

--------------------------------

 >人々が安心・安全に暮らせる街)の建設にむけ、多角的なサポート

 をする、らしい

センスタイム

 

ja.wikipedia.org

<抜粋> 

商湯科技開発有限公司(センスタイム)(英: SenseTime Group Ltd)は中華人民共和国香港特別行政区新界沙田区に本社を置くディープラーニング技術を応用した人工知能と顔認識技術の研究と開発を手がけている企業である。Shangtang Technologyとも呼ばれる。

 

この顔認識技術は中国のAI監視ネットワーク「天網(SkyNet)」[8]、上海申通地鉄集団の交通モニタリング[9]、ネイバーのカメラアプリSNOWなどに利用されている[10]。

2019年10月、アメリカ合衆国商務省産業安全保障局は新疆ウイグル自治区の人権侵害(一体化統合作戦プラットフォーム[11])への関与を理由にセンスタイムや監視カメラ世界最大手のハイクビジョンなど28法人への米国製品の輸出をエンティティ・リストによって禁止した[12]。

 

2017年12月7日 - 本田技研工業と5年間の長期共同開発契約を締結

2018年9月11日 - ソフトバンク・チャイナ・ベンチャー・キャピタルより10億ドルを調達

 

--------------------------------

 

>ウイグル自治区の人権侵害

を理由に、

>センスタイムや監視カメラ世界最大手のハイクビジョンなど28法人への米国製品の輸出をエンティティ・リストによって禁止した

中国(共産党)企業であり、

>ソフトバンク

が、10億ドル出資している。

 

記事を観ると、その要警戒企業の製品を

>新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の取り組み

を利用して(ショックドクトリン)導入している。

「9月入学」と同じで、どさくさ紛れに行う悪辣な手法。

 

こうした主張を「ショック・ドクトリン」と呼び、現代の最も危険な思想とみなしている。そして、近年の悪名高い人権侵害は、反民主主義的な体制による残虐行為と見るばかりでなく、民衆を震え上がらせて抵抗力を奪うために綿密に計画され、急進的な市場主義改革を強行するために利用されてきた側面に注目すべきと説く。

 

--------------------------------

 

誰の思惑で実行されたのか。

後先を考えず、有頂天になっているパフォーマーなので、堂々と尻尾を出している。

www.youtube.com

 

6/25(木) 17:19
サンケイスポーツ ⇒産経新聞Gの徹底した維新押し
 
 大阪府の吉村洋文知事(45)が25日午前、大阪府庁で囲み会見に応じ、午後に行われた大阪府泉佐野市の関西国際空港への狙いなどを話した。

 「コロナ第2波を起こさせないという意味では水際対策が非常に大事。関空の水際対策がどうなっているのかを含めて視察したい」感染防止対策をしっかり練った上で再開させたい構えだ。

 「鎖国し続けるわけにもいかないし、関西経済を考えたときに拠点になるのは関空になるのは間違いない。関空に外から入ってくる上での対策はどうすべきなのか、現場のみなさんの意見もお聞きして進めていきたい」と話し、最終的には国への要望にも反映させていきたいという。

 この日、出入国制限を段階的に緩和することで合意したベトナムへの臨時便の第1便が成田空港を出発。これに吉村知事は「感染が抑えられている地域と交流が始まるのは当然。日本だけで日本の経済は成り立っていませんので。でもその中身、やり方が重要」と慎重な姿勢を見せた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200625-00000593-sanspo-soci

 

<コメント>

>感染が抑えられている地域と交流が始まるのは当然。日本だけで日本の経済は成り立っていません

 

>感染が抑えられている

と主張している中国(人)の呼び込み(インバウンド)を再開したいため、

 

データ管理社会の実現、つまりデータを通じた監視管理社会の実現であり、中華未来主義の実践、平ったく言えば、「中国化」の推進

 

を、お仲間の在日集団マスコミを駆使して推進しているのだ。

 

 

 

 

「経済専門」というイメージを利用した隠れ偏向報道番組 #モーニングサテライト / 名門 #鹿島アントラーズ に隠れた鹿嶋市の中国化推進 #スマートシティ

目覚め後に、それぞれ朝のルーチンがあると思われます。

私の場合、早朝トイレで(いったん)目が覚める。

二度寝したいのだが、

飼猫が殺到する。

飼い犬も目を覚まし、庭に出す。

そうこうしていると、眠気が失せてコーヒーを飲む。

必然的にテレビのスイッチを付ける。

そうして観る番組の一つにテレビ東京「モーニングサテライト」(AM5:45-)があります。

かれこれ、断続的に9年間視聴しています。

 

武漢ウイルス騒動で、選定基準不明のいわゆる「専門家」会議が注目され、ここに選定基準不明の経済の「専門家」を加える事になりました

予想通り、緊縮財政・グローバリストの「日本解体」推進者が選ばれました。

またもや肩書きは、「慶應大学客員教授」です。

 

そのタイミングで、

「モーニングサテライトに出演している専門家の方が実務的知識があり遙かにマシだ。」

という投稿がありました。

主は、愛国者としてたくさんのフォロワーを持つアカウントでした。

日頃の頑張りに敬意を表して突っ込むことは控えましたが、この方は何も分かっておりません。

 

モーニングサテライトは、「とんでもない偏向番組」です。

経済に特化しているイメージがあるようで、しかも誠実そうなアナウンサーが淡々と(フェーク)ニュース原稿を読むためか、情弱は簡単に騙されるのでしょう。

日経新聞を「経済専門」なので「反日ではない」と思い込んでいる層に共通する誤解です。

 

f:id:otonarashino:20200627120746j:plain

 

本来の視聴目的ではありませんが、この番組のおかげでグローバル(米国民主党・中国共産党・在日集団)な視点を含めて左翼が持っていきたい世論操作の手口がよーく分かります。

 

・ 反トランプ(親バイデン)

・ 緊縮財政(消費増税推進)

・ 反安倍首相

・ 在日企業(ソフトバンクなど)の宣伝

・ 徹底的な中国(CCP)称賛

etc

 

まともな(中立な)専門家は堀古英司氏などごく数人で、

そのほとんどがあからさまな財務省の意向に沿った傀儡「専門家」です。

何度かブラウン管を破壊しそうになりました。視聴者を舐めきった言動は看過できるレベルではありません。そういった連中が、政府の専門家会議に招集されることもあります。

 

ここのところ特に目立った報道;

 

 >反トランプ(親バイデン)

this.kiji.is

 

トランプ氏3カ月ぶり大規模集会

反転攻勢狙うも空席目立つ

©一般社団法人共同通信社

 

【ワシントン共同】トランプ米大統領は20日、11月の大統領選に向け、南部オクラホマ州タルサで約3カ月ぶりに大規模集会を開いた。白人警官による黒人男性暴行死事件などへの対応を批判され支持率を落とす中、新型コロナウイルス感染拡大で中断した選挙運動の本格再開で反転攻勢を狙ったが、会場は空席も目立ち、再選に向け不安を残す再始動となった。

 同州では新型コロナ感染者が急増しており、感染拡大への地元当局の懸念を無視し集会を強行したことへの反発が影響したとみられる。黒人男性暴行死事件に抗議するデモ隊に強硬姿勢を取ったことへの非難も根強く、低調な出足につながった可能性も。

 

 <コメント>

 に注目して欲しい。

おなじみのフェイクニュース批判が殺到して、これでもマイルドにしたつもりなのだろう。

 

削除した部分;

 選挙対策団体は体温検査を実施し、マスクを配布したが、着用は義務付けず、お互いに距離を取る措置も導入しなかった。選対は20日、準備に当たっていたスタッフ6人の感染が判明したとも明らかにした。

 

 

この共同通信の報道と完全に連携した6/22(月)のモーニングサテライトの報道;

 

<コメント>

共同通信のフェイクニュースと忠実に連携していた。

だめ押しに「専門家」が登場した。

 

 「トランプ大統領が再選する確率は33%だ。」

政治コンサルタント

ジョン・パドナー氏

 

とある。

視聴していたが、トランプの悪口をまくし立てていた。

民主党バイデンに肩入れする勢力が起用しているのが丸わかりだが、一体どこと繋がっているか気になったので調べてみた。

その結果、ネット上にはこの  

政治コンサルタント

ジョン・パドナー氏

 の情報がない、事が分かった。

モーニングサテライトは、一体どこからこの「役者」を引っ張ってきたのだろうか。

 

 

在日企業(ソフトバンクなど)の宣伝

 

 

一言で言えば、

 「ネット興亡記」なる連載で、孫正義の神格化を謀っていた。

私は馬鹿馬鹿しいので飛ばした(観ていない)。

 

 

 そして何より目立つのが

徹底的な中国(CCP)称賛

 だ。

どんなトピックであろうが、アナウンサーが誘導して、専門家とやらが、

・ 正義の中国

・ トランプが大統領である米国

に言及する。徹底している。

 

 

個人的に気になった話題もあった。

私の田舎(故郷)「鹿嶋市」だ。

かつて、鹿島神宮をシンボルに田園が広がる風景だったが、住友金属の城下町として一変した(してしまった)。

私が、銚子商業のファンになった原点になる。

茨城県であるが、近隣かつ通学圏内であり、私の少年時代、熱狂的銚子商業ファンで溢れていた。

 

https://jcc.jp/news/16054585/

 2020/06/15 BSテレ東 【Newsモーニング・サテライト
サッカーの町カシマのいま…
茨城・鹿嶋市は鹿島神宮があり鉄鋼業が中心の工業都市。
茨城県立カシマサッカースタジアムは1993年完成、日本初の屋根付きサッカー専用スタジアム。
コロナショック後の試合中止によりスタジアムも町も静まり返ったまま。
スタジアムグルメが有名な鹿島スタジアム。
地元の店を中心に約30店舗が営業。
行列のできるやまびこ料理長・伯耆淑宏は「スタジアムの売り上げはゼロ」とコメント。
サッカーJ1は来月4日から無観客で再開。
錦織孝一鹿嶋市長は「今ではアントラーズ抜きにしては鹿嶋のまちづくりは語れないという状況」とコメント。
鹿嶋市、メルカリ、鹿島アントラーズは今年2月「地方創生事業に関する包括連携協定」を締結。
鹿島アントラーズエフシー社長・小泉文明が解説。
スタジアムをラボのような形でスタジアムを中心に色々実験していきたい。
具体的にはチケットや物販を全て顔認証でやっていこうと思っている
デジタルを使ってサッカーに寄れなかった人に対しても感動を届けていきたい。
げたや蕎麦店主・内野芳蔵のコメント。
楽天(東北楽天、ヴィッセル神戸)、サイバーエージェント(FC町田セルビア)、アカツキ(東京ヴェルディ)、ミクシィ(千葉ジェッツふなばし)の表記有。

 

<コメント>

テレビ画面を観ると「スマートシティ」の文字。

これは「やばい」とピンときた。 

 

 クラブ発足時から住友金属工業が主たる株主で、合併により会社組織を引き継いだ新日鐵住金→日本製鉄が大株主として運営してきたが、2019年7月30日、日本製鉄とその子会社が持つクラブ運営会社(鹿島アントラーズ・エフ・シー)の発行済み株式72.5%のうち61.6%を、クラブスポンサーでスマートフォン向けフリマアプリの企画・開発・運営を行うメルカリに譲渡することを発表[3][6]。公正取引委員会の承認が得られ、同年8月30日をもって筆頭株主がメルカリに異動した。社長には、メルカリの取締役社長兼COOを務める小泉文明が就任した。

 

 

merpoli.mercari.com

 

今回、鹿嶋市、鹿島アントラーズと締結した協定の概要は以下の通りです。

(1)鹿嶋市、メルカリ、鹿島アントラーズの三者連携によるスマートシティ事業推進

(2)プロサッカークラブ「鹿島アントラーズ」を中心とした地域再生の企画及び実行

茨城県立カシマサッカースタジアムにおける生体認証導入の実証実験を予定
今季発足の「鹿島アントラーズビジネスクラブ」において、地域の事業者などに本協定に関わる新たなビジネス機会を提供予定
(3)官民データや情報通信技術などを活用した鹿嶋市及び周辺地域の課題の解決

(4)その他鹿嶋市における地方創生事業の企画及び実施

(5)前各号に掲げるもののほか、鹿嶋市、メルカリ、鹿島アントラーズが合意する事項

 

今回の鹿嶋市との包括連携協定締結は、鹿島アントラーズを含む初めての自治体との包括協定となりました。

メルカリと自治体との連携協定の締結は、神奈川県、岐阜市、仙台市、千葉市、箕面市、神戸市、福岡市、鎌倉市に続き9例となります。

政策企画チームでは、メルカリと自治体との連携を通じて、今後も地域課題の解決に貢献していきたいと思っています。

 

 

<コメント>

メルカリの大型IPOを、モーニングサテライトが連日に渡り大々的に取り上げて、

在日集団マスコミが熱狂的に報じていたことが記憶に新しい。

株式市場から、何らかの目的のために「圧倒的資金」が供給されたのだ。

 

>スマートシティ事業推進

 

>錦織孝一鹿嶋市長

の経歴を確認したが、何がなされようとしているのか、理解しているようには思えない。

 

>スーパーシティ法案、ポイントは規制改革というよりデータ管理社会の実現、つまりデータを通じた監視管理社会の実現であり、中華未来主義の実践、平ったく言えば、「中国化」の推進なのです。 

 

鹿嶋市の「中国化」が、メルカリという媒体を介して推進されているのだ。

モーニングサテライトにおける

>在日企業(ソフトバンクなど)の宣伝

 の一つと思われる。

 

www.otonarashino.com

 

虎の門系ビジネス保守の『二重スパイ』戦法と、それを称賛してしまう読みの浅い保守系「情弱」・・・深刻である #門田隆将

気になるTweetがあったので、そのビジネス保守の最近の影響力を測るため、その反応(リプライ)を観ていた。

50分経過しても、「称賛」の嵐で一向に同調できるリプが出てこない。

記事を書いている間に2時間が経過した

 

どうやら、このインフルエンサーが支持すると言えば、同じ方向を向いてしまう「情弱」は増殖中のようである。

 

二重スパイ(double agent、double secret agentdouble secret agent)は、諜報活動において、組織(政府)のために敵組織(政府)をスパイしながら、その敵組織(政府)から逆に組織(政府)をスパイするよう雇われた人物のこと[1]。逆スパイともいう[2]。

二重スパイは一般に、敵組織に潜入したスパイによって新たに育成するか、スパイを寝返らせる。捕まえたスパイを処刑すると脅かして二重スパイに仕立てたり、二重スパイをリダブル・エージェントにする。二重スパイは情報を得られる部署に所属しているが、離反者はそうでないため、二重スパイとは呼ばれない。しかし離反するまで情報を得られる部署に所属していた離反者もいたりする。

二重スパイは防諜目的に敵側に偽情報を伝えることもよくある。その場合、以前から真実の情報を与えて敵側の信頼を得ておく。そうした情報は真実であるが役に立たなかったり、逆効果だったりする情報にしておく。[3]

 

f:id:otonarashino:20200621180622j:plain

 

 今日の「そこまで言って委員会」で日本の"内なる敵"について話をさせてもらった。国民の命の「敵」、つまり日本を攻撃する国の為に動く政治家・マスコミの事だ。彼らの空論に乗り敵国の利益を代弁する勢力を支持する人々が私には分らない。未だ敵基地攻撃能力さえタブー視される現状。理解不能である。

 

<解説>

日本を攻撃する国の為に動く政治家 

日本を侵略している中国共産党に親和的な大阪維新

 

>彼らの空論に乗り敵国の利益を代弁する勢力を支持する人々 

 大阪維新の空論に乗り中国共産党の利益を代弁する勢力(大阪維新)を支持する人々

⇒虎の門系ビジネス保守=門田隆将

 

そのような背景を見通すことが出来ず、「正論」に飛びつき、「称賛」する保守系情弱」

 

 

> 理解不能である。

 

心底、お気づき頂きたい。

 

--------------------------------

 

本日、最もインパクトのあったTweet;

目的(力を注ぐ方向)が理解できない。

 

 cooperation;

 

 

毎日新聞全国世論調査:「都知事にふさわしいのは」小池氏の意味は、純粋な日本人にとって「最悪の選択肢」ということ #中共 #小池百合子 #エジプトのシシ大統領

昨日の記事で、産経・FNN合同世論調査が1年間にわたり捏造(プロパガンダ)を垂れ流していた事を取り上げた。

www.otonarashino.com

 

早速、都知事選に影響を与えることを目的とした根拠不明(HOW:どのような方法で調査したのかすら記載がない)の世論調査とやらが報じられている。

 

「都知事にふさわしいのは」小池氏51%、宇都宮氏10% 毎日新聞全国世論調査
毎日新聞2020年6月20日 18時51分(最終更新 6月21日 01時07分)

 

毎日新聞と社会調査研究センタの20日の全国世論調査では、東京都知事にふさわしいと思う人を選んでもらった。都知事選(7月5日投開票)で国政政党の支援を受けている5候補を選択肢に挙げたところ、現職の小池百合子知事と答えた人が51%を占めた。以下は宇都宮健児氏10%▽山本太郎氏8%▽小野泰輔氏7%▽立花孝志氏2%――だった。

 東京オリンピック・パラリンピックが来年開催できると思うかも質問した。「開催できると思う」は21%にとどまり、「開催できないと思う」が59%に上った。【佐藤航】

 

<備考>

mainichi.jp

>社会調査研究センター

 

--------------------------------

 

単に、「緑のたぬきを都知事にしたい」を目的としているのだろう。

 

>社会調査研究センタ

ssrc.jp

社名 株式会社社会調査研究センター
代表取締役社長 本 正生
所在地 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 国立大学法人 埼玉大学内
設立 2020年4月1日
資本金 300万円
従業員数 3名
取引銀行 埼玉りそな銀行 本店営業部

 

本正生プロフィール
1990年 法政大学大学院政治学専攻博士後期課程修了(政治学博士)

 

--------------------------------

 

香ばしい匂いが漂う。

従業員数 3名の会社が、どのような

>全国世論調査

を実施した(できた)のだろうか。

 

 

毎日新聞とCCPの関係;

www.theguardian.com

f:id:otonarashino:20200621102605p:plain

右上に、発行部数:660万部???の毎日新聞とある。

 

英ガーディアン紙が「中国国営メディアは、海外30以上の大手メディアと提携し、”CHINA WATCH”というプロパガンダ記事を報じさせている。日本では毎日新聞が担っている」と報じた。

 

--------------------------------

 

誠に分かりやすい。

世論調査ではなく、「世論誘導=扇動」を仕掛けている、のだろう。

CCPの意志は、

「次の都知事も小池百合子が都合が良い」

ということだ。

サイレントインベージョンの視点でみた場合、

最悪の選択肢が、緑のたぬきであることを示している。

 

 

 小池百合子とエジプトの軍部・情報部との癒着を再確認する。

 

>小池氏の学歴偽証については長年、疑惑が出てきては、日本からのメディアの取材に対して、カイロ大学が卒業を認めることを繰り返しては収束してきました。その背後には、こうした小池知事のハーテム人脈を頂点するエジプトの軍部・情報部と大学の権力階層構造があるわけです。

 そして今回ついに、エジプト軍閥が都知事選を前に外交カードを切ってきた。長年、“子飼い”にしてきた小池都知事の“卒業証明”について、大使館を通じ声明を発表したというわけです。見かけ上はカイロ大学長の文書ですが、彼は独裁者シシを筆頭にする軍閥のお飾り御用学者にすぎません。声明が大使館という国家間外交ルートから出されたことも、その傍証です。

 この世には、冒頭で述べた“超法規的な”殺害があるように、“超法規的な”卒業というものが存在するのです。

 学歴詐称の疑惑の先にある、真の問題は、今回の声明への見返りが何かということです。

 小池氏はこれまでハーテム人脈の権力構造により、特別待遇を受けてきた。その恩に加え、小池氏は、学歴詐称疑惑の渦中で迎える都知事選の直前、エジプトの軍閥から助け舟を出された格好です。

 エジプト上層部・カイロ大学側にしても、何のメリットもなければ、いくらハーテム人脈といっても長年、わざわざ小池氏を擁護する理由はありません。これは、日本の国益にとって、より本質的な問題といえます。

 この問題は、学歴詐称よりさらに深刻なことは明白です。

 エジプトの軍部・情報部に借りがあり、弱みを握られた日本人が現職の東京都知事、そして「日本初の女性首相」候補だったとしたら・・・。

www.otonarashino.com

 

--------------------------------

独裁者シシを筆頭にする軍閥

 

英ガーディアンの記事において、CCPの工作(プロパガンダ)の主体となっている、中国国際放送局の記事;

japanese.cri.cn

習主席、エジプト大統領と会談

2019-04-25 21:30  CRI
 

图片默认标题_fororder_1124417413_15562031778081n (1)

 習近平国家主席は25日、人民大会堂でエジプトのシシ大統領と会談しました。

 習主席は会談で、「エジプトはアフリカ連盟の輪番議長国であり、シシ大統領の第2回『一帯一路』国際協力サミットフォーラムへの出席は、エジプトの積極的な参加を示していると同時にアフリカ国家が互恵共栄と共同発展を実現させたいと願う普遍的な声を反映している。中国はエジプトとの関係を高く重視している。双方は政治における相互信頼を深めて、互いの核心的利益と重要な関心事において支持、協調し合うべきだ。中国は、エジプトが自国の国情に適した発展の道を模索することを支持し、スエズ運河回廊開発計画に積極的に参加して、スエズ経済貿易協力区の建設及び生産能力、インフラ施設建設などの分野における協力を推し進めたい。また、中国はエジプトにおいて、青年を対象とした技術研修を引き続き行っていきたい」と述べました。

 シシ大統領は、「エジプトは新中国と最初に国交を樹立したアラブ国家である。エジプトは中国の発展の成功経験を学び、自身の発展計画と偉大な『一帯一路』イニシアティブを緊密に連結させ、幅広い分野における協力を深めることを望んでいる。また、エジプトはアフリカと中国の友好協力関係の深化に努めていきたい。中東問題における中国の公正な立場を評価するとともに中国が引き続き建設的な役割を発揮することに期待している」と示しました。(RYU、星)

 

<コメント>

>シシ大統領

偉大な『一帯一路』イニシアティブを緊密に連結させ、幅広い分野における協力を深める

 

『一帯一路』で連携している2国の共通点;

・ (軍事)独裁国家

・ 独裁メディア(テレビ・ラジオ・新聞)によるプロパガンダで統制された情報統制国家

 

つまり、

エジプトの情報部に弱みを握られている小池百合子は、

エジプトを介して、間接的にCCP(中国共産党)に弱みを握られているのだ。

 

毎日新聞の全国世論調査という扇動が報じている、

>「都知事にふさわしいのは」小池

は、

純粋な日本人にとって「最悪の選択肢」ということだ。

 

 

 

「産経新聞が保守言論の最後の牙城であり信用できる」とう幻想・・・あからさまな #小池都知事 #大阪維新 応援団であり、その扇動機関であるという現実

程度問題があるが、自分で情報の真偽を調べようとしない「情弱」に一つの神話がある。産経新聞が保守言論の最後の牙城であり信用できる、というものだ。

昨今の産経新聞の傾向は、

 

① 緑のたぬきの思惑で操作された東京都の武漢ウイルス感染者を垂れ流して、煽りに煽り、非常事態を宣言させるべく、緑のたぬきと協調していた。

あからさまな小池百合子応援団である。

 

その原因の一つを前回記事にした。

 

>緑のたぬき擁護が著しい産経新聞記者・尾崎良樹

f:id:otonarashino:20200619182227j:plain

「希望の党」事務総長:尾崎良樹

www.otonarashino.com

 

② あからさまな維新応援団

 

③ 共同通信のフェイクニュースを何の検証もしないで垂れ流す

<追記>6/21

 トランプ選対は会場で体温検査を実施し、マスクを配布したが、着用は義務付けず、お互いに距離を取る措置も導入しなかった。選対は20日、集会の準備に当たっていたスタッフ6人の感染が判明したと明らかにした。(共同)

 

 

呆れかえり、産経新聞のフォローを外すユーザーのコメントをよく見かける。

当然だろう。

私は継続して見続けている。その報道の真偽とは別に必要性があるからだ。

 

スパイ防止法すらない無防備な環境で、CCPの工作および寄生している在日集団が入り込んでいない方がおかしい、とみている。一部の真っ当な産経新聞記者の矜持だけで抑えられるはずもない。

 

そして、その工作の一端が表面化した。

 

 

産経・FNN合同世論調査、委託先社員が不正
2020.6.19 11:39政治政策

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で、調査業務を委託していた調査会社「アダムスコミュニケーション」(本社・東京都)が再委託した「日本テレネット」(本社・京都市)の社員が約1年間にわたり、計14回分の調査の一部で不正なデータ入力を行っていたことが19日、分かった。

 産経新聞社とFNNは昨年5月、合同世論調査の業務委託先について、それまで長年契約していた調査会社との契約終了に伴い、アダムス社に変更した。変更後の調査は昨年5月から今年4月までが1カ月に1回、今年5月が2回の計14回。6月はまだ実施していなかった。

 世論調査は全国の18歳以上の男女約1千人を対象に電話によるアンケート形式で実施。アダムス社は14回分すべてについて、無作為に選んだ固定と携帯の電話番号約1千件の約半数を日本テレネットに割り振っていた。

 産経新聞社とFNNの調査によると、日本テレネットが請け負った毎回約500件のうち百数十件について、同社コールセンターに勤務する社員が、実際には電話をかけずに架空のアンケート結果を入力していた。こうした不正の件数は総調査件数の約17%となり、提出を受けた記録などで確認された。


 不正を行った社員は調査に対し「オペレーターの人集めが難しかった」「利益を増やしたかった」と説明している。

 産経新聞では今回不正が明らかになった計14回の世論調査の結果を伝えた記事をすべて取り消します。報道機関の重要な役割である世論調査の報道で、読者の皆さまに誤った情報をお伝えしたことを深くおわび申し上げます。

 報道機関の世論調査の結果は、政党や政権への支持率重要な施策に関する賛否の割合など社会の重要な指標であり、読者の皆さまのさまざまな判断や行動にも影響を与えるものだと考えています。その内容に不正なデータが含まれていたことを、極めて深刻な事態だと受け止めています。

 産経新聞社とFNNでは、委託先の選定で問題がなかったかどうかなどをさらに検証しています。確実な方法を確認して導入するまで、世論調査を休止します。

 

<コメント>

>読者の皆さまのさまざまな判断や行動にも影響を与える

 

在日集団マスコミが、主にワイドショーを使って、「扇動」を続けている。

そのベースとされる世論調査が信用できない、というわかりきったことが立証されたことに意味があるだろう。

 

「社員」1人の不正とされているが、そんなはずはなく、組織的な不正であることは明らかだ。

 

>スパイ防止法すらない無防備な環境で、CCPの工作および寄生している在日集団が入り込んで

 

いるだろう。

こんな不正が許されるならば、どんな数字も作れるし、既にこの類いの手法を使った世論調査がまかり通ってきたことは確実だ。

 

流石の調査を実施している猛者が既におられた。

産経とフジの世論調査の委託先の下請けだった【日本テレネット】の代表取締役会長は辻元清美・福山哲郎・前原誠司といった野党大物政治家に寄付してます。 

 

 

> 産経新聞社とFNNでは、委託先の選定で問題がなかったかどうかなどをさらに検証しています

 

産経新聞に矜持があるなら、深層を徹底的に洗い出してもらいたい。

が、現在の政治の体たらくでは(後押しが期待できず)期待薄だろう。

 

 

虎の門系のビジネス保守が盛んに利用して、大阪維新押しをしていた

産経・FNN合同世論調査

が記憶に新しい。

 

立民の支持率急落 維新が野党トップ 産経・FNN合同世論調査

2020/04/13

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が11、12両日に実施した合同世論調査では、野党第一党の立憲民主党の支持率が3・7%と急落し、新型コロナウイルス対応をめぐって安倍晋三政権への批判を取り込めていない現状が浮き彫りになった。一方、日本維新の会が5・2%と急伸し、野党トップの座に躍り出た。

 立民の支持率は3月の7・7%、2月の8・6%、1月の5・9%から大きく落ち込んだ。

 立民は国会審議で「桜を見る会」などの追及に力を入れ、“初動対応”で批判を浴びた。緊急事態宣言を定めた改正新型インフルエンザ等対策特別措置法には賛成したが、他の野党が消費税減税を訴える中、枝野幸男代表は慎重な姿勢を崩さず、政権との明確な対立軸を打ち出せていない。

 これに対し、維新は3月と2月の支持率はいずれも3・8%、1月は2・9%で、今回上昇が目立った。

 お膝元の大阪府で感染が広がったが、維新副代表を務める吉村洋文知事は独自のクラスター(感染者集団)対策や患者の急増に備えた医療態勢の構築などに取り組む。元代表の橋下徹氏もメディアなどで発信を強めており、政府の対応に不満や疑問を持つ層の支持を集めた可能性がある。
(sankeibiz)

 

 

 使命感に燃える市井の人々こそ日本の宝。「コロナ対策を自衛隊から学び、防護服の着方も学んでいた。僕やTVコメンテーター、インテリは防護服を着た事はない。現場が命を守ってる」と大阪府知事。若いのに有難う。国民は現実政治家の議論を待ち望む。政治よ、国民の命を守れ。

 

 

<コメント>

この産経・FNN合同世論調査の

>日本維新の会が5・2%と急伸し、野党トップの座に躍り出た。

号砲にして

 マスコミを利用した大阪維新の攻勢が激しくなった、のは偶然でしょうか。

 

いいや、

明らかに「工作」です。

 

 

#小池都知事 の都民の税金(都知事特別秘書)を使ったマスコミ懐柔と「世論操作」のカラクリ / 元国会議員秘書であるプレジデント社の編集長を使った学歴詐称の打ち消し工作

 「情弱」ではない真っ当な都民にご同情申し上げる。

どの候補を選んでも、混乱必至の究極の消去法が求められそうだ。

 

願わくば、CCPの工作に加担している在日集団の押している候補者は排除して欲しい。

論外の候補者ばかりが出揃い、在日集団マスコミがコントロールする中での選挙戦が行われているようだ。

個人的には、マスコミに存在を消されている候補者がベターと考える。

 

日々の報道に目配せしているが、またも突出していかがわしい腐臭漂う記事があった。

100%韓国目線の記事=編集責任者(のDNA)が日本人ではない公算が極めて高い

president.jp

この記事の執筆者;古谷 経衡(ふるや・つねひら) 文筆家

 

 

またも、緑のたぬきの学歴詐称を擁護していたプレジデント社だ。

 

 >このいかがわしい雑誌が緑のたぬきを擁護している。 

www.otonarashino.com

 

--------------------------------

 

『女帝 小池百合子』を深掘りする。

f:id:otonarashino:20200619183435j:plain

小池百合子「人を動かす100の言葉」  出版プレジデント社

「小池語録」とやらを羅列した、

緑のたぬきに対するあからさまな礼賛本

 

f:id:otonarashino:20200619182208j:plain

東京都知事政務担当特別秘書:宮地 美陽子

 元読売新聞記者

 

その特別秘書の

緑のたぬき擁護が著しい産経新聞記者・尾崎良樹

f:id:otonarashino:20200619182227j:plain

「希望の党」事務総長:尾崎良樹

 

候補者選別を仕切った産経出身の尾崎良樹氏がいまも事務総長として

kibou_03_20171126.jpg

 維新に対する玉木代表の立場は不明瞭だったが、これも小池氏への忖度にしか見えない。「希望と維新が統一会派を組んで野党第一党になる」という機会を虎視眈々と伺っているのは間違いないだろう。

 総選挙で候補者調整(選定)に関わったとされる「産経出身の尾崎良樹事務総長」も党本部に居座っていた。党本部で「小池代表の辞任がいつ決まったのか」と聞くと、女性事務員が「尾崎良樹事務総長しか分かりません」と言って名刺を見せてくれたのだ(名刺の写真参照)。

 

 

--------------------------------

From『女帝 小池百合子』

同社(=プレジデント社)には小池の元秘書が編集幹部におり、小池との距離が非常に近い。都知事選挙の最中に学歴詐称の噂を、小池自らが否定するインタビュー記事が掲載されたのも、『プレジデント』(2016年8月15日号)であり、都知事になった人気絶頂の小池が、まっ先にエッセイを連載したのも『プレジデント』である。

 

<コメント>

簡潔に申せば、

産経新聞記者・尾崎良樹

を(希望の党に)取り込むため、その妻を「私的目的」で、都知事政務担当特別秘書

に登用した、と考えるのが自然な見方だろう。

特別秘書として何をしているか分からない(実体がない)

 元読売新聞記者・宮地 美陽子

 に、税金で給料を払い、本来の仕事とは関係のない礼賛本を書かせた、ということです。

 

そして、自分のアピールと、学歴詐称を誤魔化すメディアとして、

小池の元(国会議員)秘書の(プレジデント社)編集幹部

を使っている。

 

 

その元(国会議員)秘書を見つけるのは簡単でした。

自信満々で隠す気はないようです。 

book.asahi.com

<抜粋>

Sponsored by プレジデント社
2020.02.29

販売部数ナンバーワンのビジネス誌「プレジデント」の売れ行きが好調だ(2014年下期~2019年上期日本ABC協会・印刷版)。この1月には、橋下徹元大阪市長など人気コラムを立ち上げた小倉健一さん(40)が新編集長に抜擢された。ビジネス誌では最年少編集長だ。小倉さんは、小池百合子さんが国会議員だった時代の秘書からプレジデント社に転職した異色の経歴を持つ。出版不況が叫ばれるなか、売れる雑誌をつくり続けられるのはなぜなのか? 小倉さんの話から見えてきたのは、正解がない多様性の時代に求められるビジネスのヒントだった。

 

――元大阪市長の橋下徹さんと、元小泉純一郎総理の首席秘書官だった飯島勲さんの連載コラムも、小倉さんが論客としていち早く目を付けて立ち上げたそうですね。お二人とも手強(てごわ)そうな方ですが、どのように口説かれたのでしょうか?

小倉:橋下さんが、大阪市長の退任会見で、「メルマガでもやってこれまでのことを全部書く!」とおっしゃっていたのです。橋下さんは、今でこそ実績を評価されていますが、当時はメディアにめちゃくちゃに叩(たた)かれていて、僕ら出版社にも強い不信感を持っているような印象を持ちました。なので、直接、読者に届くメルマガを選びたいのだと推測したのです。そこでまず自由にメルマガを書いていただいて、その内容をもとに本誌、WEBメディアの「プレジデントオンラインを連動させていく提案をしたらご快諾いただけました。森羅万象すべてのニュースにものすごい熱量でコメントをされるので、メルマガの購読者数はものすごく増えましたね。

 

--------------------------------

 

<コメント>

緑のたぬきのマスコミを利用した「世論操作」と、日本解体を実行してきた「外来種」との繋がりが分かるでしょう。

 

東京都知事選に関して、割と多くの人たちが「宇都宮健児あるいは山本太郎に比べれば小池百合子の方がはるかにまし」っておっしゃってますけど、個人的には二階俊博やジョージ・ソロスと関係が深い小池百合子のほうがはるかに恐ろしいと思いますけどね。小池百合子真の恐ろしさ、まだバレてないのかな? 

 

f:id:otonarashino:20200619194732j:plain

 

<コメント>

東京を、中共お墨付きの「監視管理社会」にする気満々である。

 

 

 >スーパーシティ法案、ポイントは規制改革というよりデータ管理社会の実現、つまりデータを通じた監視管理社会の実現であり、中華未来主義の実践、平ったく言えば、「中国化」の推進なのです。 

www.otonarashino.com

 

 

 <総論>

>100%韓国目線の記事=編集責任者(のDNA)が日本人ではない公算が極めて高い

が、

>小池の元(国会議員)秘書の(プレジデント社)編集幹部

 

緑のたぬき=半島系「外来種」

を示唆している、ということです。

 

 

<高校野球>千葉独自大会8月2日開幕 各ブロックを勝ち抜いた代表8チームによる決勝トーナメント / 改修工事を終えた千葉県高校野球の聖地「天台球場」を使用

 

 

www.asahi.com

千葉)部活の対外試合は8月1日再開 独自大会に影響も
2020年6月5日 10時30分


 千葉県教育委員会が各県立学校に対し、部活動の対外試合の再開時期を8月1日とする方針を示していることが4日、分かった。新型コロナウイルスの影響で、全国高校野球選手権大会や全国高校総体の中止が決まり、県内の各競技団体が開催を模索する独自大会にも影響を与えそうだ。

 県教委が出した2日付の通知文には7月31日までは対外試合(公式戦・練習試合等)、合同練習、演奏会等については無観客であっても行わない「8月1日以降は実施可能とする」と記載されている。県立学校とともに県内の各市町村教委にも同様の対応が求められるため、中学校も含め、影響は全県に及ぶ。

 対外試合の再開時期について、県教委の担当者は「長期の休校期間中、部活動もなく、落ちた体力を取り戻すためには、部活動の再開から1カ月程度は必要と判断した」と説明。「練習を積めていない中で試合をすると、けがや熱中症になる危険性が高くなる」としている。

 根拠としたのは、千葉大医学部

 

 

比較;神奈川

県教育委員会のガイドラインでは、公立校は8月末まで部活動は校内のみとなっており、今後調整を進める。

 

 

<コメント>

神奈川の公立校の球児にご同情申し上げる。

神奈川教育委員会のやり過ぎ(自粛の度合いが高いほど責任回避できる)に引きずられたのか、千葉県教育委員会の方針に呆れていた。

理由が、

けがや熱中症になる危険性が高くなる

 

体のできあがっていない小学生なら、ある程度理解できるが、相手は高校生。

指導者の判断に任せれば良いだけではないか。

(少年サッカーのコーチをしていた時に、熱中症対策のガイドラインに呆れたことがある。実質「炎天下では練習するな」と同義だったからだ。)

 

「制約」が大きすぎて、代替大会はやるな、と言っているようなものではないのか。

少なくとも、練習試合すらない中での「ぶっつけ本番」の様相だ。

 

過大な制約のため、インターハイの代替大会は実施できなくなった。

www.chibanippo.co.jp

千葉県高校総体、代替大会実施せず 部活制限で練習困難、けがや熱中症リスク考慮
2020年6月6日 13:44 | 無料公開

 千葉県高等学校体育連盟(川崎浩祐会長)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった県高校総体の代替大会を実施しないと、6日までに発表した。部活動の制限で練習時間が確保できないことや、夏休み短縮に伴う学業への影響考慮などが理由。

 県高校総体は、多くの競技で夏の全国高校総体(インターハイ)の予選を兼ねる。同大会で引退する3年生が多く「最後の舞台」となっていたが、県高体連は4月に夏季競技の中止を発表。インターハイも開催中止となり、代替大会を検討していた。

 県立校は6月から再開したが、15日から解禁される部活動は午後4時半までに完全下校、対外試合や合同練習禁止など制限が多く、本格的な再開は8月1日以降。今回の決定では、体力低下によるけがや熱中症のリスクも考慮した。

 県高体連は8月末まで主催事業を中止とし、定時制通信制体育大会の代替大会も開催を断念。県新人大会が予定されているため、9月以降の代替大会開催も「困難」とした。

 川崎会長は「断腸の思いだが、安全や健康を第一に考えた措置でやむを得ない。最終学年の生徒には有終の美を飾るべき舞台を準備できず、大変申し訳なく思う」とコメントした。

 

--------------------------------

 

7イニング制(埼玉)など、益々3年生のお別れ大会(真剣勝負ではない)の色彩が強まる中、千葉県高野連による大会概要が発表された。

 

<高校野球>千葉独自大会8月2日開幕 無観客、トーナメントで頂点へ ZOZOマリンは使わず

配信

 

昨年の県大会で優勝し、春夏連続甲子園出場を決めた習志野の選手たち=2019年7月、ZOZOマリンスタジアム

 千葉県高野連は16日、今夏の甲子園出場を懸けた第102回全国高校野球選手権千葉大会の中止を受けて開催する独自大会について、8月2日に開幕し、地区ごとのブロック予選を含めたトーナメント形式で実施すると発表した。決勝は8月18日の予定。  大会名称は「2020 夏季千葉県高等学校野球大会」。全試合原則無観客で開催し、例年千葉大会の会場となるZOZOマリンスタジアムは使用しない。組み合わせ抽選は7月19日までに各地区ごとに代理抽選する。ベンチ入りは20人まで。試合ごとに登録選手の入れ替えが可能。延長十回からタイブレークを用いる。試合は無観客で行うが、ベンチ外選手はスタンド入りできる。  開会式と閉会式は実施せず、8月2~10日までは8ブロックに分かれ16球場で地区トーナメントを行う。感染拡大状況を考慮し、可能ならば同15日に各ブロックを勝ち抜いた代表8チームによる準々決勝、16日に準決勝、18日に決勝を行う予定。決勝トーナメントの会場は県総合スポーツセンター野球場と船橋市民球場。抽選会は8月10日。  大会への参加は任意。試合ごとにベンチの消毒など感染防止対策を徹底する。県高野連認定の公式戦として実施し、記録も残される。  約170校がひしめく千葉は強豪校が群雄割拠。1967年の第49回全国高校野球選手権で習志野が県勢初優勝。74年の56回で銚子商、75年の57回では習志野が優勝している。習志野は昨年の選抜で準優勝、夏も甲子園出場を果たした。

 

<コメント>

まずは、千葉県高野連の尽力を高く評価したい。

どちらかというとAシード内での球場配分など批判が多かっただけに、良くやってくれたという思いの方が多いのではないか。

昨夏は同じAシードでありながら、習志野は1試合を除きマリンスタジアム、木更津総合はマリンは少ないが、地元の市原ゼットエーボールパークと優遇された。

それに対して、銚子商業は、遠隔地の柏の葉などたらい回しだったため、抗議の声が上がった。

 

 

>8ブロックに分かれ16球場で地区トーナメントを行う

茨城(6/9)が口火を切った、と記憶している。

移動制限がある中での名案だと思う。

 

【第8ブロック】
なんとベスト8が4校入り

木更津総合、東海大市原望洋、志学館、拓大紅陵館

 

昨秋ベスト8に4チームが残った第8ブロックが象徴的だが、熾烈なブロック予選となる。11月に開催された南部大会では、決勝戦(木更津総合vs拓大紅陵)が雨天で流れた、と記憶している。

第6ブロックも、成田、千葉黎明、銚子商業のつぶし合いとなる。

 

決勝トーナメントの会場は県総合スポーツセンター野球場と船橋市民球場

改修工事を終えた、千葉県高校野球の聖地「天台球場」のお披露目となる。

 

無観客なのは(非常に)残念だが、有望な選手の多い3年生には、真剣勝負で悔いのない試合をして頂きたいと思います。

 

 

<後記>

夏の選手権中止はもちろんですが、秋季大会を観戦して各チームの戦力分析が出来ておりましたので、冬を越えた各チームの実戦が観れなかったことが残念でした。

直感的に、山内に次ぐ2枚目の投手育成を優先する習志野ではなく、秋の時点で完成度が高かった千葉黎明が春季大会を制する可能性がある、と期待していました。

そのような流れを受けた選手権で、甲子園を賭けた群雄割拠を制するチームはどこだったのか。

見所が満載だったことでしょう。

 

 

<追記>6/18

vk.sportsbull.jp

<抜粋>

「記念の1試合、2試合だけでもよい」「8地区のトーナメントで8強を決めるところまで」「いや、県トップを決めるべきだ」

 大会概要の公表が7日予定から16日にずれ込んだのは、県高野連内で激しい議論があったためだ。

 実は途中までの素案は「8地区トーナメントで終了」だった今月2日、県教育委員会は県立学校に「対外試合は8月1日から」と通知。7月開幕は難しく、8月11~14日も県が定める学校閉庁日で試合ができない。授業時間確保や学校での試験日程、大学受験との兼ね合いもあり、「決勝トーナメントまで行う時間がない」との考えだった。

 だが、7日の理事会では選手にとってどういう形式がベストかで意見が割れ、持ち越しに。13日に再度議論を重ねることになり、最後は「真剣勝負で、最終的にチャンピオンまで決めたい」との声が上回り、判断が変わった。

 開幕日の2日に試合をするチームは、対外試合の解禁翌日の本番となり、「けがのリスクが高い」などの意見も根強く残る。16日の県高野連責任教師会議でも慎重論が出たという。結局、県教委には対外試合の解禁時期を早めるように要望することで落ち着いた。

 渡辺範夫会長は「(決勝トーナメントを諦め、準備期間をつくるという考え方も)あった。その辺が一番時間がかかった」と明かした。

 

<コメント>

途中までの素案は「8地区トーナメントで終了」だった

 

選手にとってどういう形式がベストか

最後は「真剣勝負で、最終的にチャンピオンまで決めたい」との声が上回り、判断が変わった。

 

これまでの経緯を鑑みると、

会長  四街道高校  渡邉  範夫氏が、

選手にとってどういう形式がベストか

を念頭に、リーダーシップを発揮され「押し切った」のではないか。

 

素晴らしい。