「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。<3章>高校野球の正常化には、『政治』の正常化が欠かせません。在日集団と媚中勢力に侵された「現実」に踏み込むことに致しました。<4章>に向けた準備期間として、「力」を貯めています。

令和3年度第74回秋季千葉県高等学校野球大会予選 #銚子商業 vs #我孫子 / 大会を覆うプランデミックのドス黒い暗雲

令和3年度第74回秋季千葉県高等学校野球大会予選

が、8/17から開始されていた。

例年より、やや早い日程のようだ。

更に、「コロナ禍」と称される世界規模の詐欺行為の真っ只中、雨天順延が続く甲子園はまだ序盤戦のため、一部の熱烈なファンを除き、ひっそりとスタートしたといえるだろう。

私自身例年であれば、高い関心を持って秋季大会を追いかけてきた。

夏の結果を受けて、新チームがどのようなチーム作りをしてきたか、が徐々に明らかになってくる。

しかし、現在の状況はこのブログで懸念してきた事態が顕在化して、もはや部活動そのものを悪とするデタラメが現実となっている。

チーム作りの仕上がりどころではないのだ。

昨日、銚子商業と我孫子の古豪対決があった。

前段に上述した異常事態を取り上げたところ、もはや「高校野球」どころではない内容となってしまった。

一旦、異常事態は棚上げして、銚子商業の現在位置の解析を試みたい。

 

--------------------------------

 

県立我孫子高等学校 

1978年(昭和53年) - 第60回全国高等学校野球選手権大会に出場

千葉県大会・決勝:我孫子4-0銚子商業
1991年(平成3年) - 第73回全国高等学校野球選手権大会に出場

 千葉県大会・決勝:我孫子2-0銚子商業

 

 2019年秋の敗者復活戦(@柏の葉)を観戦した。

試合内容よりも、グラウンド整備をしている選手とそれを指示している監督(坪田直樹氏)の突出した立ち振る舞いに感心したことが強く記憶に残っている。

統制が行き届いている。伝統が息づいているということだろう。

 

f:id:otonarashino:20210820165136j:plain


銚子商業

1 遊 押本人夢 *1年、サードから遊撃にコンバートされた

2 三  鵜澤智也 *夏 登録外

3 二 久保形怜児

4 右 石毛陽己 *夏 #17

5 左 前橋侑太 *夏 #20

6 一 大湾龍雅 *夏 登録外

7 中 鵜澤煌  *1年と思われる

8 投 飯嶋聖也 *夏 #11

9 捕 鶴岡博翔 *夏 登録外

<コメント>

夏から引き続き先発に名を連ねたのは、押本、久保形の2人。

捕手のレギュラーだった木村真悠に代わり、鶴岡が起用された。

 

 

現在の2年生;

飯嶋聖也 投 旭二中 匝瑳シニア

石毛陽己 投 武蔵野一中(東京) 西東京選抜 立川BC(軟式)
大友海星 投 鹿野中(茨城) 鹿島シニア
柴藤 結 投 真砂中 千葉西シニア
関根大翔 投 銚子中(軟式) 千葉選抜
椿 哲平 投 常盤松中 松戸中央ボーイズ
木村真悠 捕 常盤中(東京) 市川ボーイズ
鶴岡博翔 捕 八日市場一中 匝瑳シニア
大湾龍雅 内 川口芝西中(埼玉) 東京神宮シニア
大友康晴 内 鹿野中(茨城) 鹿島シニア
勝又太陽 内 松戸三中 松戸中央ボーイズ
神谷 隼 内 ちはら台西中 市原シニア
久保形怜児 内 佐原中 香取シニア
根本裕太 内 稲敷東中(茨城) 香取シニア
鵜澤智也 内 八日市場一中 匝瑳シニア
松本圭太 内 神栖二中(茨城) 大野シニア
川瀬裕之 外 四街道四中 四街道シニア
菊池琉星 外 御幸中(神奈川) 東京青山シニア
筒井慶太 外 滑川中(埼玉) 東京神宮シニア
根本舜平 外 稲毛中 千葉西シニア
早川寛児 外 四街道四中 千葉西シニア
前橋侑太 外 新井中(神奈川) 都築中央ボーイズ
柳 健太 外 銚子中(軟式) 千葉選抜
白木祐佳 銚子五中 マネージャー

 

 

www.otonarashino.com

 夏季大会での1年生登録メンバーは2人;

7 押本 柊也 5 1年 右/左
横田 人夢 14 1年 右/左

 

 

 銚子商業、早くも捕手を加藤(1年と思われる)に交代している。

 

 

 

 9回裏に3失点。

投手の枚数があっても、飯島を続投させたことが分かる。

 

 

 どのような経緯で無死満塁となったか不明だが、炎天下の試合で飯島を完投させた。

野手も、捕手以外メンバー変更はない。

 対して我孫子は、投手稲葉⇒蜂谷(少なくとも7回~)⇒茨木

 と、少なくとも3人の継投をしている。

 

敗者復活戦があるという背景はあるが、采配に「分厚くなった選手層を活かし、勝ちきるという姿勢がみえてこない」。

また、選手起用で流れを変えるという意思もみえない。

個人的には、監督の器が限界であり、上位進出には指導者の変更をする必要性をあると「更に」感じている。

 

 

 --------------------------------

 

 

高校野球を取り巻く環境が異常事態であることについて;

 

 

初めに、唯一日本に明るい話題をもたらしてくれている大谷翔平選手の40号本塁打の動画を観て欲しい。

 通常の感覚を持つ野球ファンなら、違和感を持つはずだ。

フルハウスかつ誰もマスクなどしていない。

 

--------------------------------

 

千葉日報オンライン8/16(月) 21:16

 千葉学芸高校(東金市)の野球部では、生徒21人のクラスター(感染者集団)が発生した。6日から活動を休止。部員103人を含め計108人に検査が実施されている。

 

千葉学芸など出場辞退へ 秋季県高校野球予選
2021年8月17日

 17日から行われる第74回秋季千葉県高校野球大会の予選に出場を予定していた千葉学芸と木更津高専が辞退することが16日までに分かった。新型コロナウイルスの影響。今回で不戦敗となっても、9月から始まる敗者復活戦の出場は認められる。

 千葉学芸は今年の春季県大会で初優勝した強豪校。成田と対戦予定だった。予選は全県1区制で争い、9月3日から敗者復活戦を行う。感染防止策でともに全試合無観客で実施する。

 

 

そして、本来なら護るべき立場にある船橋市が、市立船橋をやり玉に挙げる異常さだ。

【速報】船橋市181人感染発表、2番目の多さ 市船橋高の部活生徒さらに11人 新型コロナ
8/19(木) 16:06配信

 

 二つの部活動で生徒のクラスター(感染者集団)が確認された市立船橋高校では、このうち文化系の部活で生徒11人の感染(軽症か無症状)が新たに分かった。これで感染判明は同部で25人。運動系の1部活と合わせると32人になった。両部とも休部している。

 

 歪な圧力があったことだろう。この状況で勝ちきった市立船橋を賞賛する。

 

 

 日体大柏(←不戦勝)薬園台
市立柏(←不戦勝)鴨川令徳

奇しくも柏市の2校が不戦敗となっている。

 

訂正;

日体大柏(←不戦勝)薬園台
市立柏(←不戦勝)鴨川令徳

 

 

 大網.大原.館山総合.東金商業(←不戦勝)中央学院

小見川(←不戦勝)日大習志野

 

本日時点で、出場辞退校が6校となった。

 

 

千葉県 部活動の大会などに出場する児童・生徒らのPCR検査費用を全額負担へ
チバテレ+プラス 2021/08/10 12:39

緊急事態宣言の期間中でも、部活動の大会や発表会などを実施してもらおうと、千葉県は、参加する児童・生徒らのPCR検査の費用を全額負担することになりました。

 これは県教育委員会がこのほど、発表したものです。

 県は、公立学校や自治体が実施する部活動の大会や発表会などに参加する児童生徒や引率者がPCR検査を希望した場合、その費用を全額負担します。

 実施期間は、宣言期間中の8月31日までで、県は、予算を約2000万円と見込んでいます。

 宣言期間中の児童生徒の教育活動をめぐっては、熊谷知事が7月30日の記者会見で、「教育活動の機会確保のための方策を推進し、必要な支援を検討する」と強調していました。

 

--------------------------------

 

はっきり言う。

プランデミックを演出したい「外来種」知事が仕掛けた罠にはまった公算が高い。

 

 

 

コロナ脳となっている高校野球ファンは目を覚まして欲しい。

純粋に応援しているつもりが、現実には球児たちに対する圧力として利用されているのだ。

 

 この一線を遙かに超えた詐欺的パンデミックは、東海大相模も例外ではなかった。

PCR検査では判別できない、熱中症からの発熱が起因となった。

 

目的は、未成年者に対する事実上の強制ワクチン接種の為の世論形成(扇動)だ。

 

 

 

 

 

 

*1:超限戦クラス