「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。<3節>高校野球の正常化には、『政治』の正常化が欠かせません。在日集団と媚中勢力に侵された「現実」に踏み込むことに致しました。

高校野球 春季静岡県大会が「結論先送り」から「中止」に⇒横並びの結論(中止)が雪崩を打つことになりそうです #武漢ウイルス

今朝母から電話があり、水元公園(東京都葛飾区)に行く小さなプランを「中止」にすることにしました。幼児3人のウイルス感染が心配だからだそうです。

断固とした口調で、「テレビで大騒ぎになっているから。オリンピックも中止だし。」。

私「ふーーー。何を言ってもしょうがない。」

テレビのニュース編成をしているのが、「純粋な日本人」ではない、と言ったところでどうしようもありません。

 

 

高校野球 春季静岡県大会が史上初の中止「状況の好転が見られず」

3/24(火) 7:00配信

 静岡県高野連は23日、静岡市内で臨時理事会を開催し、春季地区大会・県大会を中止することを決めた新型コロナウイルス感染拡大が止まらない中、選手の健康、安全を最優先にするための措置。渡辺才也理事長によると過去66回の春季大会で「中止という記録はない」という。

 終了後、取材に応じた同理事長は「開催を前提に検討したが、リスク回避が難しいと判断した」と説明。16日にも臨時理事会を行い、情報収集するとして結論を先送りしていた「状況の好転が見られなかった」。感染が急速に収束した場合の代替大会についても検討されたが会場確保など課題が多く、開催は難しいという。本来、県大会後に行われる東海大会については、他3県の高野連の判断を待って決定される。

 今春季大会で決まるはずだった夏のシード権、センバツが中止となった加藤学園への対応については今後、あらためて審議される。練習、練習試合についてはこれまで通り各校の判断に任せる方針。同理事長は「加盟校にとって大切な公式戦の一つをなくしてしまうのは心苦しい。早く事態が収束してくれれば」と祈るように話した。

 静岡・栗林俊輔監督「時期をずらしてやるのかと思っていましたが、いろいろ状況をお考えになってのことでしょう。夏に向けてやれることをやっていくしかない。公式戦の経験を積むことができないけれど皆さん条件は同じ。ベストを尽くします」

 加藤学園・米山学監督「色々な配慮をしていただいた上での結果。自分たちはやれることをやっていく。こういう経験はないので、(夏に向けて)練習試合が重要になっていく

 掛川西・大石卓哉監督「現状、練習も自粛中で選手にも会えていない。普通に野球ができるのはありがたいことだと認識したと思う。(夏に向けて)練習試合をどこまで本番に近い雰囲気でやっていけるかが大事になる

 御殿場西・森下知幸監督「こんな状況だし、中止は仕方がないと思う。ただ、今年は投手の球数制限など、高校野球の変革の年になるはずだった。春の公式戦の中で、投手起用など試したかったことはたくさんあったので残念な思いもあります」

報知新聞社

 

<コメント>

 >情報収集するとして結論を先送りしていた「状況の好転が見られなかった」

 北海道(の非常事態宣言解除)を参考にするとしていたが、オリンピックの延期など悪材料満載が上回った、ということだろう。

 

>代替大会についても検討されたが会場確保など課題が多く、開催は難しい 

この判断も重い。

代替大会がないことを理由とした春季大会開催という理屈が効かなくなった。 

 

 掛川西・大石卓哉監督「現状、練習も自粛中で選手にも会えていない

静岡県立掛川西高等学校

公立校は、未だに練習すら出来ていない、ところがある。

 

練習、練習試合についてはこれまで通り各校の判断に任せる

混乱が長期化すればするほど、規制をしないと判断できる私立優位の状況となる。

 

 

繰り返しになりますが、公式戦と練習試合は全くの別物です。

また、公立においても、県立と市立では規制のレベルが違うようです。

 

私見ですが、

高校野球ファンにとっての春季大会は、

新チームで臨んだ秋季大会の課題をどこまで克服しているかが把握でき、本番の夏での完成度を予測する楽しみがあると思います。勝敗はさほど気にすることはなく、各チームの中長期戦略がみえるのも面白いです。

昨年の習志野は、飯塚投手を決勝戦でのリリーフ登板に限定しました。

県大会優勝から遠ざかっていたためか、ここで勝ちにこだわる采配をしたのが興味深かったです。

一方の専大松戸はエース・横山陸人を登板させませんでした。関東大会出場が決まっていたことと、夏を意識して隠したのでしょう。

 

 ふーーー。

楽しみが消えようとする中、政治に対する苛立ち(のレバレッジ)が高まります。