「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。<3章>高校野球の正常化には、『政治』の正常化が欠かせません。在日集団と媚中勢力に侵された「現実」に踏み込むことに致しました。<4章>に向けた準備期間として、「力」を貯めています。

第74回春季関東地区高等学校野球大会 組合せと緒戦の勝敗予想 #銚子商業

銚子商業が準決勝を勝ちきった時点で、関心は関東大会に向かっていた。

初めての観戦を予定している。

 

--------------------------------

 

5/16追記:ようやく「観戦」に関する情報があった。お粗末に尽きる。

春季関東高校野球 作新はつくば秀英と初戦
5/6 11:30
高校スポーツ


 21日に開幕する「第74回春季関東地区高校野球大会」の出場校の組み合わせが5日に決まった。栃木県1位の作新学院は22日午前10時から清原球場で、茨城県2位のつくば秀英と2回戦で対戦する。


 栃木県2位の佐野日大は21日午後2時から群馬県1位の前橋育英との2回戦、栃木県3位の青藍泰斗は同9時から千葉県2位の銚子商との1回戦に臨む。会場はいずれも清原球場

 大会は29日まで延べ6日間行われ、関東1都7県の代表17校が出場する。県大会と同様に、新型コロナウイルス対策を徹底した上で一般客も観戦でき、各会場で入場券を販売する。

 

--------------------------------

 

 

<再掲載>前の記事でまとめていた内容

【2022年 春季関東大会 日程・開催県】
・日程 :5月21日(土)〜24日(火)
・日程 :5月28日(土)、29日(日)

5月21日(土) 1・2回戦
09:00 千葉2位 vs 栃木3位青藍泰 せいらんたいと(宇都宮清原球場)

 

 

 

5月22日(日) 2回戦
10:00 茨城1位 vs (千葉2位-栃木3位) (栃木県総合運動公園野球場)
12:30 千葉1位 vs 埼玉2位山村学園 (宇都宮清原球場)

 

 

<追記3>春季関東大会

春関出場校;
茨城 ①明秀日立 ②つくば秀英
栃木 作新学院 ②佐野日大 ③青藍泰斗
群馬 前橋育英 ②健大高崎
埼玉 浦和学院 ②山村学園
千葉 市立船橋 ②銚子商業
東京 関東第一 ②二松学舎大付
神奈 ①桐光学園 ②桐蔭学園
山梨 ①山梨学院 ②甲府城西

 

<追記4>春季関東大会

1日目:5月21日(土) 1・2回戦
清原球場
(1)銚子商業-青藍泰斗
(2)山梨学院-二松学舎大付
(3)前橋育英-佐野日大
県総合球場
(1)桐光学園-健大高崎
(2)関東第一-甲府城西

 

2日目:5月22日(日) 2回戦
清原球場
(1)作新学院-つくば秀英
(2)市立船橋-山村学園
県総合球場
(1)明秀日立-銚子商業or青藍泰斗
(2)浦和学院-桐蔭学園

 

銚子商と作新って94年の秋関でもやったよね。
スーパーシードの作新にまさかのコールド勝ちで選抜を決めた
あの頃の銚子商はユニもまだグレーで貫禄があったね。

*準々決勝 銚子商業9-1作新学院

 

青藍は全然強くないらしい
関東行けたのが奇跡だとさ
まぁ実際今年はさほど強くないと言われてる佐野日大に大差で負けてるしな

次の明秀はおっそろしいけどベスト8はしっかり確保して欲しいね

 

関東大会初戦突破のポイントは
市船 森本の投球が山村学園に通用するか?
銚商 黒潮打線が青藍泰斗の投手を攻略できるか?

うん、いずれも大丈夫だろう!

 

市船の力量計るに山村はいい相手だと思うよね

 

 

--------------------------------

 

他県代表チームの力量が不明のため、該当記事を参照したい。

 

千葉;

銚子商 15年ぶり「春の覇者」逃すも関東大会で猛打再び 高校野球春季千葉県大会
 スポーツニッポン新聞社 2022/05/04 


 ◇高校野球・千葉大会決勝 銚子商0―3市船橋(2022年5月4日 千葉県野球場)

 15年ぶりとなる「春の覇者」は逃がした。銚子商は散発2安打の零敗。準決勝で2本塁打を放った打線は市船橋の投手リレーに影をひそめた。「ボールを見過ぎて、ベンチでもあまり声が出なかった」と久保形怜司主将(3年)が肩を落とした。

 スタンドにはこの日も港町からオールドファンが集結。「ファンの方の前で優勝して、喜んでもらいたかったけど…」。久保形主将は12年ぶりの出場となる関東大会(21~29日、栃木)で猛打爆発を誓った。

 

>この日も港町からオールドファンが集結

まるで、銚子商業ファンは年寄りしかいないような書きっぷりだな。

 

 

群馬;

前橋育英が3年ぶり18度目の関東大会 17安打11得点で桐生第一下す 春季高校野球群馬大会
 スポーツニッポン新聞社 2022/05/04


 ◇高校野球・群馬県大会準決勝 前橋育英11―7桐生第一(2022年5月4日 高崎城南球場)

 17安打の猛攻で11得点を奪った前橋育英が決勝に進出し、3年ぶり18度目の関東大会出場を決めた。

 初回に2点先制されたが、直後の2回に3―2と逆転し、なお2死三塁で1番・横倉拓実(3年)が公式戦2本目となる右越え2ランを放ち「狙いすぎるとダメなので、次につなぐ意識だった。チームのための打撃をして、2失点の後だったので良かった」。この日は4安打2打点とリードオフマンとしての役割を果たした。

 昨秋の県大会準々決勝で1―8の7回コールド負けを喫していた相手にリベンジ。「因縁の相手に勝って、関東大会に出場できるので良かった」と喜んだ。荒井直樹監督「試合中にどんなことがあっても自分自身が慌てずにやっていこうと。前半はリードしたんですけど、点は取られたので、“そんな簡単にはいかないよな”という思いで見てました」と振り返った。

 

 

山梨;

【高校野球】山梨学院が3年ぶり7度目の優勝 関東大会初戦は二松学舎大付とのセンバツ出場校対決
 報知新聞社 2022/05/04
◆高校野球春季関東大会山梨県予選▽決勝 山梨学院12―4甲府城西(4日、山日YBS球場)

 決勝戦が行われ、山梨学院が甲府城西を12―4で下し、3年ぶり7度目の優勝を飾った。先発した右腕エース・榎谷礼央投手(3年)は6回1安打1失点6奪三振。今年のセンバツで初戦敗退して以降、磨きをかけたカットボールが新たな武器となった。春季関東大会(21日開幕・栃木)で両校は共に21日初戦を迎える。山梨学院は二松学舎大付(東京2位)とのセンバツ出場校同士の対決初出場となる甲府城西は関東一(東京1位)と対戦する。

 県内無敵の山梨学院が最後まで圧倒的な力をみせた。5番・高橋海翔一塁手(2年)と代打・山本和輝(3年)の本塁打などで合計16安打と打線が爆発。投手は榎谷が6回まで投げた後は、控えの4人が継投して締めくくった。吉田洸二監督(52)「失点も多かったですが、選手たちにはいろんな経験を積ませることができました」と満足そうに振り返った。

 MAX144キロのエース榎谷の成長は、大きな収穫の一つだ。センバツでは完投した初戦の木更津総合戦で155球を投げたが、延長13回、押し出し四球で1―2の惜敗。以降、取り組んできたのは直球の制球力アップと変化球のバリエーションを増やすことだ。持ち球のチェンジアップに加えて特に磨きをかけたのはカットボール。「打たれない自信がついてきている」と手応えをつかんだ榎谷は、今大会で直球と思わせた打者たちに次々と空振りさせることに成功した。

 関東大会は夏に向けて、さらに勢いに乗る絶好のチャンスだ。「出られるのは非常に嬉しいですね。選手たちの未来がかかっているんで全力でいける」と吉田監督。プロの世界に憧れる榎谷は「自分がどこまで通用するか楽しみ。センバツ以上の投球を見せたい」と意気込んでいる。

 

>県内無敵の山梨学院が最後まで圧倒的な力をみせた

山梨の状況は、この一文に集約されそうだ。

 

 

茨城;

春季関東高校野球茨城県大会 明秀日立が優勝

 

2022年5月5日(木)

第74回春季関東高校野球県大会最終日は5日、ジェイコム土浦で決勝が行われ、明秀日立がつくば秀英を9-3で破り5年ぶり2度目の優勝を飾った。

明秀日立は初回に3点を先制すると、その後も攻撃の手を緩めず、中押し、ダメ押しと得点した。投げてはエース猪俣11安打を打たれながらも、3失点で完投した。

▽決勝
明秀日立  301 002 003 │9
つくば秀英 100 000 200│3

 

<コメント>

常総学園敗退の様子は、Twitterで観ていた。

 

 

栃木;

春季高校野球 県大会 作新学院4年ぶりV 佐日、青藍と関東大会へ /栃木地域
 
毎日新聞 2022/5/5 
 第75回春季県高校野球大会兼第74回春季関東地区高校野球大会県予選(県高校野球連盟主催)は4日、宇都宮市の宇都宮清原球場で決勝戦があり、作新学院が5―2で佐野日大を降し、4年ぶり17回目の優勝を果たした。決勝に先立って行われた3位決定戦では、青藍泰斗が延長戦を制した。

 3校は21日に県内で開幕する関東大会に出場する。青藍泰斗は21日に銚子商(千葉2位)と、佐野日大は同日に群馬1位校と、作新学院は22日に茨城2位校と、いずれも宇都宮清原球場で対戦する予定。【鴨田玲奈】

 

 

埼玉;

浦和学院が2年連続17度目の優勝 春季高校野球県大会
 朝日新聞社 2022/05/05 09:00

 春季埼玉県高校野球大会(県高野連など主催、朝日新聞社後援)は4日、県営大宮球場で決勝があり、浦和学院が4―0で山村学園を破り、2年連続17度目の優勝を果たした。両校は21日から栃木県でおこなわれる関東大会に出場する。

     ◇

 浦和学院の芳野大輝投手(3年)は、気迫がみなぎっていた。先発マウンドを託され、左腕から繰り出す鋭い直球と緩い変化球のコンビネーションで六回まで89球を投げ、無安打に抑えた。「持ち球を全てコースに投げきることができた」

 約1カ月前、ほろ苦い経験があった。選抜大会準決勝の近江(滋賀)戦。1点リードの五回に登板したが打者5人に三つの四死球を与え、わずか3分の2回で降板。チームも延長で敗れた。「気持ちが上がってしまっていた」と振り返る。

 悔しさを糧にフォームの改善に取り組み、投げ込んだ。迎えた春季大会の決勝で、結果を出した。

 連戦が予想される夏に向け、浦和学院はエース左腕・宮城誇南投手(3年)に続く投手の台頭は大きな弾みだ。森大監督「芳野の成長は必要不可欠だった」とたたえた。

 芳野投手は現状に満足していない。「まだまだ調子の波は大きい。変えないと、この先結果が残せない」。めざすはエースナンバーだ。「同じ左(腕)として、負けたくない」(仙道洸)

 

 

東京;

春季都高校野球大会 関東一、2年連続V 二松学舎大付に快勝 /東京

毎日新聞 2022/4/25 
 春季都高校野球大会(都高野連主催)は24日、八王子市のスリーボンドスタジアム八王子で決勝が行われた。関東一が今春のセンバツに出場した二松学舎大付に7―3と快勝し、2年連続6回目の優勝を果たした。同一カードだった昨秋の都大会準決勝では敗れた関東一が雪辱を遂げた。両校は、5月21日から栃木県で開かれる春季関東…

 

 

神奈川;

桐光学園が優勝 県春季高校野球 序盤で主導権、桐蔭に6-2
2022年5月2日
 神奈川県高校野球春季大会(県高野連主催、朝日新聞社など後援)の決勝が1日、横浜スタジアムであり、2年連続で決勝に進出した桐光学園が桐蔭学園を破り、2010年以来4回目の優勝を果たした。両校は21日から栃木県で開かれる関東大会に出場する。

     ◇

 桐光学園が序盤の好機を逃さず勝利した。一回、石井の適時打で同点。さらに磯貝の適時打で勝ち越した。二回は4安打2四球で3点を追加し、主導権を握った。桐蔭学園は一回に牧野の左前適時打で先制。今野と宇田川が好救援したが及ばなかった。

     ◇

 優勝を決め、桐光学園針谷隼和投手(3年)は笑顔でベンチに向かった。背中にはエースを示す「1」。それは春季大会中に取り戻したものだった。

 力のある直球と変化球で打ち取る投球スタイル。昨年は春季関東大会に出場し、秋季県大会ではエースとして登板。大きな期待を背負ってきた。だが、春は調子が上がらず、エースナンバーは後輩に奪われた

 それでも練習を重ねた。特に意識したのは監督やトレーナーから指摘された投球時の足の動作。高く上げた足を地面にそっとつけることで制球力の向上をめざした。春季大会中にそのフォームを身につけ調子が回復。準々決勝から再びエースの背番号を背負った。

 雨が降る決勝で完投。持ち味の打たせて取る投球ができたと自信をみせる。「関東大会で優勝、そして甲子園でも」。更なる高みをめざす。(土居恭子)

     ◇

 狙い通りの直球、打った感触は「完璧」だった。六回表、桐蔭学園小林啓剛選手(3年)が放った打球は、左翼手の頭を越えスタンドに入った。二回からチームに安打が出ない中での一撃に、ベンチは沸いた。

 持ち味は長打力だ。秋季大会で桐光学園に一点差で敗れてから、バッティングを中心に練習を重ね、筋力アップもめざした。「自分が打席に立ったら試合が動く、そんな打者になりたい」。その思いが今大会初の本塁打につながった。

 準優勝という結果には納得していない。初回にバントをミスしており「場面場面で役割を果たしたい」。打球の精度をさらに磨き、関東大会での優勝を狙う。その先に夏の甲子園制覇を見据える。(阿部育子)

 

 

--------------------------------

 

本来であれば、関東大会出場をかけた「真剣勝負」準決勝の試合内容を吟味する必要があるが、各チームの戦力を少しだけでも理解するために、敢えて緒戦の勝敗を予想する。「不明=接戦が予想される」も選択肢に入れる。

 

各チームの戦力を少しだけでも理解するための勝敗予想>

勝ち予想(太字)負け予想

 

1日目:5月21日(土) 1・2回戦
清原球場
(1)銚子商業-青藍泰斗

 

(2)山梨学院-二松学舎大付

>県内無敵の山梨学院が最後まで圧倒的な力をみせた

言い換えれば、接戦を経験していないということ。

昨秋の都大会準決勝で関東一を破り、選抜も経験している二松学舎大付が有利に思える。


(3)前橋育英-佐野日大

昨夏の選手権群馬大会決勝 前橋育英6-1健大高崎

の終盤を視聴していた。

経験豊富な

荒井直樹監督

率いる前橋育英にアドバンテージがあるだろう。


県総合球場
(1)桐光学園-健大高崎

不明


(2)関東第一-甲府城西

 

2日目:5月22日(日) 2回戦
清原球場
(1)作新学院-つくば秀英


(2)市立船橋-山村学園

不明

 


県総合球場
(1)明秀日立-(銚子商業を仮定する

春季大会前の練習試合では良い勝負だったと聞く。

アドバンテージはこの代の実績から明秀日立にあるだろうが、銚子商業には『勢い』がある。更に、12年振りの出場だが、前日に試合を経験することが有利に働く場合、銚子商業の勝利になる公算がある。

いずれにしても、この対戦が実現したら接戦になるのではないか。

 

>投げてはエース猪俣11安打を打たれながらも、3失点で完投した。

訂正:銚子商業の勝利になる公算が充分にある。

 

(2)浦和学院-桐蔭学園

不明

 

--------------------------------

 

この記事の脈絡とは関係ないが、未だに洗脳されている高校野球ファンに対するリマインダー。洗脳を解かないと、球児に対する無意味な抑圧に手を貸していることになる。