「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。<3章>高校野球の正常化には、『政治』の正常化が欠かせません。在日集団と媚中勢力に侵された「現実」に踏み込むことに致しました。<4章>に向けた準備期間として、「力」を貯めています。

第74回春季関東地区高等学校野球大会 全国レベルでみた #銚子商業 の現在位置②・・・対明秀日立

5/21、宿泊地で入浴後、地酒を飲みながら購入した 選手名簿(過去の春季関東大会戦績)と、この日の報道内容をチェックした。

 

--------------------------------

 

「もう甲子園には行けないかも...」銚子商、絶望から快進撃の舞台裏。OB、監督が明かす復活のわけ
5/21(土) 7:00配信

 

17年ぶり甲子園への期待

 千葉県立銚子商業高校は先に行なわれた千葉県春季大会で、習志野高校、木更津総合高校といった強豪校を撃破。決勝こそ市立船橋に0対3で敗れたが、堂々の準優勝を果たし、5月21日から始まる関東大会への出場を決めた。

 

 このニュースに、人口約5万人の銚子市民は熱狂した。高齢化、過疎化、財政難、若者離れ......それに加え、コロナ禍が追い打ちをかけ、漁港の町は沈んでいた。それが銚子商野球部の大躍進で一変した。

「夏は(甲子園の)アルプスで大漁旗を振るぞ!」「応援しに行くからな。野球部頑張れよ!」と、すでに甲子園行きを決めたかのように、地元の熱狂的なファンは盛り上がりを見せている。

 久しぶりの快進撃に、45年もの間、銚子商野球部OB会長、後援会会長としてチームを支え続け、通学不可能な選手たちのために自腹で選手寮を建てるなどサポートしてきた阿天坊俊明氏(74歳)は語る。

「なかなか勝てない時期が続き、ここ5、6年は夏ベスト16が最高。昨年は32でした。3年前に春秋ベスト4まで行ったことがありますが、その年も夏はベスト16で負けてしまい、甲子園には届きませんでした。そんな状況のなかで、今回まさか関東大会まで行ってくれるとは......正直、私たちでさえビックリしています。なんとか夏の千葉大会を制して、甲子園に行ってほしいです」

 阿天坊氏は銚子商OBで、立教大、新日鐵室蘭でもプレーした筋金入りの名プレーヤーで、毎日のようにグラウンドに出て、選手たちに黒潮打線の極意を伝えている。

最近は若いOB たちが仕事の合間をぬって、手弁当で練習の手伝いに駆けつけてくれます。当然、私より年齢が選手たちに近いので、いい相談相手にもなってくれています。本当にありがたいことです」

春季大会、快進撃の理由

 オールドファンの方ならご存知だろうが、銚子商と言えば春夏合わせて20回の甲子園出場を誇る古豪だ。1953年春に初出場でベスト8の快挙を達成すると、74年夏には篠塚利夫(元巨人)、土屋正勝(元中日、ロッテ)などを擁し、悲願の全国制覇を達成。1995年春のセンバツ大会でも強打者・澤井良輔(元ロッテ)を中心に準優勝を果たすなど、全国屈指の強豪校だった。

 

だが近年は、木更津総合や専大松戸といった私学が台頭し、銚子商は2005年夏を最後に甲子園から遠ざかっている。「もう二度と行けないのではないか......」と語る町民もいたが、今春はあれよあれよと勝ち上がり「古豪復活」を強烈に印象づけた。

 監督就任6年目を迎えた澤田洋一監督は、この春の結果についてこう語る。

「昨年秋の大会で負けてから、選手たちが悔しさを糧に努力しました。冬は失敗を恐れずに個人個人が目標を立てたことで、昨年秋にはできなかったことができるようになりました」

 なかでも大きく成長を遂げたのが、エース右腕の飯島聖矢だ。澤田監督が言う。

「飯島には、とにかくスピードにこだわらせました。その結果、140キロを投げられるようになり、加えて変化球も打たれづらくなりました。とくにスライダーがよくなりました

 左腕の関根大翔もこの春、飛躍したひとりだ。

コントロールで悩んでいて、昨年秋まではとても投げさせる状態ではなかった。本人の悔しさもあり、いろいろ試しながら取り組んできた結果、春になって急に制球力がついてきました。ストレート以外にカーブ、スライダー、チェンジアップ、フォークもあるので、夏のためにと思い使ってみたらいい結果を出してくれました」(澤田監督)

 澤田監督は自身の経験をもとに、投球術も伝授している。

現役の時は捕手だったので、投手の通用するボール、配球について、捕手目線で話し合っています。あの手この手で、いろいろと試してみたのが好結果につながったと思います」

 夏の千葉を制するためにも、関東大会の戦いは重要になる。攻守の要であるキャプテン・久保形怜司に抱負を聞いた。

他校も各県を代表して勝ち上がってきている強いチームなので、怯むことなく、今まで自分たちがやってきたこがどこまで通用するのか試したい。勝つことで夏へ向けて弾みをつけたいし、関東大会で自信をつけたいです」

 17年ぶりの甲子園へ向けて、銚子商の戦いは続く。

 

--------------------------------

 

銚子商業の現況が分かる、久方ぶりの良質な記事だった。

 

 

銚子商業春季関東大会戦績;

①1953

②1956

③1957:準優勝

④1958:優勝

⑤1961

⑥1963

 1965:選手権準優勝

⑦1968

⑧1970:準優勝

⑨1973

 1974:選手権優勝

⑩1975:優勝

⑪1979:優勝

⑫1981

⑬1982

⑭1985

⑮1990

⑯1992

⑰1995

 1995:選抜準優勝

⑱2003

⑲2006

⑳2007

㉑2010

2022

備考:習志野12回出場:1963、1964、(1967:選手権優勝):1969、1975(1975:選手権優勝)、1980、1981、1989、1990、2010:準優勝2011優勝、2018、2019(2019:選抜準優勝)

 

 

--------------------------------

 

                春季関東大会出場

市立銚子(甲子園出場、夏1979): 1974

銚子西(甲子園出場、夏1981): 1985、1997、2005

2008年4月1日旧・銚子市立銚子高等学校と銚子市立銚子西高等学校が統合して開校した。

 

<6/15追記>

土手の事情通によると、現在は2つの「合同チーム」として、中学野球が続けられている。この環境では、かつての銚子の中学出身者が築き上げた「野球の街」再興などできるわけがない。

中学7校を2校に 10年間で再編 小学校も前倒し検討 銚子市教委
2015年2月14日 18:21 | 無料公開
 銚子市教委は13日、少子化と学校施設の老朽化を理由に今後10年間で、現在7校ある市立中学校を2校に統合する再編計画を発表した。また、中学校再編後としていた小学校13校の再編計画も急速に少子化が進んでいるとして、新年度から検討に入る。

 市内を西部地区と東部地区に分け、1校ずつ新たな中学校として配置する。新年度に西部から再編作業に取り掛かり、五中と六中、七中を統合し五中の場所に校舎を改修して2019年4月に開校する。その後、東部の再編に着手し、一中と二中、三中、銚子中を統合して、銚子中の場所に校舎建て替えを基本に25年4月開校を計画する

 施設規模や交通環境などから新中学校の位置を決めた。銚子中は建築から60年以上が経過して老朽化が顕著。同中が今後公表される県の津波浸水予測エリアに該当する場合は、建設位置を再検討する。

 市教委は「市の財政状況から(両地区の再編を)同時に行うことは無理。財政負担が(東部と比べ)大きくない西部からやることにした」。少しでも財政状況の改善を待つため、校舎建て替えの必要がない西部の再編を先行させた。

 有識者らによる再編検討委員会は25年度までに中学校を3校に再編するよう最終報告を出していたが、3校では国が示す適正学級数を下回るため市教委は「子どもたちの環境を考えると2校にするのがベター」と判断した。

 同市は1962年度の8校7752人をピークに中学校生徒数が減り続け、本年度は1569人。市の将来推計によると、新年度から10年後となる2025年度には千人を下回り、さらに10年後の35年度には600人程度となる見込み

同市では、四中と八中の統合により13年度に銚子中ができ、現在の7校体制となった。市教委は10年に小中学校の再編方針を発表したが、急速に少子化が進んでいることから中学校の再編計画を再検討していた。

 

 

--------------------------------

 

 

『岩戸別神社』参拝後、栃木県総合運動公園野球場に向かった。

 

 

先攻 銚子商業
1 三 鵜澤智
2 遊 押本
3 二 久保形
4 捕 加藤
5 右 関根
6 中 横田
7 一 勝又 
8 投 飯島
9 左 前橋

後攻 明秀日立
1 遊 平野
2 左 本坊
3 中 佐藤
4 投 石川
5 右 猪俣
6 三 小久保
7 一 鎌田
8 二 柴田
9 捕 伊藤


銚子商業の先発投手予想は、習志野戦で好投した「関根」だった。

球数100球とはいえ、前日に完投した飯島先発に違和感を感じていた。

 

--------------------------------

 

 1回表 銚子商

    1番 鵜澤 智也(三)    右打 3年 投手:石川 ケニー⇒135K、118
左安  
1 ストライク
2 ボール
3 左安
ノーアウト1塁鵜澤智


    2番 押本 柊也(遊)    左打 2年 投手:石川 ケニー
一ギ   

完璧な送りバントだった
1 一ギ
打者アウト(3-4)
1アウト2塁鵜澤智


    3番 久保形 怜司(二)    右打 3年 投手:石川 ケニー
二ゴ   
1アウト2塁
1 二ゴ
打者アウト(4-3)
2アウト3塁鵜澤智


    4番 加藤 澄海(捕)    右打 2年 投手:石川 ケニー⇒120、119
投ゴ   
1 ボール
2 ボール
3 ストライク
4 投ゴ
打者アウト(1-3)
3アウトチェンジ

 

--------------------------------

 

1回裏 明秀日立

    1番 平野 太智(遊)    右打 2年 投手:飯島 聖矢⇒球速が120K半ば。スピードガン表示が間違っていると捉え、メモをしなかった。
中飛    
1 ボール
2 ストライク
3 ファウル
4 ボール
5 中飛

センター横田の好守備


    2番 本坊 匠(左)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
右安    
1 ボール
2 右安
1アウト1塁本坊


    3番 佐藤 光成(中)    右打 3年 投手:飯島 聖矢
三ゴ    2アウト2塁
1アウト1塁
1 ストライク
2 ボール
3 三ゴ
打者アウト(5-3)
2アウト2塁本坊


    4番 石川 ケニー(投)    左打 3年 投手:飯島 聖矢⇒109、111
右安    
1 右安

銚子商業0-1明秀日立
+1 (本坊)
2アウト1塁石川


    5番 猪俣 駿太(右)    左打 3年 投手:飯島 聖矢⇒114、89
四球    2アウト1,2塁
2アウト1塁
1 ボール
2 ストライク(空振り)
3 ボール
4 ボール
5 四球
2アウト1,2塁石川猪俣

*ピッチングの組み立てが、明らかに今までと違っている。

緩急を使って誤魔化そうとしているが、それはストレートの球速があってこそ生きる。

この時点で、『通用しない』と判断した。


    6番 小久保 快栄(三)    右打 3年 投手:飯島 聖矢⇒112、126K(直球)
三安    2アウト満塁


    7番 鎌田 剛(一)    右打 3年 投手:飯島 聖矢
左安 

  銚子商業0-2明秀日立
1 ボール
2 左安
+1 (石川)
2アウト満塁猪俣小久保鎌田


    8番 柴 晴蒼(二)    右打 2年 投手:飯島 聖矢
捕邪飛    
1 捕邪飛
打者アウト(2)
3アウトチェンジ

 

--------------------------------

 

 2回表 銚子商

    5番 関根 大翔(右)    右打 3年 投手:石川 ケニー
四球    
1 ボール
2 ボール
3 ボール
4 ストライク
5 四球
ノーアウト1塁関根


    6番 横田 人夢(中)    左打 2年 投手:石川 ケニー
一ゴ    
1 バントファウル
2 ボール
3 一ゴ ⇒エンドラン
打者アウト(3A)
1アウト2塁関根


    7番 勝又 大陽(一)    右打 3年 投手:石川 ケニー
投安    三安

当たりそこねが幸いした
1アウト1,3塁関根勝又


    8番 飯島 聖矢(投)    右打 3年 投手:石川 ケニー
一ギ  スクイズ 
1 ボール
2 ストライク
3 一ギ
+1 (関根)
銚子商業1-2明秀日立


2アウト2塁勝又


    9番 前橋 脩太(左)    右打 3年 投手:石川 ケニー⇒134、137、133、112
四球    
1 ストライク
2 ボール
3 ボール
4 ボール
5 四球
2アウト1,2塁勝又前橋


    1番 鵜澤 智也(三)    右打 3年 投手:石川 ケニー⇒124、131
三ゴ   
1 ファウル
2 ボール
3 ボール
4 三ゴ
2塁走者アウト(5C)
3アウトチェンジ

制球が乱れていた相手投手を崩せず。

 

--------------------------------

 

  2回裏 明秀日立

    9番 伊藤 和也(捕)    右打 3年 投手:飯島 聖矢
遊ゴ   
1 遊ゴ
打者アウト(6-3)
1アウト走者なし


    1番 平野 太智(遊)    右打 2年 投手:飯島 聖矢⇒127、103、126
右飛   
1 ストライク
2 ストライク
3 ボール
4 右飛
打者アウト(9)
2アウト走者なし


    2番 本坊 匠(左)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
左安    2アウト1塁
2アウト走者なし
1 ボール
2 ボール
3 ファウル
4 左安 130K
2アウト1塁本坊


    3番 佐藤 光成(中)    右打 3年 投手:飯島 聖矢⇒128、127
三ゴ    
1 ストライク
2 ストライク(空振り)
3 三ゴ
1塁走者アウト(5-4)

ボテボテの当たり。一塁送球では間に合わないと判断した、サード・鵜澤智の好判断。
3アウトチェンジ

 

--------------------------------

 

3回表 銚子商

    2番 押本 柊也(遊)    左打 2年 投手:石川 ケニー
三飛    
1 ボール
2 ボール
3 三飛
打者アウト(5)
1アウト走者なし


    3番 久保形 怜司(二)    右打 3年 投手:石川 ケニー
遊直    
1 ストライク
2 ファウル
3 ファウル
4 ボール
5 遊直
打者アウト(6)
2アウト走者なし


    4番 加藤 澄海(捕)    右打 2年 投手:石川 ケニー
左安    
1 左安
2アウト1塁加藤


    5番 関根 大翔(右)    右打 3年 投手:石川 ケニー
中安    
1 ストライク(空振り)
2 中安 119K
2アウト1,2塁加藤関根


    6番 横田 人夢(中)    左打 2年 投手:石川 ケニー
二ゴ    
1 ボール
2 ストライク
3 二ゴ 132K
打者アウト(4-3)
3アウトチェン

 

ここまで、残塁5

 

--------------------------------

 

3回裏 明秀日立

    4番 石川 ケニー(投)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
一ゴ    
1 一ゴ
打者アウト(3A)
1アウト走者なし


    5番 猪俣 駿太(右)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
中安    
1 ボール
2 ファウル
3 中安
1アウト1塁猪俣


    6番 小久保 快栄(三)    右打 3年 投手:飯島 聖矢⇒128、127
三併    
1 ストライク
2 ボール
3 三併
1塁走者アウト(5-4) 打者アウト(4-3)
3アウトチェンジ

 

--------------------------------

 

4回表 銚子商

三者凡退

 

--------------------------------

 

 4回裏 明秀日立

    7番 鎌田 剛(一)    右打 3年 投手:飯島 聖矢⇒105、128
中2    
1 ボール
2 ボール
3 ファウル
4 中2
ノーアウト2塁鎌田


    8番 柴 晴蒼(二)    右打 2年 投手:飯島 聖矢
一ギ    
1 一ギ
打者アウト(3-4A)
1アウト3塁鎌田


    9番 伊藤 和也(捕)    右打 3年 投手:飯島 聖矢
投ゴ    スクイズ
銚子商業1-3明秀日立


    1番 平野 太智(遊)    右打 2年 投手:飯島 聖矢
三ゴ失    
1 三ゴ失
三塁手失策(後逸)
2アウト2塁平野


    2番 本坊 匠(左)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
中飛   
1 ストライク(空振り)
2 ファウル
3 ボール
4 中飛 127K
打者アウト(8)
3アウトチェンジ

 

--------------------------------

 

5回表 銚子商

三者凡退

ショートバウンド(フォーク?)を見極められない

 

--------------------------------

 

  5回裏 明秀日立

    3番 佐藤 光成(中)    右打 3年 投手:飯島 聖矢
左2    ノーアウト2塁

 

4番 石川 ケニー(投)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
投ギ    1アウト3塁


    5番 猪俣 駿太(右)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
一ゴ    2アウト3塁


    6番 小久保 快栄(三)    右打 3年 投手:飯島 聖矢
二飛    
1 ストライク
2 ボール
3 二飛

*ギアを上げ、全力投球なのが見て取れた。

球速は久方ぶりの130K
打者アウト(4)
3アウトチェンジ

 

 

 6回表 銚子商

【守備位置変更】石川 ケニー(投→右)
【守備位置変更】猪俣 駿太(右→)

明秀日立は、プラン通りで試合を進めていることが分かる


    4番 加藤 澄海(捕)    右打 2年 投手:猪俣 駿太141K、119、126
捕ゴ    
    5番 関根 大翔(右)    右打 3年 投手:猪俣 駿太⇒135、137、140、135
二ゴ  
    6番 横田 人夢(中)    左打 2年 投手:猪俣 駿太⇒138、136
一ゴ    3アウトチェンジ

 

--------------------------------

 

 6回裏 明秀日立

    7番 鎌田 剛(一)    右打 3年 投手:飯島 聖矢⇒102、111、124、110、112、101
遊飛   
1 ボール
2 ストライク(空振り)
3 ボール
4 ストライク(空振り)
5 ボール
6 ファウル
7 遊飛
打者アウト(6)
1アウト走者なし


    8番 柴 晴蒼(二)    右打 2年 投手:飯島 聖矢
中安   
1 ボール
2 中安
1アウト1塁


    9番 伊藤 和也(捕)    右打 3年 投手:飯島 聖矢⇒121、109

左安  完全に『限界』
1 ストライク
2 左安
1アウト1,2塁柴伊藤


    1番 平野 太智(遊)    右打 2年 投手:飯島 聖矢
遊併    
1 ボール
2 ボール
3 遊併
1塁走者アウト(6-4) 打者アウト(4-3)
3アウトチェンジ

 

--------------------------------

 

 7回表 銚子商

4イニング連続の三者凡退

 

--------------------------------

 

 7回裏 明秀日立

    2番 本坊 匠(左)    左打 3年 投手:飯島 聖矢⇒95、114、129
右安 
1 ストライク
2 ボール
3 右安
ノーアウト1塁本坊


    3番 佐藤 光成(中)    右打 3年 投手:飯島 聖矢⇒106、129、129、129、126
左2 

 銚子商業1-4明秀日立 
1 ボール
2 ボール
3 ボール
4 ストライク
5 ファウル
6 左2
+1 (本坊)
ノーアウト2塁佐藤


    4番 石川 ケニー(右)    左打 3年 投手:飯島 聖矢⇒130、128、129
中飛    
1 ボール
2 ストライク(空振り)
3 ボール
4 ストライク(空振り)
5 中飛
打者アウト(8)
1アウト2塁佐藤


    5番 猪俣 駿太(投)    左打 3年 投手:飯島 聖矢
中犠    
1アウト2塁
1 ボール
暴投
1アウト3塁
2 ボール
3 中犠

銚子商業1-5明秀日立 


    6番 小久保 快栄(三)    右打 3年 投手:飯島 聖矢⇒105、128、129、127、128
中3   
1 ボール
2 ストライク
3 ファウル
4 ボール
5 ボール
6 中3
2アウト3塁小久保


【投手交代】飯島 聖矢→紫藤 結

ようやく動いた


    7番 鎌田 剛(一)    右打 3年 投手:紫藤 結⇒114K、95
遊ゴ失   

 銚子商業1-6明秀日立 
1 ストライク
2 ストライク
3 遊ゴ失
+1 (小久保)
遊撃手失策(ファンブル)
2アウト1塁鎌田


【代走】鎌田 剛→緑川 貴香
【代打】柴 晴蒼→高橋 遼
    8番 高橋 遼(打)    右打 3年 投手:紫藤 結
四球    
1 ボール
2 ボール
緑川盗塁
2アウト2塁
3 ストライク
4 ボール
5 四球
2アウト1,2塁緑川高橋


【代走】高橋 遼→柴田 将希
    9番 伊藤 和也(捕)    右打 3年 投手:紫藤 結
二飛    3アウトチェンジ

 

--------------------------------

 

 8回表 銚子商

【守備交代】柴田 将希→辻 天成(二)
【守備位置変更】緑川 貴香(走→左)
【守備位置変更】本坊 匠(左→一)


    1番 鵜澤 智也(三)    右打 3年 投手:猪俣 駿太
右飛   

    2番 押本 柊也(遊)    左打 2年 投手:猪俣 駿太
右飛   

    3番 久保形 怜司(二)    右打 3年 投手:猪俣 駿太
右2    
1 右2
2アウト2塁久保形


    4番 加藤 澄海(捕)    右打 2年 投手:猪俣 駿太⇒129、137、115、119
左安  
1 ボール
2 ボール
3 ストライク(空振り)
4 ストライク(空振り)スライダーにタイミングが合わない
5 左安
2アウト1,3塁久保形加藤


    5番 関根 大翔(右)    右打 3年 投手:猪俣 駿太
遊ゴ   
1 遊ゴ
1塁走者アウト(6-4)
3アウトチェンジ

--------------------------------

 


  8回裏 明秀日立

【投手交代】紫藤 結鵜澤 煌星
【守備位置変更】関根 大翔(右→)

ここでようやく関根にスイッチ。

不可解な投手起用の謎が解けることになった。


    1番 平野 太智(遊)    右打 2年 投手:関根 大翔122K、107
遊ゴ    
1 ボール
2 ストライク
3 遊ゴ
打者アウト(6-3)
1アウト走者なし


    2番 本坊 匠(一)    左打 3年 投手:関根 大翔⇒127、110

*ストレートの球速が130Kに届いていない。技巧派だが、習志野戦では130K前半を記録していた。


中安   
1 ボール
2 ボール
3 ファウル
4 中安
1アウト1塁本坊


    3番 佐藤 光成(中)    右打 3年 投手:関根 大翔⇒127、109、128、126
四球    
1 ボール
2 ボール
3 ボール
4 四球
1アウト1,2塁本坊佐藤

まさかのコールドゲームもあり得る


    4番 石川 ケニー(右)    左打 3年 投手:関根 大翔   
1 ボール
2 ストライク
捕逸
1アウト2,3塁
3 ファウル
4 ボール
5 ファウル

6 右3
+2 (本坊,佐藤)

銚子商業1-8明秀日立 

 

ゲームセット


<感想>

県大会から観戦してきたため、深くチーム事情(戦力)を理解していると自負している。飯島投手を澤田監督が信頼しているのは事実だが、今回の場合、2日連続の起用且つ本調子ではない飯島君が限界を超えても引っ張らざるを得なかったのは、ひとえに関根投手の不調が原因だろう。

ライトとして出場していたため、怪我ではないだろう。

大会前の練習試合での不調が原因と推測する。

 

第二試合桐蔭学園(神奈川)vs 浦和学院(埼玉)も観戦したが、特に投手力の厚みという点で見劣りする。この2チームは、同レベルの複数のエース級を競わせている段階であることが明白だった。

全国から優秀な選手を集めている私学(選手層が分厚い上に、新戦力の1年生も起用している。二松学舎は先発の4名が1年生だった。)について言及しても無意味だが、全国レベルを体感した経験を活かし、夏に向けて更なるレベルアップが必要だろう。

 

 

--------------------------------

 

 

山村学園12-2市立船橋(7回コールド)
@宇都宮清原
山学204 101 4=⑫ H17E0
市船110 000 0=2 H5E2

 

選手        投球回数    打者    球数    安打    本塁打    犠打   三振    四球    死球    失点       
坂本 宗斗        2      11    28      4      0      2       2      0     1      2   
森本 哲星        4     22    64      10     1      3       1      1     1      6    
西村 壮太郎    1      7     15      3     1      1       0     0     1      4    

 

衝撃を受けたのはむしろこちらのゲーム。

@栃木県総合運動公園野球場

で観戦しているときに、試合経過(2回終了時点2-2)をチェックしていた。

帰路、清原球場のそばを通過した時に経過を確認すると、2-8(6回表)だった。

 

2019.05.19
第71回 春季関東地区高等学校野球大会 2回戦
山村学園13  -  2習志野

2022.05.22
第74回 春季関東地区高等学校野球大会 2回戦
市立船橋  2-  12山村学園

 

を持ち出した投稿があったが、内情が全く違う。

選抜準優勝を経て、フル回転で千葉県春季大会も制した習志野は、エース飯塚を温存。

県大会も決勝での短いイニングの救援のみと徹底していた。

 

両エースを打ち込まれた市立船橋は深刻だ。