「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。

あるメジャリーガーの悲劇から見る「闇」 #虎ノ門ニュース #チャンネル桜

昨日までの記事で、「サイン盗み疑惑」の真相の70を解説しました。
第1章の終了です。
ここまでの内容だけでも、十分に、今後の朝日新聞を中心としたマスコミの悪意ある印象操作に対応可能と確信します。

私の習慣に、このブログの「アクセス解析」が加わりました。
ブログについては、経験値を高めている段階ですが、マーケティングについての知見がありますので、多くの情報を読み取っております。
気がついていることは、即座に反応して頂いている先頭集団の存在です。
頼もしい限りです。
もう一つは、ほぼ一日遅れで記事の内容に着いてきている第2グループの存在です。
たいへんに有難い事です。
課題は、記事の最後に拡散のお願いをしておりますが、反応は薄いようです。
このブログに何かが足りないか、単純に「時間」が必要なのか等々、解析中です。
#をつけるようにしましたが、いまのところ効果は「ゼロ」です。

 

第2章ですが、まだ、「この闇の深さ」を解説するには、時期尚早と考えております。
これには、「一定の数の世論」が必須だからです。
そのため、「既にこの問題に対して直接的行動をしている先人達」を意識しながら、「この闇の深さ」の周辺を記事にしていこうと考えております。
当然に、攻撃が新たな深刻度をむき出しにした場合は、そのことに触れていきます。

--------------------------------

 

私が最も尊敬する野球選手は「野茂英雄」さんです。
ただ、ファンというだけではなく、今振り返ると私の人生に多大な影響を与えていたことに気がつきます。全く違う業界ですが、同じような歩みをすることになりました(野茂さんとは比べものになりませんが)。

そして、その野茂英雄さんに続いたのが、「伊良部秀輝」さんです。目的の為、同じ代理人と契約しました、
検索してみると、自殺された当時、そのことを記載したブログや2ちゃんの跡がありました。詳細は、そちらでご確認下さい。

・ 2011年7月27日(42歳没
・ 1987年 ドラフト1位
尽誠学園高等学校
・ ロッテオリオンズ
千葉ロッテマリーンズ (1988 - 1996)
ニューヨーク・ヤンキース (1997 - 1999)
・ モントリオール・エクスポズ (2000 - 2001)
・ テキサス・レンジャーズ (2002)
阪神タイガース (2003 - 2004)
・ ロングビーチ・アーマダ (2009)
・ 高知ファイティングドッグス (2009)

Wikipedia抜粋;

・ 沖縄県コザ市(現在の沖縄市)生まれ[1]、兵庫県尼崎市育ち[2]。実父は在日アメリカ空軍兵士であるアメリカ人スティーブ・トンプソン、日本人の実母・和江、ハーフとして生まれる[要出典]。実父は間もなく帰国した。常光寺小学校[3]、若草中学校を卒業後、香川県の尽誠学園高等学校に進学。2年生の夏の1986年と3年生の夏の1987年の全国高等学校野球選手権大会に投手として出場。2年の夏は初戦で敗退したが、3年の夏では1回戦で優勝候補の鈴木健擁する浦和学院高校を破り[4]、3回戦では試合中に右手を痛めて島田直也、仁志敏久擁する常総学院高校に敗れた[5]。

いうまでもなく、伊良部秀輝さんは「甲子園」の土を踏んだ「高校球児」です。
彼は、オールドメディア(当時この呼称はありません)を敵に回し、NPB/MLBを交えた大騒動を経て、名門ヤンキースに入団しました。
ヤンキースにこだわった理由は、


「実際には生き別れとなった実父を見つけるには、MLB屈指の名門チームであるヤンキースでプレーするのが最善と考えていたためだが、伊良部本人はこのことを最後までかたくなに否定し続け、また、自身の実父がアメリカ人であることは知らなかったと虚偽の発言までしていた。」


ことが、後にわかりました。

伊良部さんは、良い意味でも悪い意味でも、誠に純粋な「野球馬鹿」でした(NPB選手の多くの証言が残されております)ので、私生活に隙が生じ、度々トラブルを起こし、マスコミに格好のネタを提供してしまい、「悪の」伊良部秀輝、としての印象操作を食らってしまいました
その為、彼に悪い印象を持つファンが未だ多く存在すると思われます。

 

ヤンキース入団から、これでもかと故障続きでした。
そして、野球選手として、最後のろうそくの炎のごとく、阪神に移籍し、星野監督の元、リーグ優勝に貢献しました

 

その後一度引退しますが、5年のブランクを経て現役復帰しましたが復活に至らず、

 

ここからWikipedia抜粋;
2011年7月27日、ロサンゼルス近郊の自宅で首を吊った状態で死亡しているのが発見された[21]。
伊良部は7月24日を最後に人前から姿を消しており、地元の警察の捜査では自殺とされている[21]。ロサンゼルス郡検死官事務所によると、伊良部は血中から大量のアルコールが検出されており[22]、自殺の理由として、事業に失敗したこと、死の1ヵ月ほど前から妻子と別居状態が続いていたこと(既に離婚していたとする説もある[23])などで、精神的に追い詰められていた事情が指摘されている[24]。
また、伊良部は日本で指導者となることを希望していたが受け入れる球団はなく、解説者や評論家の道も閉ざされており、野球人としての将来に不安を抱いていたとする指摘もあった[25]。
友人や関係者によって伊良部の自宅前に献花台と焼香台が設けられ『阪神タイガース有志一同』などの献花[26]や、阪神ファンによるものと思われる阪神タイガースの帽子が供えられた[27]。29日にはニューヨーク・ヤンキースが試合前に黙祷した。伊良部がメジャー初登板初先発初勝利を挙げた試合で捕手を務めていたヤンキースのジョー・ジラルディ監督は「一緒にいて楽しい、よきチームメートで、何度も好投してくれた。旧友を失うのはつらい。彼にも子供がいるし、悲しいことだ」と語り、チームメートのデレク・ジーターも「言葉の壁はあったが、周囲が思う以上にいろんなことを理解する楽しい人物だった。悲報を聞いたときは言葉を失ったよ」と語った[28]。阪神も30日に横浜ベイスターズとの試合前に黙祷し、ユニフォームに喪章を着用してプレーした[29]。同日、伊良部の古巣・ロッテも(前出の星野監督が就任間もない)東北楽天ゴールデンイーグルスとのゲーム前に黙祷し、球場の大型ビジョンに伊良部の往年の雄姿を映し出した。
伊良部の葬儀は8月3日に近親者のみで行われ、遺骨は伊良部本人の希望ではロサンゼルスのリトル・トーキョーにある東本願寺別院に納骨してほしいとのことだったが、伊良部の妻とその母親の意向により四十九日を待たずに千葉市内の寺院で無縁仏として無量寿堂に納められた[30]。

 

ここでも、Wikipediaの改ざんが行われております。
伊良部さんの結婚にまつわるエピソードが削除されています。
検索してもヒットしません。
「彼は、渡米前にロッテの仲介で地元でパチンコ業を営む人物の娘と結婚しました」


最後の赤字・赤線に注目して下さい。
このとんでもない「愚行」のみ事実ですが、
>友人や関係者によって伊良部の自宅前に献花台と焼香台が設けられ、『阪神タイガース有志一同』などの献花[26]や、阪神ファンによるものと思われる阪神タイガースの帽子が供えられた
このファンの思いが踏みにじられた「事実」の記載がありません。

 

この伊良部さんの妻は、朝鮮籍の在日コリアン「金光京淑(かねみつキョンス)」です。

その日本人では考えられない「愚行」の数々を列挙します。

 

・ 京淑さんは離婚の意志を否定していたという。
「お灸を据えるつもりで別居しただけだったんです。最近はいろいろとすれ違いがあったので……」

 

・ 友人や伊良部氏が指導していた草野球チームが自宅前に供えた献花が、何者かによってなぎ倒されたのだ。伊良部氏が野球を教えた子供たちが書いたお別れの手紙まで、ゴミ箱に破り捨てられていた。近所の住人はこう語る。
「亡くなった後、紺色の車に乗った日本人の男が自宅近辺をうろついていた。献花しようとした人がその男に追い返されていた」
 それが何者であるかは定かではないが、日本を代表する剛腕投手は、多くの謎を残したまま、短すぎる生涯を閉じた。

* これアメリカ人が、区別がつかないだけで、日本人とは思えません

 

・ 「私もそれを聞いて驚いて、9月に納骨されたというお寺へ行ったんです。すると、寺から“伊良部さんの遺骨は無縁仏として預かっているので、7年後には他の人のお骨と混ぜられてしまう”といわれました」

 

・ 無縁仏とは、弔う身寄り(親族や縁者など)がいない死者・墓のこと。同寺は、近年の少子化や独居高齢者の増加などで墓の継承・管理に不安を持つ者の遺骨を預り、永代供養を行なっている。しかし、伊良部氏には京淑(きょんす)夫人という家族がいるはずだが……。

 

・ 納骨された経緯を聞くと、驚くことに住職夫人はこう説明するのだ。
伊良部さんの奥様と、そのお母様が遺骨をもってお見えになり、無量寿堂に納めていかれました。あとのことはご遺族にお尋ねください」

 

・ 伊良部氏の実姉に話を聞くことができた。彼女は伊良部氏が無縁仏になっているのを認めた上で、経緯を語り始めた。自殺の直後、ロス郊外で行なわれた葬儀ではこんな一幕があったという。
「遺体の検視を終え、京淑さんと2人の子供の立ち会いのもと、弟は荼毘に付されました。私は弟の顔をひと目見たいと思い、妹と日本から駆けつけたのですが、受け付けをする方から“奥さんがすべてを取り仕切っているので”と、入場を拒まれてしまったのです。諦めきれず、妹と2人で交渉したのですが、結局、弟の顔は見せてもらえませんでした」
失意のまま帰国した実姉らを待っていたのは、さらにショッキングな展開だった。葬儀から1か月も経たないうちに京淑夫人とその母親が伊良部氏の実家に姿を現わしたのだという。
「お義母さんが一緒に来られて、ウチの両親に対し、一方的に“ここ(寺の名前)に(骨を)入れました”と告げられました。四十九日も終えていない状況で、何が何だかわからず、こちらとしては到底納得できませんでした

 

* この事実を薄めるため、多くのマスコミの「努力」がなされました。

Japan Timesの英文記事は最悪です。

「金光京淑は、裕福な家の出なので、伊良部氏のサラリーに頼る必要がなかった。」

から始まり、伊良部氏を「悪」とし、この妻を擁護しております。

そして、この記事は、お約束通り、「削除」されております。

 

 

私は、この事実を知ったとき、深い悲しみと同時に、身近にある「日本に存在する闇」に驚いたものです。

 

以上のような「視点」から、この騒動を見なければ、真相の残り30%は埋まりません。

 -------------------------

 

「拡散」に、ご協力下さい。