「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。

リスペクトー「本物」の日本人メジャーリーガー松井 稼頭央さん  #虎ノ門ニュース #チャンネル桜

「松井稼頭央」

・ 1975年10月23日(43歳)

選手歴
PL学園高等学校
西武ライオンズ (1994 - 2003)
ニューヨーク・メッツ (2004 - 2006)
• コロラド・ロッキーズ (2006 - 2007)
• ヒューストン・アストロズ (2008 - 2010)
• 東北楽天ゴールデンイーグルス (2011 - 2017)
• 埼玉西武ライオンズ (2018)

2004年にMLBのニューヨーク・メッツに移籍した、日本人初の内野手メジャーリーガー。同年から7年間MLBでプレーした。

 

現在は、現役を引退し、埼玉西武ライオンズ (2018 - )のコーチをされておられます。

歴代最高といわれる身体能力ばかりでなく、残されたコメントから伺われるのは人格的にも非の打ち所がありません。謙虚さと気配りが常にベースにあります。

「西武時代からメッツ移籍時まで続いていた連続試合出場が1213試合」が記憶に残り、頑健な選手だった印象がありますが、実際にはこれほど故障と戦っていた選手はいないのではないでしょうか。

PL時代から故障に苦しみ、メジャー移籍後、6年連続9度目の故障者リスト入りしております。そしてそれをひたむきな努力で覆し、ロッキーズ時代に、中心選手としてワールドシリーズに進出しました。

余談ですが、彼がスイットヒッターになるきっかけを作ったのは、「谷沢健一(習志野OB)」さんです。

 

私が「松井稼頭央」さんを知るきっかけは、シーズンオフに開催される日米野球です。

特に、2002年は「松井秀喜」選手がメジャー移籍直前で、この話題で持ちきりであったと記憶しております。

2002年12月19日にニューヨーク・ヤンキースと総額2100万ドル(当時約25億4100万円)の3年契約に合意。ニューヨークの新聞各紙は「ゴジラがブロンクスにやってくる」という大見出しをつけた。

 

松井稼頭央選手は、この日米野球でも大活躍して、MLBの選手から「松井秀喜」選手と区別するため、「リトルマツイ」と呼ばれていました

*Wikipediaには「リトルマツイ」の由来までは触れられておりませんでした。

 

松井稼頭央さんの特筆すべき点に、日本代表に対する強い思いがあります。

Wikipedia抜粋;

日本代表[編集]
小学生時代から高校生時代まで日本代表に選出されたことは無く、日本代表に選ばれたのはアテネオリンピックの予選時が最初である[360]。日の丸」がついたユニフォームへの憧れを強く抱いていたといい[360][244]、日本代表のユニフォームに袖を通した時には、胸に何か熱いものが去来したという[361]。アテネオリンピックの予選では台湾戦で2安打2打点、韓国戦では犠打で先制点を演出するなど計11打数3安打3打点で日本の3試合全勝にリードオフマンとして貢献[35]。アテネオリンピック本選はMLBに移籍したため出場しなかったが、ビデオで日本代表にメッセージを送った[362]。
第2回WBC日本代表には松井はNPBから協力を求める事前連絡を受けながらまさかの落選となり、所属事務所幹部が「選手へのリスペクト(尊敬の念)が足りない」と激怒するなど騒動となった[363]。代表に選ばれた松坂大輔は一緒にやりたかったと語っている[364]。その後松井は優勝を果たした日本代表に祝福の声を上げた[365]。
第3回WBC日本代表では代表に選ばれたキャンプでは「プロに入って一番、振っているかも分からない」というほどWBCにかけており[267]、所属していた楽天の監督星野仙一も心配するほど急ピッチで仕上げた[366]。対外試合初スタメンとなる壮行試合のオーストラリア戦では逆転の3点タイムリー三塁打を含む4打点を記録する[267]など好調だったが、次の強化試合の阪神戦では2番二塁手として先発出場する予定だったものの腰痛で欠場した[367]。本戦では進塁打や四球はあったものの安打は出ず、スタメンで起用された試合は全て途中交代となった。準決勝で9回2死に代打として起用されるもセンターフライに倒れ、日本代表の最後の打者となった。

 

-------------------------------

 

松井稼頭央さんは、「朴 在潤」(松井次郎)さんの孫です。

松井稼頭央さんの本名は、「松井和夫」で、2000年に「朴 和夫」として帰化。

生年月日は、昭和50年10月23日

 

帰化が法務大臣に許可されると、官報に載ります(官報告示)。官報に告示されるとその日から日本国籍とされています。そのあと、(3日~1週間後くらい)法務局担当者から連絡がきて、法務局へ行き、「帰化者の身分証明書」をもらい、市区町村に「帰化届」をします。配偶者、両親などがすでに戸籍があり、その戸籍に入る場合には「入籍届」も提出し、戸籍に入ります。住民票の記載も国籍欄、氏名等が変更され、パスポート取得ももちろん可能です。最近はインターネットで官報が閲覧できるので便利です。

 

-------------------------------

改めて、

株式会社DHC:代表取締役会長 吉田嘉明氏のメッセージ、平成28年2月12日

をご紹介します。

 

一部抜粋

創業社長は痩せても枯れても本物ですが、時々とんでもない悪がいたりしますので、この点は注意が必要です。純粋な日本人でない人も結構います。
本物、偽物、似非ものを語るとき在日の問題は避けて通れません。この場合の在日は広義の意味の在日です。いわゆる三、四代前までに先祖が日本にやってきた帰化人のことです。
そういう意味では、いま日本に驚くほどの数の在日が住んでいます。①同じ在日でも日本人になりきって日本のために頑張っている人は何の問題もありません。立派な人たちです。問題なのは日本人として帰化しているのに日本の悪口ばっかり言っていたり、徒党を組んで在日集団を作ろうとしている輩です。 

 

松井稼頭央さんは、①前者です。

尊敬に値する立派な日本人です。

 

-------------------------------

「一定の数の世論」形成のため、

「拡散」に、ご協力下さい。