「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。

祝! #西純矢 君の個性は生きていた #U18W杯

ずーっと気にかけていた、注目選手がいました。 

 創志学園・西純矢君です。

昨年の選手権で、ガッツポーズを糾弾され、「野球害毒論」『異物』と、

朝日新聞⇒高野連・竹中雅彦事務局長⇒当日の主審
の流れで、潰された「個性派投手」です。

 

www.otonarashino.com

 

 *試合後のインタビュー

f:id:otonarashino:20190831183730j:plain

 

<U18W杯:日本19-0南アフリカ>◇31日◇1次ラウンド◇現代車ドリームボールパーク(韓国・機張)


日本代表が投打に圧倒して2連勝を飾った。

打線のMVPは最速154キロ右腕の西純矢投手(3年=創志学園)だった。4回に左越えにチーム1号の3ラン。6回にも再び左翼越えに高々と舞い上がる2ラン。犠飛、2点左前打も放った7番打者は8打点の大暴れだった。

「出来すぎというくらいいい打撃ができた。1本目は低いライナーを打とうと思った。ヒットの延長です。2本目はちょっと狙っていました(笑い)。余裕ができたので」

26日の大学日本代表との壮行試合のあと、コーチらと木製バットの対応を見直した。通常より呼び込んで打つ意識にして、韓国入り後に状態が上向いた。投手として「四天王」の実力を持つが、打者としても今年の中四国でトップクラスと評価されている。

2本目を打ったムポフ投手とは前日の開会式から英語で会話するなど「一番仲良くしていた」。打席でサインを送ると、相手も笑顔。直後に大飛球を放ってみせた。「やっちゃいました(笑い)。でも、精いっぱいプレーするのが国際交流。お互いの力を出せたのでよかったと思う」試合後は笑顔で抱き合い、健闘をたたえ合った。

9月1日の第3戦、米国戦からはいよいよ「本業」の投手としてもスタンバイ。「東京からすごく調子がいいので不安はない。自分は投手がメインなので、早く投げたいです」と心待ちにしていた。

 

 

 

<コメント>

上記の記事の西純矢君のコメントは、試合直後(上記の写真)のものではない。

高校生らしくない、と判断した記者が頑なにその発言を意図的に飛ばしていたのだ。

 

インタビューを視聴していた。

「狙って」ホームランを打ち、イメージ通りだった、と言ってのけた。

ごくごく自然に。驕りなど微塵も感じられなかった。

こういう男なのだ。

 

反日左翼のイデオロギーに潰されかけた(攻撃された)選手を救い上げ、将来に向けた糧を与えている永田監督を支持する。

・ 飯塚脩人(習志野)

・ 横山陽樹(作新学院)

・ 西純矢 (創志学園)

そして、そのチャンスに確固たる実力で応える、彼らは「本物」である。

 

姑息な在日集団が、無視することが出来ず、記事にせざるを得ない状況になっている。