「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。

秋季関東大会 準決勝(・決勝)は「消化試合」の様相

準決勝 第一試合◇観衆 2000人 

f:id:otonarashino:20191026165251j:plain

 

敗れた東海大相模は、山村 崇嘉を先発に起用する奇策に出たが、バント処理でもミスが出るなど経験の少なさが出る形となった。

<高校野球ドットコム 抜粋>

奇策に出た

実相を伝える的確な表現ではないか。

 

 

高校野球の秋季関東大会は26日、前橋市の上毛新聞敷島球場で準決勝が行われ、東海大相模(神奈川1位)は高崎健康福祉大高崎(群馬3位)に2-8で敗れた。

東海は一回、山村崇嘉(2年)の右前適時打で先制、五回にも内野ゴロの間に1点を追加したがその裏、守りのミスが絡んで一挙5失点。2―6の七回にも3長短打と失策で2点を奪われ、駄目を押された。

東海大相模の門馬敬治監督は「 負けるべくして負けた。これでもか、というくらいに課題を出してくれた試合。この負けをどう受け止めるかだ 」と唇をかみ
主将の山村は「守備面のミスが反省点。春まで時間はある。自分が中心となって守備を上げていきたい」 と話した。
.
神奈川新聞社

 

<コメント>

「消化試合」の可能性があり、相模の本気度で「真剣に」視聴するか決めるつもりでいた。⇒初回、5回裏、最終回を視聴した

結果は、明らかに「消化試合」の様相だった。

門馬監督のコメントを素直に受け止めることはできない。

経験のある選手達が、監督の起用・采配をみて、「真剣勝負」ではない、と判断。

気の緩みからミスをした、とみられても仕方がないだろう。

野球が優秀でも、中身は高校生であり、こういう緩みはいずれしっぺ返しを食らうと予想する。

お試しの選手起用でも、勝ちに行くことが必要ではないか。

プロサッカーのW杯レベルではないのだから。

 

 

準決勝 第二試合◇観衆 3500人

f:id:otonarashino:20191026172848j:plain

両チームとも、勝ちにこだわる姿勢がみられた。

 

 

<総評>

観客数・活気とも、先週の盛り上がりに遠く及ばない印象を受けた。

【明治神宮大会】組み合わせが決定!

この大会に出場することが、モチベーションに繋がらないことは明らかではないか。

疑問を感じざるを得ない。

 

準々決勝で敗退した習志野・花咲徳栄が、浮き彫りになった課題を克服するため、選抜出場の他力本願を打ち消し、「チーム作り」に動き出した。

同じく夏の選手権に出場し、更に中心選手・鵜沼をU-18W杯に貸し出した相模も、新チーム作りに時間をかけられなかった。

実相は、新チームの秋時点での関東1位・日本1位など優先順位が低い、ということだろう。

 

 

 

決勝 ◇観衆 1000人 

f:id:otonarashino:20191027131127j:plain

高校野球の秋季関東大会最終日は27日、前橋市の上毛新聞敷島球場で決勝が行われ、健大高崎(群馬3位)が山梨学院(山梨1位)を3―0で破り、初優勝した。群馬県勢の優勝は1979年の東農大二以来40年ぶり。

 

 

 

  -----------------------------------------------------------------------------------------
このブログが、高校野球の事件を扱い、その首謀者が、在日が支配するマスコミですので、「ブログランキング」「高校野球」「ジャーナリズム」「特定アジア」の3つを選択しました。
ここをきっかけとしたアクセスが増加しております。
*「拡散」のため、ご協力をお願い致します。