「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。<3節>高校野球の正常化には、『政治』の正常化が欠かせません。在日集団と媚中勢力に侵された「現実」に踏み込むことに致しました。

「1%」の半島系外来種が演じている韓流『劇場』に、極限まで浸食された日本国・・・剥き出しになっている反日 #法曹界 #芸能界 

一体、今日本で起きていることは何なのでしょうか。

一部の情弱を除いて、相当数の日本人が気づいていると信じています。

半島系外来種にマスコミを握られ、在日集団(ここのところ目立つのが法曹と芸能)の三文芝居を見せつけられています。

現在のアメリカを象徴する傾向も「1%」がキーワードになっています。

 *歪んだ問題ですが、同じアメリカ人同士の問題です。

トップ1%の富裕層の富は急増

 

アメリカで、収入がトップ1%の超富裕層は、1990年ごろから現在にかけて急激に収入額が増大しています。上記のグラフを見れば、トップ1%の収入は1980年から2000年にかけて200%(3倍)に増加していることが分かります。

極端な例として、1965年時点での企業の最高経営責任者(CEO)と平均的な労働者の賃金格差は24倍でしたが、2003年には185倍にまで差が開いています。

 

 

--------------------------------

 

日本における現状も、約「1%」の朝鮮人による広義の「背乗り」により、あらゆる分野で、やりたい放題の朝鮮劇場が剥き出しになっています。

*悪い意味での朝鮮民族の優位性。自ら生み出すことが出来ないため、古来より「背乗り=乗っ取り」を得意としている。一人引き入れたがために、手段を選ばない在日に乗っ取られた企業が増加している。経団連まで乗っ取られた。保守層は、放置しているのが、安倍政権だという辛い現実から目を逸らすべきではない。現政権は、良くて「中道左派」であり、決して保守ではない。

 

 

とことんまで調子に乗り、限度を知らない連中ですので、国そのものを「背乗り」できると自信を持って蠢きだしたわけです。

やっかいなことに、ここに属国の主である中国共産党の工作が絡み、民主主義の弱点をついた『超限戦』が、スパイ防止法すらない日本にじりじりと長期間にわたり仕掛けられ、政界は媚中勢力に占められた有様です。

 

 

純粋な日本人でない人も結構います。 本物、偽物、似非ものを語るとき在日の問題は避けて通れません。この場合の在日は広義の意味の在日です。いわゆる三、四代前までに先祖が日本にやってきた帰化人のことです。 そういう意味では、いま日本に驚くほどの数の在日が住んでいます。同じ在日でも日本人になりきって日本のために頑張っている人は何の問題もありません。立派な人たちです。問題なのは日本人として帰化しているのに日本の悪口ばっかり言っていたり、徒党を組んで在日集団を作ろうとしている輩です。いわゆる、似非日本人、なんちゃって日本人です。政界(特に民主党)マスコミ(特に朝日新聞、NHK、TBS)法曹界(裁判官、 弁護士、特に東大出身)、官僚(ほとんど東大出身)、芸能界、スポーツ界には特に多いよ うです。芸能界やスポーツ界は在日だらけになっていてもさして問題ではありません。 影響力はほとんどないからです。問題は政界、官僚、マスコミ、法曹界です。国民の生活に深刻な影響を与えます。私どもの会社も大企業の一員として多岐にわたる活動から 法廷闘争になるときが多々ありますが、裁判官が在日、被告側も在日の時は、提訴したこちら側が 100%の敗訴になります。裁判を始める前から結果がわかっているのです。

似非日本人はいりません。母国に帰っていただきましょう。

 

 *ここにアカデミー(教育)を含める必要がある。

この連中が、内閣府の人事を牛耳っている管官房長官の主導により、「専門家」として送り込まれ、反日政策を生み続けている。特に目立つのが「慶応」だ。竹中平蔵の影響力だろう。

 

 

 

 

「桜を見る会」首相らに告発状、弁護士ら660人が提出
2020.5.21 14:31社会事件・疑惑

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」前夜に開かれた夕食会で、参加した有権者に飲食代を提供するなどしたとして、全国の弁護士や学者ら約660人が21日、公選法違反(寄付行為)と政治資金規正法違反の罪で、首相と後援会幹部の計3人に対する告発状を東京地検に提出した。地検は受理するかどうか検討する。

 夕食会は平成30年4月、都内のホテルで開かれ、安倍首相の支援者ら約800人が参加。会費は1人5千円だった。

 告発状によると、安倍首相と後援会幹部は、1人当たりの飲食代が少なくとも1万1千円はするのに5千円ずつしか徴収せず、後援会の政治資金収支報告書にも夕食会の収支を記載しなかったなどとしている。

 

<コメント>

>全国の弁護士や学者ら約660人

相当数の「外来種」が主導している、とみていいだろう。

こいつらは、事実関係などどうでも良く、こいつらのこうあるべきだ=絶対正義」が全てに優先する。

やりたいことは、

 ”国政介入”朴槿恵元大統領、破棄差し戻し審で懲役35年求刑 ⇒捏ち上げ

日本での再現であり、

驚くべき事に、本気なのである。

外来種には、

>似非日本人はいりません。母国に帰っていただきましょう。

MUSTである。

こんな連中に翻弄されている現状を打破しなければならない。

 

一例;

 

 

 

 

>弁護団の河合弘之弁護士

東日本大震災後は原発訴訟をリードし、海渡雄一弁護士(社民党首・福島瑞穂の夫)とともに反原発映画を製作している。

 

 

 Q: 何故に、訴訟を起こしたのでしょうか?

 

A: 勝つ確証があるからです。

>裁判官が在日、被告側も在日の時は、提訴したこちら側が 100%の敗訴になります。裁判を始める前から結果がわかっているのです。

 

 

<コメント>

この数日だけで、多くの朝鮮劇場が展開されておりました。

上記は、一例に過ぎません。

完全に、調子に乗っています。

 

期待できるのは、やはり「護る会」しかないのでしょうか。。。

 

 

 

 

--------------------------------

 

是非に、

 ブログランキングのご協力(クリック)をお願い致します。

 

 現在のクリックは、

0/610

 の有様です。