「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。

#汚鮮 の象徴「デイリースポーツ」・・・ #ホワイト国 韓国除外の記事から透けてみえる在日記者の存在 #あいちトリエンナーレ

今日も酷暑が続きそうです。

昨日は、やばい体調になる一歩手前であることを自覚しておりました。

熟睡により、回復したようです。

 

昨日の記事のPVが低調でした。

夏枯れもあると思われますが、

いわゆる「ネガティブ」な記事を目にしたくない、という心理も一因と推察いたします。

このブログを継続して購読している読者の皆様はご存じの通り、PV増目的で記事を選んでいるわけではありません。

そうならないことに超したことはありませんが、確実に「ポイント」となる現象でしたので、ご留意願えればと思います。

 

さて、別の言い方をすると、

在日が起こした愚行を、在日が擁護し、あろうことか逆に「攻撃」を仕掛け在日集団が拡散。「限度を知らない」「しつこい」在日集団がその捏造騒動の「蒸し返し」抽選日を控えたタイミングで意図した』

というのが現在の状況です。

 

今日の抽選結果で、星稜を中心に事態が動き出すでしょう。

事件が起こるなら、犠牲者は、最初に抽選で当たる「激戦区の強豪校」と予想します。

*例外は、明徳義塾のようなしたたかさを備えた名門校

実際に事件が起こるか否かは、昨日記載したとおり、

 

> リスクは日本人には想定不能な在日集団の行動原理に絞られたようです。
いずれにしろ、反日左翼新聞が主催者なのが大問題なのです。

 

 のため、想定不能です。

 

-----------------------------------------

 

ここのところ悪質さで目につくのが、「美爆音」悪の印象操作の発端になった「日刊ゲンダイ」「ディリースポーツ」です。

ゲンダイについては、何でもありの「低級誌」として浸透していますので、

今日は「デイリースポーツ」に焦点を当てます。

 
>デイリースポーツ(Daily Sports)は、日本のスポーツ新聞である。株式会社デイリースポーツが編集し、神戸新聞社から発行されている。本社は神戸市中央区で近畿地方に地盤を築いている。キャッチコピーは「ブレないスポーツ紙」。
・ 名実ともに「近畿唯一のスポーツ紙」であった。
・ デイリーは直営ではないものの日経系のスポーツ紙としての役割を補てんしているといえる。
・ 前述したとおり2006年に神戸新聞社と日経新聞社の提携関係の締結により、
・ 組織的には、神戸新聞取締役会の下にデイリースポーツ事業本部をおいた。
・ 加えてデイリースポーツが飛ばし記事を多く配信していることから関西の阪神ファンには重宝がられていない。
・ 関東ではデイリースポーツのみ阪神記事が1面を飾っている場合が大半。

このブログでも紹介したが、日刊スポーツと完全に同期を合わせた、悪質記事を連発している「お仲間」である。
関東ではマイナーであり、地上波テレビで例えるなら「東京MX(大株主の一つ:中日新聞社)」のようなものと、個人的には捉えている。 

 

--------------------------------

日経新聞について「経済専門」を謳っている為、誤解している読者がいるかもしれませんが、 紛れもない「偏向新聞」です。

特に、「媚中(中華人民共和国に媚を売っている)」傾向が著しく、時に*北朝鮮の工作に手を貸す飛ばし記事を連発しています。

 *拉致問題など

 

 

昨日一際目を引いた記事です。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

8/2(金) 10:55配信

習志野 甲子園練習に…準Vセンバツではサイン伝達疑惑 監督改めて否定


厳しい表情で選手の動きを見る習志野・小林徹監督=甲子園(撮影・佐藤厚


 「全国高校野球選手権・甲子園練習」(2日、甲子園球場)

 今春センバツ準Vの習志野(千葉)が登場し、20分間聖地で汗を流した。練習を見つめた小林徹監督は「思ったよりも普通に動けているかな」と頼もしげ。春に届かなかった頂点へ上々の感触をつかんだ。

 センバツでは星稜(石川)との2回戦でサイン伝達疑惑が浮上。大きな話題へと発展したが、「全く何も言いませんでした。試合が終わった段階で彼らには何の注意もいただいていない」と改めて否定した。

 選手も騒動の影響を感じさせずに今夏の千葉大会を勝ち抜き、2季連続の大舞台となった。春のファイナリストとして「資料、データは取られている。何を意識するとかはしなくていい」と丸裸にされることを覚悟で、自然体のまま挑む。

 

 

コメント欄は、その悪質さと、あまりにも程度の低い稚拙な記者(=デイリースポーツ)に呆れかえっておりました。

 

いつまでそんなクダラナイ質問してんだ!
記者失格だよ、やめちまえ!

 

Y氏:デイリースポーツさん大丈夫?
サイン伝達疑惑をかけた星稜の林監督は星稜高校より指導禁止処分を受けた時にマスコミ各社にFAXで「・・・不当に中傷し・・・」の謝罪文を送ってますよ。星稜高校は林監督の発言は中傷だったと謝罪して、林監督もその処分を受け入れていますよ。
もしかして、デイリースポーツにはFAXは届いてなかったのかな? 

 

 

お約束の信者真性の「情弱」も多数沸いていてます。

 

嘘つくなよ選手から聞いたぞ正直な大人に育ててくれよ

 

習志野監督の「おたくもやってるでしょ?」が全てを物語ってる
所詮疑惑をかけられる学校はそのレベル
とっとと騒音軍団と共に散れ

 

もっと緻密な盗みを学んできたんだね!
そんなことでは最強近畿勢には勝てまへん

 

千葉大会見てたけどセカンドランナーからじゃなくてランナーコーチからキャッチャーの構えるコースのサインの伝達はやっている。
打者の目線がチラチラとランナーコーチに行く。
星稜の林さんは目の付け所を間違えた。

 

世間の一部目はいまだ厳しいと思う。優勝候補にふさわしいクリーンな試合、疑念と思われるようなことはしないことが賢明だね。

 

*平気で「嘘」を織り交ぜる悪質さは、日本人とは思えません。信者には無視できない数の在日が存在すると強く推測します。もはやオブラートに包む必要性を感じません。

 

 

もう一つの仮説は、この新聞社が取り返しのつかないレベルまで「汚鮮」されていることでした。

Yahooアクセスランキングの上位に顔を出していることで気がつきました。

コメント数:9380

headlines.yahoo.co.jp

www.daily.co.jp

 

8/2(金) 17:31配信

日韓関係悪化がスポーツ界に波及 試合、合宿中止相次ぐ 東京五輪ボイコット論も


東京五輪に向け、日本代表選手団を応援する「がんばれ!ニッポン!全員団結プロジェクト」のイベントも行われたばかりだが…


 日本政府は2日、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取っている「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定した。日本がホワイト国の指定を取り消すのは韓国が初めて。元徴用工問題などを巡り対立を深める日韓のさらなる関係悪化は確実となった。両国の対立は、来年に東京五輪を控える中、スポーツ界にも波及してきた。

【写真】これが「あいち―」で展示中止要請された「平和の少女像」だ!

f:id:otonarashino:20190803085610j:plain

 追記:*焦点をぼかしたくありませんが、「あいちトリエンナーレ 」の展示物における騒動の呆れた実態の象徴的写真です。

記者のレベル(少なくとも日本人のDNAではない)、も追加します。

 

 

韓国の民営通信社「ニューシス」は、日韓関係の緊張の高まりの影響で、バスケットボールやバレーボールなどで予定されていた親善試合や合同合宿が次々と中止になったことを報じた。バスケットボールの韓国リーグ王者の蔚山現代は、日本での親善試合をキャンセル。このほか仁川や、釜山、昌原のチームが日本での合宿を取りやめて、台湾や国内合宿に切り替えたという。

 また韓国紙「中央日報」は、政界の話として「一部では2020年東京オリンピック(五輪)に打撃を与えるべきだという主張もある」と、五輪ボイコットの可能性に触れた。また「聯合ニュース」によると、青瓦台(韓国大統領府)の国民嘆願掲示板には五輪ボイコットを求める嘆願文に940人が参加しているという。

 

<コメント>

お約束の「韓国目線」の記事ですが、言いたいことはそこではありません。

 

この記事を書いた記者は、「在日」であることが濃厚です。

 

 

神戸新聞社から発行されている。本社は神戸市中央区で近畿地方に地盤を築いている

 

現在、兵庫県に在住する在日韓国・朝鮮人は約7万人あまりでそのうち約3万人が神戸市に住んでいる。一般的に「在日」が定着する要件としては同胞が以前からある程度集中していること、また比較的仕事に恵まれているなどが考えられる。神戸は港町で船が入国しやすいこと、明治開国後から多くの外国人が神戸に入ってきて他の街よりも言葉が不自由でも共に暮らしていけそうな雰囲気があったことなどから大阪ほどでないにしろ神戸に定着する在日朝鮮人の人たちが増加した。

神戸市長田区と「在日」のつながりを見る上で戦争・ケミカルシューズ・阪神淡路大震災は欠かせない。この3つのキーワードをふまえて戦前・戦後・阪神・淡路大震災後にわけて神戸市長田区と「在日」の人たちの足跡をたどっていきたい。

 

 <コメント>

 私の好きな日本映画は、「男はつらいよ」です。

すり切れるほど観ました。

特に心を揺さぶられるものの一つに、当時の日本の原風景(祭り・機関車・町並みなど)が描写されていることです。映画としてだけではなく、貴重な資料だと思います。

その中で違和感として残っているのは、渥美清さんの死によって未完の最終回となった「第48作 男はつらいよ 寅次郎紅の花 」のラストシーンです。

後に、この監督が大きく左に傾斜していることを知りました。

www.youtube.com

朝鮮踊りで締め括られていることがたまらない。
(悲)

 

同感です。 (悲痛)

 

 

--------------------------------


ブログを開設してから、60日間が経過しました。


このブログが、高校野球の事件を扱い、その首謀者が、在日が支配するマスコミですので、「ブログランキング」「高校野球」「ジャーナリズム」「特定アジア」の3つを選択しました。
ここをきっかけとしたアクセスが増加しております。
*「拡散」のため、ご協力をお願い致します。