「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。

馬淵監督

星稜内紛劇から透けてくる「日本の闇」・・・マスコミとアカデミーに対する浸食は末期的な惨状

> <情報源>解析を進める中、この問題の真相に繋がる、深い位置にいる石川県野球関係者に到達しました。情報を随時更新できるパイプが構築された事で、マスコミが絶対に報じない都合の悪い事実をお伝えして行くことも可能になりました。 このブログの1本目…

害毒 #高野連 の“陰の権力者” 田名部和裕理事  #門田隆将 

門田隆将氏‏ が9/5に言及していた 「一人の高野連の“陰の権力者”」が、>U18監督の不可解人選もそうだが、高野連が「7日間500球」の球数制限を打ち出そうとしている事が深刻。 の実名が明かされた。 門田隆将‏ @KadotaRyusho · 8h8 hours ago 形だけの有識者…

決勝に進出した、朝日の「野球害毒論」教の優等生  呆れかえり、「無視」に転じた『正常な高校野球ファン』

履正社vs星稜20190822決勝戦の後。監督さん、コーチさん仲良しだった。#履正社#星稜 pic.twitter.com/JEI84TS9Tn — wataru/わたるんふぉと (@watarun_photo) August 23, 2019 違和感満載の写真である。 岡田龍生(おかだたつお) 1961/5/18 出身:大阪 東洋…

星稜決勝進出 「備えあれば憂いなし」の審判配置 「緻密な野球」を否定する「野球害毒論」信者が支配する甲子園

仙台育英戦は序盤0-5まで観戦していた。 ファンには申し訳ないが、経験値の薄い1年生投手を準々決勝で先発させた。 細かな事情が分からないため、ここまでは許容できた。 が、制球が定まらない状態で引っ張った判断は理解できなかった。 興味を失い、他の予…

#中京学院大中京 を覆う「闇」

橋本哲也監督の発言が大きく取り上げられている。 昨夜、たまたまテレビのスイッチを入れたときに、NHKのスポーツニュースだった。 (高校野球を録画していたため) そこでも、橋本哲也監督の「バドミントンのシャトル」を使用した練習風景が取り上げられて…

野球害毒論が花盛り 朝日新聞に通じた甲子園審判の丸出しの狂った「信仰」ぶり 高校野球の崩壊が加速している!!!  #習志野 #作新学院  

反日左翼の中核、「朝日新聞」の高校野球「支配」が加速しています。 『絶頂期』の様相です。 その丸出しの「凶行」に気づいている層は 、「少数派」の有様にみえます。 その「元凶」は、中立・公平が条件のはずの「甲子園審判団」です。 予告していた「2002…

スポーツ業界における「K」の支配 「絶頂期」を目の当たりにする可能性があります

星稜(石川)4-1で智弁和歌山(和歌山) を3回から視聴しました。 単純にゲームを楽しむのではなく、朝日新聞(含む高野連)が「やらかす」可能性を前提とした視聴です。 *主審:「美野正則」 6/12に、スポーツ業界に存在する「闇」について、初めて言及し…

#朝日新聞 を高校野球から取り除かねばならない理由を自白した記事を掲載しました #習志野 をターゲットとした「朝日新聞」と #高野連 の暴挙

朝日新聞の勝利宣言と今後も「甲子園・高校野球」をこの連中のイデオロギー(=野球害毒論)に沿ってリードしていくつもりの決意表明です。 記事を読んでも、多くの読者が、そこに視点が向いていない厳しい現実が分かります。 headlines.yahoo.co.jp www.nik…

#習志野 感謝しかありません これ程強靱な精神力を持つチームは観たことがありません  #鶴岡東 に千葉と沖縄の思いを託します

習志野高校が敗れました。 脳天気な千葉県知事と習志野市長に代わる、知恵を結集した、具体的支援が出来ませんでした。 結果、現場の小林監督と竹繩主将を中心とした「高校生」である選手を応援することしかできない現実を思い知らされました。 吹奏楽部を始…

#星稜 vs #立命館宇治 『誤審』は単純ミスなのか、それともおかしな力が働いているのか?!

結論から申し上げれば、「鬱陶しい」暑さが続きそうです。 hochi.news 2019年8月12日 6時0分スポーツ報知 13日に立命館宇治(京都)と戦う星稜(石川)は、「針の穴を通す」制球力が武器の次期エース候補右腕・荻原吟哉(2年)は、初の甲子園マウンドへ準…

#汚鮮 の象徴「デイリースポーツ」・・・ #ホワイト国 韓国除外の記事から透けてみえる在日記者の存在 #あいちトリエンナーレ

今日も酷暑が続きそうです。 昨日は、やばい体調になる一歩手前であることを自覚しておりました。 熟睡により、回復したようです。 昨日の記事のPVが低調でした。 夏枯れもあると思われますが、 いわゆる「ネガティブ」な記事を目にしたくない、という心理も…

#星稜 を取り巻く異常な言論空間と石川県と「在日」、友好(浸食)の歴史

本日は、予定を変更して、星稜を取り巻く異常な言論空間を取り上げます。 7/28各都道府県で決勝が行われました。 春の関東大会を制した東海大相模、新鋭山村学園を下した花咲徳栄、マスコミが喧伝している「スーパー1年生」に貫禄勝ちした馬淵監督率いる明徳…

# 習志野 千葉県大会優勝 一夜明けて思うこと  及び、未だに続く印象操作の後遺症

昨日は、何とも形容しがたい疲れがどっと出ました。 3/28の星稜戦(正確には対戦決定)後から始まった「サイン盗み」という捏造報道による、千葉の誇り習志野高校に対する著しい名誉毀損報道の既成事実化を抑えようという戦いに、句読点が打たれたからです。…

甲子園主催者 #朝日新聞 (テレビ朝日)の実態ーその朝日新聞の天下りの巣窟が #高野連 というあり得ない現実

今日は、千葉大会の休養日で、試合はありません。 このブログ(音)も休むつもりでしたが、熟睡により体力が回復したため、ここまでの大会を振り返り、あまりスポットが当たっていない注目点をまとめようと考え、最後にTwitterで最新ニュースをチェックして…

#習志野高校 の受け継がれた「伝統」ー在日集団の捏造(サイン盗み疑惑)がどれほど不当で、'歴史を知る’「良識ある高校野球ファン」が、怒髪天を衝いたか分かるはずです

>習志野・小林監督の「批判」をよく耳にしますが、私は、「斉藤イズム」に現在最も近いのは、実は、習志野・小林監督、だと考えております。故斉藤一之氏とライバルとして死闘を繰り返した、恩師の習志野元監督、石井好博氏が同タイプならあり得る事ではな…

#銚子商業 初戦突破。試合内容は視界良好なのか?              「センバツ王者」東邦コールド負けはサプライズなのか?

このブログは連続性を重視しております。 前回の記事で、銚子商業を取り上げました。 このブログを継続してご覧頂いている読者は、その連続性を理解されていると思います。 結果として、ここのところ低迷していたアクセス数が底を打ち反転しました。 「政治…

「松井秀喜5打席連続敬遠」と「習志野高校に対する誹謗中傷」の共通性

www.dailyshincho.jp 2018年8月2日号掲載 高校野球の本質を問う試合 さまざまな点で平成4年2回戦の星稜―明徳義塾戦は甲子園に特筆される名試合だった。それは、高校野球とは何か――という本質を問う試合だったからだ。 星稜の4番松井秀喜に対して採った明徳の…