「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。

速報! ②星稜に「抗議電話」が殺到しているようです

 

www.otonarashino.com

現在、星稜に対する抗議電話が殺到していると、みておいて良いと思われます。
(追って、そのことを確認する、情報に触れるでしょう)

 

予告しておりました情報が、北國新聞からもたらされました。

headlines.yahoo.co.jp

 

www.hokkoku.co.jp

 

流石は、中立の視点を持つ北國新聞。
サンケイスポーツを除く、スポーツ新聞4社の「星稜擁護」のデコレーションがなく
「事実」を正確に伝える姿勢が窺える。

学校には厳しい意見も多く寄せられており、信頼回復の道のりは平たんではない。


これは、北國新聞が報じた、
4/13 林監督謹慎処分の第一報
4/14 履正社にもサイン盗みを疑っていた
の記事で(北國新聞が)厳しい処分を促した事を受けて、

後付で、4/15
稲置学園が「プレスリリース」をFAX1枚で、マスコミのみに伝えたことを思い起こさせる。

その際に報じられたのは、200件以上とされた「抗議電話」だ。
この「200件以上」には、その期間・星稜の代表電話の回線数の情報がない。
つまり、「200件以上」とは、
あくまでも、星稜が受け付けた件数に過ぎず、実際の数は、遙かに多い件数と解釈するのが自然である。

 

その他にも、「精読」に値する情報がちりばめられております。

特に注視すべき箇所は、

学校側は監督交代も含めて対応を検討してきたが、一連の言動を深く反省しているとして、林監督の復帰を認めた。鍋谷正二校長は4日に日本高野連、習志野の校長、保護者会などに謝罪と併せて監督復帰の報告を行い、「習志野の校長からは『(林監督は)まだ若いのでご指導してください』と気遣いの言葉を頂いた」と明かした。

 

習志野校長は、前校長の「遺志」(注:ご存命です)を受け継いだひとかどの「人物」です。

このコメントには、いくつもの意味が込められております。

*後日、明らかにするつもりです。

 

因みに、コメント数はわずか2件でした。

星稜ファンとその信者の皆さんは、北國新聞にコメントしない傾向があります。