「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。<3節>高校野球の正常化には、『政治』の正常化が欠かせません。在日集団と媚中勢力に侵された「現実」に踏み込むことに致しました。

2020夏季千葉県高等学校野球大会 第6地区の展望 #銚子商業 #千葉黎明 #成田

久しぶりに高校野球を取り上げます。

 

「アクセス解析」を確認すると、「政治」ではなく、「高校野球」の記事が圧倒的なのが分かります。

 

各アクセス元で共通ですが、ここ数日は元印旛高校監督・蒲原弘幸氏に注目が集まっているようです。

Google からよくアクセスされているページ
23% かつて無名の公立校ばかりを次々と甲子園に導いた「公立校の名将」蒲原弘幸氏の血脈 #我孫子東 #中央学院
14% #千葉黎明 野球部「強豪校へ」の歩み 
12% #銚子商 VS #多古 沢田監督と遠藤投手コーチの采配が光った一戦でした

10% ブログトップ
5% 強豪 #成田 を基準とした現在の千葉勢力図 ⇒ #銚子商業 は3番手グループか。。。

 

ここのところ、「政治」に関わる記事を続けている身としては少々複雑ですが、紆余曲折の末、実現した独自大会が近づき、高校野球ファンの期待の高まりを反映しているようです。

 

www.otonarashino.com

 

 まさしく、ろくでもない知事による武漢ウイルス禍を利用したパフォーマンスに翻弄され、部活動さえまあならない長期にわたるブランクで、現在の戦力は測りようがありません。あくまで、秋季大会での観戦がベースになりますが、第6地区を展望してみます。

 

f:id:otonarashino:20200720183942j:plain

思いっきり、*無観客試合となっています。

ご両親の観戦が認められたことが救いです。

f:id:otonarashino:20200720184539j:plain

 

① 上のブロックでは、順当に行けば2回戦で、多古vs千葉黎明の対戦となりそうです。両チームの特徴と戦力は下記をご参照ください。

東部地区大会決勝の再現になります。

勝者がそのまま決勝に進出する公算が高いでしょう。

 

>○決勝戦
3.千葉黎明12⑦4多古

*2年連続優勝

 

www.otonarashino.com

 

www.otonarashino.com

 

www.otonarashino.com

 

② 下のブロックでは、成田の準決勝進出が順当でしょう。

銚子商業は、東部地区大会でもつれて、逆転サヨナラスリーランで振り切った東京学館戦を突破することが第一の関門となります。

秋季大会では、成田2-0銚子商業でした。

 

www.otonarashino.com

 

 千葉黎明vs 成田or銚子商業

の決勝が大方の見方になるのではないでしょうか。

 

私は、生粋の銚子商業ファンですが、秋季大会時点での戦力では、千葉黎明・成田が頭一つ抜けていました。

武漢ウイルス禍の悪影響で、戦力の伸びしろは想定しづらく、銚子商業は厳しい闘いとなることが予想されます。

 

 

打倒習志野 守備磨いた銚子商 エース宮内「千葉で1位取る」 【特別な夏、変わらぬ思い】

ウエートトレーニングを行う銚子商の選手=銚子市
ウエートトレーニングを行う銚子商の選手=銚子市
昨夏の市川戦にも登板した銚子商のエース・宮内陸
昨夏の市川戦にも登板した銚子商のエース・宮内陸

 千葉県で習志野とともに甲子園優勝経験がある伝統校。15年ぶりの甲子園出場はコロナ禍で果たせなかったが、銚子商の加瀬泰雅主将は「俺たちが千葉で一番だぞ、と言いたい」。そして「一つずつ上がって行って、習志野は倒したい。好敵手を念頭に頂点を目指す。

 Aシードとして臨んだ昨夏は市川との5回戦で失策が続出し敗戦この1年は守備を徹底的に鍛えた。27連続アウトを取らなければノックが終わらない。そんな練習も行い、甘えを消した。練習の合間に白米を腹に詰め込むなど増量を意識し、昨夏から主力の選手も多い。手応えはあった。

 だが、戦わずして甲子園の夢は消えた。中止直後はショックの大きさから「(チーム全体で)気持ちが落ちて話になっていなかった」と加瀬。それでも選手間でミーティングを重ねてモチベーションを上げた。

 加瀬は新チーム発足から捕手に転向。当初、リードはすぐ覚えられたというが、捕球には苦労した。あざだらけになりながら扇の要に成長した。同学年で昨秋は背番号9だった加瀬悠太はいとこ。飯岡中時代、泰雅は硬式、悠太は軟式だったが「一緒に商業でやろう」と名門を志した。

 守りを武器にそつなく戦う今夏の銚子商。エースは昨夏の市川戦にも登板した宮内陸だ。銚子六中出身だが「野球に専念したくて」と寮に入った右腕。コロナで寮は閉鎖となり、部活休止中はキャッチボールやランニングで体力を維持した。

 「甲子園に出場できれば、人生が変わると思っていた。夢の舞台」。こう形容する聖地は消えたが「千葉県で1位を取ることを目標にしている」と意気込む。

 同校OBで就任4年目の沢田洋一監督は「途中で諦めかけた時期もあったが、大会ができて子どもたちも前向きになった」。胸の「CHOSHO」の誇りを胸に、千葉の

頂点に立つ。

--------------------------------

 

<コメント>

秋季大会では、サードと外野の守備に難がありました。

宮内1人に頼った投手陣がどこまで整備されたのか、期待したいと思います。

 

 

--------------------------------

 

 ブログランキングのご協力(クリック)をお願い致します。