「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。<3節>高校野球の正常化には、『政治』の正常化が欠かせません。在日集団と媚中勢力に侵された「現実」に踏み込むことに致しました。

甲子園中止 千葉は独自大会開催へ・・・連携して、根拠のない休校期間延長を繰り返し、学生生活の基盤を破壊している元凶は、更なる政治利用を続けている #小池都知事 #吉村府知事

 

 

甲子園中止 千葉は独自大会開催へ 

臨時理事会後、記者の取材に応じる県高野連の渡辺範夫会長=22日、千葉市稲毛区
臨時理事会後、記者の取材に応じる県高野連の渡辺範夫会長=22日、千葉市稲毛区

 千葉県高野連(渡辺範夫会長)は22日、臨時理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった第102回全国高校野球選手権千葉大会に代わる県独自の大会を行うことを決定した。理事会後に渡辺会長が記者会見を行い、発表した。県高野連は8月上旬の開始を見込むが、詳しい大会の期間や開催規模は今後協議する。

 渡辺会長は開催を決めた理由について「選手の心情を考えると、何らかのことはやってあげたい。何もしないという選択肢はなかった」と話した。詳しい日程や大会の規模については、球場の確保状況や各部の活動状況を考慮しながら協議していく。

 公営の球場が確保できない場合には参加校のグラウンドを使用することも検討しているという。大会の開催に当たっては、試合後にベンチを消毒するなど、感染防止のための対策がとられる。

 県高野連には21日以降、選手や保護者などから、独自大会の開催を求める電話が多く寄せられていたという。

 

 大会の日程等の詳細は6/7の理事会で検討される予定です

 

 秋季大会予選を予定通り8/20から25まで行う予定、予選は遅らせて行う可能性もあり。 

 

<コメント>

まずは、千葉県高野連の英断を評価したい。

 

複雑な思いの方々が多いだろう。

高校野球の醍醐味は、

(代表例の一つとして)

明徳の馬淵監督が、平成4年2回戦の星稜―明徳義塾戦で示した、

究極の「勝負の世界」である

ことにある。

甲子園という大目標に向かう予選も同様である。

昨夏の準決勝、習志野VS木更津総合の死闘が記憶に新しい。

「一発勝負」の緊張感の中で繰り広げられる試合だからこそ生み出されるものがある。

*相変わらず、馬淵監督を「ヒール」とレッテル張りする在日集団の「とにかくしつこい」ゴミ記事が掲載されていた、ようだ。 

www.otonarashino.com

 

--------------------------------

 

残念ながら、現3年生の思い出作りにフォーカスされた美談に流れているように感じられる。「ゼロ」ではないことは評価されるが、周囲の監督がそこに流されず、「真剣勝負」を心掛けることが肝要と思う。

温情では、選手達が本質を見失い、社会に出る上での糧にはならないだろう。

 

hochi.news

茨城県高野連が代替大会開催で画期的プラン…3年生全員がベンチ入りOK

夏季茨城県大会(仮称)のポイント
夏季茨城県大会(仮称)のポイント

 戦後初となる夏の甲子園大会の中止決定から一夜明けた21日、全国49地方大会に代わって各都道府県高野連が独自に開催する代替大会で画期的なプランが判明した。茨城県高野連の榎戸努専務理事(64)は電話取材に応じ「夏季茨城県大会」(仮称)について、試合を土日祝日だけで行い、全員3年生であればベンチ入り人数に上限を設けない―などの案を明言。26日に予定している県高野連の臨時理事会で審議する。

 甲子園への道を失った3年生部員のために、茨城県高野連が代替大会の具体的な開催案を想定していることが明らかになった。榎戸専務理事は「正式には臨時理事会で決めること」とした上で、練りに練り上げたプランを披露した。

 最大の目玉は、ベンチ入りの人数だ。例年の夏の茨城大会は上限20人となっており、3年生が20人以上いる学校は涙をのむ部員が出ていた。榎戸専務理事は「3年生に区切りをつけさせてあげる大会にしたい。3年生だけで出場するなら20人の枠は設けないつもり」と説明。県内トップクラスの部員数を誇る常総学院でも3年生は31人。物理的にも全員のベンチ入りは可能だという。

 一方で、1、2年生もベンチに入る場合は例年通りの20人を上限とする。各高野連、各校とも代替大会を真剣勝負の場とするか、3年生の引退試合とするかは悩ましいところ。このルールなら高野連の意向を押しつけることなく、学校ごとにどちらかの道を選ぶことが可能になる

 さらに、移動による感染リスクの軽減や大会の規模縮小のため、例年の春、秋の県大会同様、水戸、県北、県南、県西の4地区で予選を行ってから県大会を行う見通し。「地区予選と県大会のメンバー変更は可能」と榎戸専務理事。地区予選は3年生のみで戦い、県大会はフルメンバーで勝ちに行くという“いいとこ取り”も可能になる。

 茨城県は14日に緊急事態宣言が解除されたが、県立高校の休校は継続中遅れを取り戻すため夏休みが短縮される見込みで、授業が行われる平日の試合開催を回避する。7月7日だった開幕を同11日の土曜日とし、11、12、18、19日で地区予選を、23日からの4連休で県大会準々決勝までを行い、8月1日に準決勝、同2日に決勝を行う予定だ。

 試合は無観客で行うが、すでにJ:COM茨城など県内のケーブルテレビ局3社が県大会を中継予定。今後、地区予選の中継も模索していくという。「何とか3年生が次の目標に迎えるようにしてあげたい」と榎戸専務理事。茨城の球児の最後の晴れ舞台が、着々と整いつつある。

 

<コメント>

熟慮が窺えるが、

『星稜校内新聞』スポーツ報知が喜ぶ「野球害毒論」に基づく、真剣勝負の否定に

傾かない、ことが望まれる。

 

www.otonarashino.com

 

 

--------------------------------

 

武漢ウイルス渦を、個人の政治的思惑に「最大限」利用した『屑』+『外来種』知事に翻弄され、

茨城県は14日に緊急事態宣言が解除されたが、県立高校の休校は継続中

 

そのことを煽り目的で「虚報」を垂れ流し続けた主催者朝日新聞自縄自縛に陥り、無責任に逃走した、のが実情である。

 

夏の甲子園「中止」決定後も、高校野球に限らず中高校生の部活を破壊した元凶、緑のたぬきと大阪の「外来種」の「K」のDNA丸出しの茶番が続いている。

とことんまで調子に乗り、他者を顧みず、英雄気取り反日マスコミの度を超した報道の洪水での支援がある)で自分の人気取りだけに集中できるのが特徴だ。

 

 

自分が「ルールブック」と思い込む。何様だ! 

 

<追記>

 ユリコの選挙のためのロードマップ。これで見せ場をたくさん作れるし成果があったように見せつけられるわ、ウフフ〜、そんなところでしょう。それで事業者がどうなろうとお構いなし。しかし、皆さんが声を上げれば、選挙にかなりの影響ありということを見せつければ、変わらざるを得なくなります。

 

冗談抜きで、この屑のやっていることはこの程度です。

薄っぺらなため、迷いが全くありません。

再選させてはなりません。

政治家を見てきた中で、指折りの屑です。

 

 

「非常事態宣言」の発令前に、ろくでもない(偽善者)知事に権力も持たせてはならない、と警鐘を鳴らしてきた。

気違いに刃物

そのものの状況になっている。

そしてこれも予想通りだが、この二人の意向に沿って、東京と大阪の「数字」が操作されていた、との報道が出てきた。

 

 

news.yahoo.co.jp

 <抜粋>

18日夜、都福祉保健局の感染症対策課長が筆者の取材に対し、公表されていない重症者病床の確保数を明らかにした。公表していない理由については「国から報告を求められていなかったため」と釈明。一方、大型連休明けの5月11日まで都が発表していた入院者数は実際より大きく上回り、正確でなかったことも認めた。

 

たとえば、緊急事態宣言延長前の5月6日は「2974人」が「入院中」と発表していたが、実際はその約半分の「1511人」であったことが判明。

 

同課長は取材に対し退院者の把握などに時間がかかった。何も発表しないよりいいだろうということで(不正確なデータを)発表していた」と話した。

 

 

 <コメント>

「非常事態宣言」を引き延ばすため、危機感を煽ることを目的に、数字を偽証した疑いがある。

都知事選を意識した『屑』の思惑が優先された、のだろう。 

 

 

--------------------------------

 

 ブログランキングのご協力(クリック)をお願い致します。