「サイン盗み疑惑」の真相

習志野がしたとされる「サイン盗み疑惑」に特化したブログです。その真相を明らかにしていきます。< 続章>「サイン盗み疑惑」の真相は、朝日新聞を筆頭とする在日集団による捏造事件でした。甲子園を「良識ある高校野球ファン=日本人」が、将来の子供達の為に、取り戻さなければなりません。

#星稜 を取り巻く異常な言論空間と石川県と「在日」、友好(浸食)の歴史

本日は、予定を変更して、星稜を取り巻く異常な言論空間を取り上げます。

7/28各都道府県で決勝が行われました。

春の関東大会を制した東海大相模、新鋭山村学園を下した花咲徳栄、マスコミが喧伝している「スーパー1年生」に貫禄勝ちした馬淵監督率いる明徳義塾などなど枚挙に暇がありません。

しかしながら、報道された記事の本数は、在日集団が牛耳るマスコミの実情に合わせた「星稜」の圧勝でした。

精一杯のデコレーションを駆使して、準々決勝からドラマ仕立ての演出をしておりました。その仕上げに持ってきたのが、正義の義挙をした悲劇の英雄・義士「林」の美談記事でした。

 

*既に留意点として記載しておりますが、掲載元が都合が悪くなるとYahooの「記事削除」を行うため、ダブルで貼り付けています。

headlines.yahoo.co.jp

www.nikkansports.com

[2019年7月28日20時46分]

 

headlines.yahoo.co.jp

hochi.news

2019年7月29日 5時55分

 


headlines.yahoo.co.jp


www.sponichi.co.jp

[ 2019年7月29日 05:30 ]

 

 

朝日新聞・毎日新聞そして「星稜校内新聞」報知が競い合うかのごとく、林の愚行を「美談」に仕立て、「サイン盗み」の蒸し返しを計っております。

「隠し記事」も駆使しており、報知の記事

【写真】【センバツ】星稜・林監督、習志野控室に怒りの乗り込み 前代未聞“場外戦”でサイン盗み主張

をクリックすると下記の記事に飛びます。


hochi.news

 

「義士」林の一つ先輩で、松井秀喜と同期の星稜OB・真性の「なりすまし」朝日新聞スポーツ部デスク『福角元伸』が監修している日刊スポーツの記事を見てみます。

 

<高校野球石川大会:星稜6-2小松大谷>◇28日◇決勝◇石川県立野球場

星稜・林和成監督(44)が万感の思いで甲子園に戻る。「私自身が迷惑をかけて選手に余計な重圧がかかったと思う。ここまで戦ってきた選手を誇りに思います」。今春の甲子園2回戦の習志野(千葉)戦で相手のサイン盗み行為を疑い、試合後には直接敵将の元に抗議に向かった。学校から6月上旬まで2カ月間の指導禁止処分を科された。

【写真】感極まり、林監督になぐさめられる奥川

練習、試合は1度も見なかった。批判や激励の手紙に全て目を通した。自分を見つめ直すために名指導者の本を読み、介護施設で実習経験もした。野球以外でチームが注目を浴びるようなり、関係者によると、選手も本来の明るさを失った時期があった。

選手への申し訳なさは消えない。現役時は1学年上に松井秀喜氏がおり、2年時からレギュラーだった。「選手の時の重圧とは全然違う。この子らを甲子園に導いてあげなきゃという思いがあった。1日でも長い夏にしたいです」と笑みを浮かべた。

▽ロッテ岩下(星稜OB)「5年前の僕たちと同じ決勝戦の組み合わせとなったので、注目もされて大変なプレッシャーであったと思いますが、そのような試合を制して、甲子園出場を決めたことは本当にすごいことだと思います。甲子園でも最後まで諦めずに優勝目指して頑張ってください」

◆星稜 1962年(昭37)創立の私立校。63年から現校名。生徒数1739人(女子879人)。野球部も62年創部。部員数77人。甲子園出場は春13度、夏20度目。主なOBは元ヤンキース松井秀喜、サッカー元日本代表本田圭佑ら。所在地は金沢市小坂町南206。鍋谷正二校長。

 

練習、試合は1度も見なかった。

またも、「嘘」を記事にして、NEW「情弱」を生み出しております。

朝日新聞と同じ手法、「刷り込み」です。

「嘘も百回つけば真実になる」という朝鮮民族のDNAそのままです。

 

昨日の段階で一読しておりましたが、更に新規投稿が増えてほぼ倍の302件になっております。

甲子園出場を決めたことで、星稜信者=星稜ファン、が『勢い』を取り戻しておりました。

*訂正があります。朝日新聞などの反日左翼新聞が常套手段として使っていたものに、

「反日韓国人は一部であり、大半は親日である」

がありました。

私の心情として「あくまでも中立・公平」の基本を外さない

があり、ヤフコメでの一人の中立な星稜ファンに配慮しておりましたが、このコメント欄の惨状を見て、『星稜信者=星稜ファン』に訂正します。

例外に言及していると、本質が見えなくなるためです。

 

代表的な星稜信者=星稜ファンと「情弱」のヤフコメです。

(正常な高校野球ファンのコメントはで表わします。)

 

---------------------------------------

(古い順)

俺は監督悪くないと思ってる。
切り替えてこの夏、子供達のために最高の野球をやってくれたらそれでいーとも思う。

 

1回戦で星陵vs習志野になることを願う

 

結局、金沢と遊学館に押されて低迷していた星稜を再び全国トップクラスに引き上げたのは林監督なんですよね。

選抜での抗議の仕方や週刊誌にベラベラと喋ったりとやり方も大きく間違えたが、仕切り直して甲子園では優勝狙って頑張ってほしい!

 

もうこの件は終わりでいいと思う林監督は十分処分は受けた高校野球ファンは誰も気にしてないよ奥川君が甲子園のマウンドに立つ事を楽しみにしているよ

 

選抜でまだ習志野が勝ち上がってる最中なのに疑惑の話をする神経が信じられない。
変わらないでしょ。
顔つきが変わってないし。
ていうかインタビュー中に怒鳴り込むとか大人の男は普通しない。
介護施設で自分を見つめ直すとか言うけど、介護施設に失礼だと思うわ。

 

いいよな、加害者はさっさと忘れたものにできてさ。

*この連中の「ご都合主義」は度を超しています。異常です。

 

サイン盗みの対策しておかないとね。

 

今度こそ正々堂々と習志野を倒してね(*´-`)

 

乗り越えって、自業自得だろうが

 

決勝を習志野とやってほしい!

*この不愉快な発言が頻繁に目についておりますのでカウンターをつけます。

 

習志野をこてんぱんにやっつけてやれ!!サイン盗みのオフホワイトのチームはいずれ天罰がくだる  赤45 青153

青ポチの多さが、コアな高校野球ファンは真実を解っているってことを証明している(笑)。

 

いろいろあったでしょうが結果、優勝できたので立派ですよ。決勝まで行ってエースを温存する事なくて良かったです。感動しました!甲子園でも期待してます!

エース温存って大船渡の事言ってんの?。
つまらないコメントしないで。

 

よくもまあ出てこれるよな。また、サイン盗んだと、抗議しろ。情けない負け惜しみ野郎が  

 

ここの監督も選手たちも、大変なモノを背負われてるんだよね。
部外者やマスコミの報道なんて気にしなくていいですよ。
反省して謹慎して制裁を受けたのだから、次同じ過ちを犯さなければ何の問題もありません。
政治家も官僚も大企業の偉いさんも、この国は誰も責任を取らず、部下に責任を押し付けます。
そんな輩に比べたら、林監督は立派なものです。
優勝目指して頑張って下さい。  

 絶対に犯してはいけないことをした。
それに対する処分か、ほとんどないに等しい。
謹慎は、勝手に取材を受けたことであり、習志野の侮辱発言ではない。
そもそも、張本人(星稜自体も)が被害相手に公式に謝罪していないのでは? 

 

生徒に感謝しろ  

 

③相手が明徳義塾習志野か。

 

申し訳ないと思ってるのは星稜の選手に対してだけですよ。
校長先生に身代わり電話謝罪してもらってる人ですから。

 

まーでも林監督が言ってる事が事実なら謝罪はしないだろうな。おたくもやってるでしょって言われてワーワー言ったんでしょ?それってさ、結局はサイン盗みしてるんじゃないの?今話題の宮迫、吉本問題と同じでさ、結局は林監督が相手サイドへ行ってワーワー言ったってのが主体になってるけどさ、じゃあサイン盗みはどうか、ってのは触れられてないよね。わざわざ試合を中断してまで審判団が話し合ったことやのに。

 

サイン盗みを認めているのだから謝罪はいらないが、握手はして欲しいですね。

 

今回の星稜全国制覇狙える戦力ありますね。
東海大相模や近江も実力ありそう。

 

④習志野との再戦あり得るね、あればドラマチック。両校とも上がってくるだけで、凄い!

 

⑤また習志野と当たればおもろいね

 

林監督の采配が、とよく言われるが、ここまで勝ち上がって来たのだから、本当の謎采配ならいくら奥川がいても負けているよ。
犯罪を犯したわけではないが、謹慎処分で十分反省しているだろうから、世間のヤジを力に変えて1つでも上を目指してほしい。
プロの監督は犯罪まがいのことをしても謹慎処分もなく采配をしているのだから、外野は疑いだけでごちゃごちゃ言うのはやめてもいいのではないだろうか。

 

⑥もう一度、習志野と当たればいいね!

習志野が迷惑する

 

初戦が習志野だったら、またマスコミが騒ぎそうだな!

 

特に日刊スポーツが騒ぎそう

 

ぁあ… そんなことあったね、、サイン盗み騒動か…。センバツのことなのにもう忘れてました。星稜が甲子園決めたと知り、奥川くん流石や!としか思わなかった。林監督のことはこの記事見るまで忘れてました。なので林監督も頑張ってください!明徳馬淵さんもあれだけ叩かれたけど、今は一目置かれる名将ですから。

Y氏:今年の春の出来事は忘れても、何十年も前の出来事は忘れないという、本当に都合の良いアタマしてますね笑。

 

 

 

まだまだ続きがあります。1/4にも達していませんが、大筋が理解できたのではないでしょうか。

真性「なりすまし」『福角元伸』の投稿も紹介しておきます。

 

 

sei*****
マスコミが騒ぎ立てないのであれば、是非もう一度純粋に試合を観たいけど、もしも抽選で引き当てたら。。。大騒ぎとなるでしょうね。

 

 

--------------------------------

 

このヤフコメを見た感想は、

何か騒ぎを韓国が起こした際に紹介される

「韓国の反応」

とそっくりなことです。

 都合の悪い事実はみえない、特殊能力

・ ご都合主義

・ 根拠のない「レッテル張り」

・ とにかくしつこい

等々

 

『星稜を取り巻く異常な言論空間』

が、何故生まれるのか、をほんの一部確認しました。

 

ヤフコメでは珍しい「中立な石川県民+古豪金沢OB」の投稿(*ただ一人の中立な星稜ファンとは別人です)

 

遊学館の台頭で甲子園に行けなかった頃、「最近の指導者は野球を教える事は出来るが、高校野球の心を教える事が出来ない」と言って自己正当化した山下の教え子だからさもありなん。

生徒をほったらかして松井の試合を観に渡米した山下の教え子だから、林にとって監督業は世に出るチャンスとしか頭にないのだろう

自分の母校・金沢なんて、もっと酷いことを言われていましたよ。今も言われていると思う。 ほんと、悪役は金沢だけでいいのや。まぁ〜そのせいか、私立校で地元出身中心でも人気はイマイチ。マスコミ受けも悪いです。あと、他の学校を悪者にするのはやめてもらいたい。うちの学校だけでいいです

*ここは見方が異なります。意図が別にあるかもしれませんが。

北國新聞を除いて、星稜賛美一色です。 

 

習志野ナインの皆さんお疲れさま!
未だにネチネチ叩いている人いるよね。満足しました?星稜が負けたのは林監督が一方的にサイン盗んだと騒いで自滅しただけなんだよ?よ~く考えてみな?こんな監督では全国制覇出来ないよ?まぁ~夏は金沢が星稜を倒しますから首を洗って待っていな!星稜の夢を打ち砕いてあげるからね。そうそう、遊学館、航空のファンも同じこと言うか(笑)。

 

辞任なんかしないですよ!もう、星稜という組織そのものが異常ですから(笑)。石川県民でさえ、理解できない学校です。
星稜ファンは地元高校へも罵倒するのは当たり前な軍団で星稜側(星稜戦後に金沢の試合)に居た時にドン引きしました。すべて、自分たちがナンバーワンだと思っています。擁護しているのは星稜ファンたちです。誤解が無いように・・・。自分の母校・金沢高校なら即クビになります。勿論、誰も擁護はしません。
それから、*金沢と星稜、遊学館と星稜は犬猿の仲です。

*事実です

 

星稜ファンは、林信者が多いです。林のしたことは悪くない、習志野監督が悪いですと言っていますから。星稜ファン自体が異常です。

 

--------------------------------

8/1追記;

石川テレビが「 石川県と在日・友好(浸食)の歴史」

そのままのニュースをアップしておりました。

 

 

 石川県;

谷本 正憲(たにもと まさのり、1945年(昭和20年)4月16日 - )は、日本の自治官僚、政治家。石川県知事(7期 第55-61代)、公選では4人目、全国知事会副会長(東海北陸ブロック)を務める。 血液型はO型。

11日投開票の石川県知事選で谷本が現職知事では最多の7選を果たした。

当選回数
7回

在任期間
1994年3月29日 - 現職

 

石川県と在日・友好(浸食)の歴史

*尹奉吉:要人2名を暗殺して多数に重軽傷を負わせたテロリスト

 

1945  日本降伏・・朝鮮独立(8月15日)

 

1945  朝鮮人帰国者の「浮島丸」舞鶴で沈没(8月)

 

1945  在日朝鮮人連盟結成(10月)

 

1945  朝鮮建国促進青年同盟結成(11月)

 

1945  (県)在日朝鮮人連盟金沢支部結成(10月28日)

 

1945  (県)在日朝鮮人連盟石川本部結成(11月2日)

 

1945  (県)占領軍進駐(10月)

 

1945  日本、改正衆議院選挙法改正・・在日朝鮮人の参政権停止(12月)

 

1945  (県)在日韓国朝鮮人:8850人(全国2206541人)

 

1946  新朝鮮建設同盟結成(1月)

 

1946  (県)在日朝鮮人が尹奉吉義士の遺骨を発掘(3月)

 

1946  (県)朝鮮人の買出群金沢駅で摘発 武装警官40人で(4月)

 

1946  (県)片山津で朝鮮人と警防団との紛争(6月)

 

1946  (県)在日朝鮮人連盟石川県本部8.15解放記念大会

 

1946  在日本朝鮮居留民団結成(10月)

 

1946  在日朝鮮人生活権擁護委員会設立(11月)

 

1946  日本、憲法公布(11月)

 

1946  日本・GHQ、 在日朝鮮人の帰国計画輸送の中止を発表(12月)

 

1946  (県)在日韓国朝鮮人 ?人(全国647006人~100万人)

 

1947  日本、外国人登録令即日施行・・朝鮮人を外国人とみなす(5月) 

 

1947  日本、憲法施行(5月)

 

1947  京都府知事が京都朝鮮中学校開校を認可(9月)

 

1947  (県)在日韓国朝鮮人 ?人(全国598507人)

 

1948  日本、文部省 「朝鮮人設立学校の取り扱いについて」を通達・・朝鮮学校を閉鎖へ(1月)

 

1948  済州島四・三事件(4月)

 

1948  阪神4・24教育闘争(4月)

 

1948  大韓民国樹立(8月)

 

1948  (県)朝鮮人5人が北朝鮮への密航、検挙

 

1948  朝鮮民主主義人民共和国樹立(9月)

 

1948  民団「在日本大韓民国居留民団」に改称(10月)

 

1949  (県)朝鮮人密航者(5月・・7月)

 

1949  日本・GHQ、団体等規制令・・在日本朝鮮人連盟と在日朝鮮民主青年同盟を解散処分に(9月)

 

1949  (県)在日朝鮮人連盟など4団体に解散命令、抗議・座り込みで検挙さる(9月8日)

 

1949  日本、「朝鮮人学校に対する措置について」・・朝鮮人学校を閉鎖へ(10月)

 

1949  (県)金沢(在校生150人)・大聖寺(夜間)・七尾(在校生89人)朝鮮人学校閉鎖に(10月)

 

19495  日本、外国人登録令を改定・・常時携帯義務、切替制度導入(12月)

 

1950  (県)民団石川県本部結成(1月16日)

 

1950  朝鮮戦争(6月) 日本で特需(7月~)

 

1950  在日自願軍(青年学徒義勇軍)第一陣出発(9月)

 

1950  日本、長崎県大村収容所開設(12月)

 

1950  (県)在日韓国朝鮮人3635人(全国544903人)

 

1951  在日朝鮮統一民主戦線(1月)

 

1951  日朝親善協会設立(6月)

 

1951  日本、サンフランシスコ講和条約調印(9月)

 

1951  日本、出入国管理令施行(11月)

 

1952  第一次韓日会談開始(2月)

 

1952  第23回メーデー(血のメーデー)(5月)

 

1952  日本、サンフランシスコ講和条約発効(4月)

 

1952  外国人登録法施行・・指紋押捺義務化、常時携帯義務化(4月)

 

1952  (県)金沢刑務所収容中の朝鮮人死亡に抗議(7月)

 

1952  (県)内灘闘争(9月~1957年1月)

 

1953  京都府が朝鮮学校を各種学校として認可(5月):(~1975年までに全国で認可される)

 

1953  朝鮮戦争休戦(7月)

 

1955  在日本朝鮮人総聯合会結成(5月)

 

1955  (県)在日本朝鮮人総聯合会石川県本部結成(7月)

 

1955  (県)在日韓国朝鮮人3637人(全国577682人)

 

1956  日本、国連加盟

 

1957  朝鮮民主主義人民共和国から教育援助費及び奨学金

 

1959  (県)在日朝鮮人帰国協力会石川県本部結成(6月)

 

1959  朝鮮民主主義人民共和国への帰国第一陣(12月):(~1984年)

 

1959  (県)石川県在住の朝鮮人の最初の帰国(三次船)(12月)

 

1960  大韓民国4・19革命

 

1960  (県)日朝協会石川県本部創立(8月)

 

1960  (県)在日韓国朝鮮人3191人(全国581257人)

 

1961  韓国で軍事クーデター(5・16)

 

1962  (県)在日朝鮮人石川県商工会開設(7月)

 

1965  韓日基本条約調印(6月)

 

1965  (県)日韓条約批准阻止決起大会とデモ(10月・11月・12月)

 

1965  日本、文部次官通達「朝鮮人のみを収容する施設の取り扱いについて」・・同化教育の強化か(12月)

 

1965  (県)在日韓国朝鮮人2902人(全国583537人)

 

1966  韓日基本条約発効、在日韓国人の協定永住申請受付開始(1月)

 

1996  日本、協定永住権取得者に国民健康保険適用 (4月)

 

1967  (県)七尾市立高海小学校と韓国鳳停国民学校が友好提携(1月)

 

1968  (県)韓国船漂着(1月)

 

1968  金嬉老事件:在日差別の社会問題化(2月)「無期懲役の判決→仮釈放→韓国へ移住」

 

1968  東京都知事 朝鮮大学校を各種学校として認可(4月)

 

1969  (県)石川商銀信用組合設立(4月9日)

 

1970  (県)石川県日韓親善協会設立(5月)

 

1970  日立製作所就職差別訴訟:朴鐘碩(12月)「地裁で勝訴」 

 

1970  (県)在日韓国朝鮮人:2747人(全国614202人)

 

1971  在日留学生韓国で逮捕さる:徐勝、徐俊植ら「学園スパイ団事件」(4月)

 

1972  在日の作家芥川賞受賞:李恢成「砧うつ女」(1月)

 

1972  南北7.4共同声明発表(7月)

 

1972  民団と総聯、南北共同声明支持の大会を開催(8月)

 

1972  日朝文化交流会設立(9月)

 

1973  金大中拉致事件:東京のホテルで(8月)

 

1974  韓国朴大統領狙撃事件(文世光事件)(8月)

 

1975  総連傘下同胞秋夕墓参団韓国訪問始まる(9月)

 

1975  韓国姓の日本語読みを人権侵害と提訴:崔昌華がNHKを(10月)

 

1975  (県)七尾市、韓国・金泉市と姉妹提携(10月)

 

1975  (県)在日韓国朝鮮人2824人(全国647156人)

 

1976  日韓親善協会連合会(1979年に日韓親善協会中央会に改称)設立(5月)

 

1976  ポプラの木事件(8月)

 

1976  (県)朝鮮の自主的、平和統一を支持する日朝石川県民集会(10月)

 

1977  最高裁韓国籍の司法修習生の採用を認める:司法試験合格の金敬得(3月)

 

1977  (県)能都町の久米さん拉致される

 

1977  (県)朝鮮の自主的平和統一を支持する集会(10月)

 

1978  (県)朝鮮統一のための第二回世界会議を支持し、対朝鮮政策の転換を要求する集会

 

1979  日本、国際人権規約(社会権的基本権・自由権的基本権)批准

 

1979  総聯の「祖国(朝鮮)訪問団」始まる(8月)

 

1979  (県)朝鮮の自主的平和統一を支持する石川県集会(11月)

 

1979  (県)ソウル・小松間定期航空路線開設(12月)

 

1980  外国人登録の指紋押捺を拒否:韓宗碩が東京都新宿区で(9月)

 

1980  (県)韓国民主化闘争支援の県民集会(9月)

 

1980  (県)在日韓国朝鮮人:2795人(全国644536人)

 

1981  国体の国籍条項撤廃:高校生に

 

1981  (県)今日の朝鮮を考える集会(5月)

 

1981  日本、難民条約に加入(10月)

 

1982  日本、国民年金法の国籍条項撤廃・出入国管理令改正「出入国管理及び難民認定法」が発効(1月)

 

1983  ラングーン爆弾テロ事件(10月)

 

1985  日本、改正「国籍法」が施行(1月)

 

1985  (県)在日韓国朝鮮人:2854人(全国683313人)

 

1986  日本、国民健康保険の国籍条項撤廃(4月)

 

1987  (県)行方不明の寺越さん北朝鮮で生活との手紙(1963年5月海岸で3人行方不明 )

 

1987  (県)「渤海使のルーツを探る」福良~朝鮮・元山をヨットで往復(8月)

 

1987  (県)指紋押捺拒否運動:金沢大学の朝鮮人学生

 

1987  大韓航空機爆破テロ事件(11月)

 

1988  (県)小松-ソウル便就航(2月)

 

1988  ソウル五輪開催(9月)

 

1988  日本、国体の国籍条項撤廃:中学生に

 

1988  (県)金沢-釜山定期航路開設(10月)

 

1989  (県)国体の国籍条項撤廃運動:金沢大学の在日朝鮮人学生を中心に運動

 

1990  日本、国体国籍条項撤廃:成年に

 

1990  地方参政権を求める訴訟を金正圭(大阪)が起こす(9月)

 

1990  (県)在日韓国朝鮮人:2570人(全国687940人)

 

1991  (県)石川県歴史博物館が韓国国立全州博物館と姉妹館提携(1月)

 

1991  千葉県で開催の世界卓球選手権大会で単一チームの「共同歓送迎委員会」発足(4月)

 

1991  地方参政権を求める訴訟を金鎮哲(福井)が起こす(5月)

 

1991  (県)日韓友好促進石川県議員連盟設立(7月)

 

1991  大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国、国連に同時加盟なる(9月)

 

1991  (県)金沢での世界アマチュア囲碁選手権戦に南北の選手が参加

 

1991  (県)大韓航空機、小松空港に初乗り入れ(10月)

 

1991  日本、「入管特例法」施行 協定永住、特例永住を一本化した特別永住制度開始(11月)

 

1992  (県)「梅軒尹奉吉義士殉国紀念碑」建立(4月)

 

1992  (県)「尹奉吉義士暗葬之跡」碑竣工(12月)

 

1993  日本、特別永住者の指紋押捺制度廃止(1月)

 

1993  北朝鮮核拡散防止条約から脱退宣言:後で保留に(3月)

 

1993  北朝鮮ミサイル(ノドン)発射実験(5月)

 

1994  民団「在日本大韓民国民団」に改称(4月)

 

1995  阪神・淡路大震災:131人の同胞が犠牲に(1月)

 

1995  日本、外国人学校を激甚災害法の指定対象とすることを決定、初めての助成(1月)

 

1995  日本、地方参政権への最高裁判断:「永住者などへの権利付与は憲法上禁止されていない」と(2月)

 

1995  (県)金沢港~釜山港定期貨物週一便の航路開設(2月)

 

1995  (県)北陸先端科学技術大学院大学、韓国科学技術院と協定締結(3月)

 

1995  (県)韓国から初の国際交流員が石川県に赴任(4月)

 

1995  (県)石川県議会、永住外国人への地方参政権付与を求める意見書を賛成決議

 

1995  日本、人種差別撤廃条約を批准(12月)

 

1995  (県)在日韓国朝鮮人:2399人(全国666376人)

 

1996  初めて市職員採用試験の国籍条項撤廃なる:川崎市(5月)

 

1996  (県)小松市と韓国昌寧郡が友好提携(9月)

 

1998  北朝鮮ミサイルテポドン1号(光明号)発射実験(8月)

 

1998  (県)名古屋高裁金沢支部にて「不二越訴訟」判決、最高裁へ(12月) 

 

1999  (県)かほく市、職員採用の国籍条項を全廃に(6月)

 

1999  (県)朝銀石川信用組合、合併後朝銀中部信用組合金沢支店に(9月)

 

1999  (県)県知事、韓国・全羅北道を訪問(10月)

 

2000  (県)石川商銀信用組合破産(3月)

 

2000  大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国の南北共同宣言発表(6月)

 

2000  (県)護国神社に朝鮮人特攻戦死者の名前を刻んだ大東亜聖戦大碑建立(8月)

 

2000  (県)在日韓国朝鮮人:2209人(全国635269人)

 

2001  (県)石川商銀信用組合、北陸商銀信用組合に譲渡(4月)

 

2001  (県)石川県韓国・全羅北道と「友好交流に関する合意書」調印(4月)

 

2002  日朝友好議員連盟結成(2月)

 

2002  (県)金沢港~釜山港定期貨物週5便航路(3月)

 

2002  (県)金沢市、韓国・全州市と姉妹提携(4月)

 

2002  韓日共同サッカーワールドカップ開幕(5月)

 

2003  小泉首相訪朝 朝日平壌宣言採択:日本人拉致の事実を認める(9月)

 

2004  (県)朝銀中部信用組合金沢支店、イオ信用組合金沢支店に名称変更(2月)

 

2004  日本、北朝鮮に経済制裁特別措置法(4月)

 

2004  (県)金沢市の「朝鮮会館」への固定資産税全額減免から一部減免に

 

2005  外国人都職員の昇任試験拒否訴訟で敗訴:在日の鄭香均が東京都を訴える(1月)

 

2005  (県)中能登町、職員採用の国籍条項を設けず(3月)

 

2005  (県)在日韓国朝鮮人:2142人(全国598687人)

 

2006  韓国統一地方選挙に外国人の参政権が実現(5月)

 

2006  民団と総連が5.17共同声明(5月)

 

2006  北朝鮮、テポドン2号など弾道ミサイル発射実験(7月)

 

2006  (県)津幡町、平成19年度より職員採用の国籍条項を全廃(7月)

 

2006  北朝鮮、第一回地下核実験(10月)

 

2006  (県)金沢市・聖徳寺に保管されていた同胞の遺骨61年ぶりに故国へ返還(10月)

 

2007  (県)朝鮮半島出身者の「無縁仏」総持寺祖院に安置(9月)

 

2007  (県)北陸商銀信用組合、合併後中央商銀信用組合金沢支店に(12月)

 

2008  日朝国交正常化推進議員連盟結成(5月)

 

2008  (県)名古屋高裁金沢支部にて「第二次不二越訴訟」判決、最高裁へ(7月) 

 

2009  北朝鮮、弾道ミサイル(銀河2号)発射実験(4月)

 

2009  北朝鮮、第二回地下核実験(6月)

 

2009  日本、「出入国管理法」「住民基本台帳法」成立(7月)

 

2009  (県)石川県議会、永住外国人の地方参政権付与に反対を決議(12月)

 

2010  天安撃沈事件(3月)

 

2010  (県)かほく市、職員採用の国籍条項を消防に限り復活(6月)

 

2010  延坪島砲撃事件(11月)

 

2010  (県)在日韓国朝鮮人:1876人(全国565989人)

 

 

:::::石川県の在日韓国朝鮮人の生活と権利と運動:::::     :::::

 

【平和統一・南北和解】   

 

【基本的人権・民族教育】    

 

【地方参政権・国籍条項撤廃】  

 

 

 

:::::活動団体:::::    :::::

 

・石川県日韓親善協会(〒金沢市笠市町/電話076‐262‐7307)

 

・石川日韓友の会カナダラくらぶ(〒金沢市芳斉/電話076‐221‐7204)

 

・金沢指紋の会(〒金沢市角間町/電話076-264-5781)

 

・月進会日本支部(〒金沢市法島町/電話076‐244‐2924)

 

・小松アリラン会(〒小松市埴田町/電話0761‐47‐2639)

 

・小松・大田友好親善協会(〒小松市若杉町/電話???)

 

・高麗文化センター(〒金沢市長田本町/電話076‐222‐1684)

 

・在日本大韓民国石川県地方本部(〒金沢市広岡/電話076‐231‐2914)

 

・在日本朝鮮人総聯合会石川県本部(〒金沢市長田本町/電話076‐223‐1331)

 

・大韓民国婦人会石川県地方本部(〒金沢市広岡/電話076‐231‐2914)

 

・チャンゴ楽団ハンヌリ(〒金沢市浅野本町/FAX076‐252‐5131)

 

・中日文化センター:韓国語・韓国料理など(電話076‐233‐4650)

 

・日韓文化交流会(〒金沢市糸田新町/電話076-245-6640)

 

・日韓文化交流サランバン金沢(〒金沢市横山町/電話076‐261‐2750)

 

・日朝協会石川県支部(〒金沢市弥生/電話076‐243‐2003)

 

・北國新聞文化センター:韓国語など(電話076‐260‐3535)

 

尹奉吉義士共の会(〒金沢市香林坊/電話076-223-1444)

 

-------------------------------- 

 

 

ブログを開設してから、55日間が経過しました。

このブログが、高校野球の事件を扱い、その首謀者が、在日が支配するマスコミですので、「ブログランキング」「高校野球」「ジャーナリズム」「特定アジア」の3つを選択しました。
ここをきっかけとしたアクセスが増加しております。
*「拡散」のため、ご協力をお願い致します。